国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

税理士試験合格者の記事一覧

  • 【速報】令和元年度(第69回)税理士試験 前年度よりも合格者が大幅に増加

    2019.12.13

    国税庁は2019年12月13日、令和元年度(第69回)税理士試験結果を発表した。それによると前年度の一部科目合格者を含む合格率は、15.3%を2.8ポイント上回る18.1%、合格者の合計は5,388人だった。受験者数は昨年度より1071人少ない2万9,779人となり、受験者数は年々減少しているが、その一方で減少する人数は以前と比べて落ち着いてきている。

  • 【速報】平成30年度税理士試験 合格者数は672人で受験者数とともに大幅減

    2018.12.14

    国税庁は12月14日、平成30年度(第68回)税理士試験結果を発表した。それによると合格者数は過去10年をみたとき最も少ない672 人で、一部科目合格者を含む合格率は15.3%であった。受験者数は昨年度より 2124人少ない3万850人となった。

  • 平成29年度税理士試験 合格者数は795人で増加も受験者は大幅減

    2017.12.19

    国税庁は12月15日、平成29年度(第67回)税理士試験結果を発表した。それによると、合格者数は昨年度より39人増え795人と減少傾向に歯止めがかかったものの、受験者数は昨年度より2615人少ない3万2974人となった。この数年、受験者数は毎年2500人程度減少しており、30年には3万人を切る可能性もでてきている。

  • 税理士数増加も東京・大阪・愛知で7割超占める

    2016.12.07

    今年の税理士試験の合格発表は、例年より1周間遅れの12月16日だ。合格発表を境に、“税理士のタマゴ”等のリクルート活動も盛んになるが、税理士事務所業界は現在、大きな変革期の中にある。税理士事務所業界の現状についてまとめた。

  • 税理士試験 懸念される受験者数の減少 5科目合格者は835人に減少

    2015.12.22

    平成27年度税理士試験の合格者が12月18日、国税庁から発表された。それによると最終合格者は、過去10年をみたとき最も少ない835人。昨年の910人より75人少なくなっている。受験者数も4万人を割り込み、ついに3万8175人まで減った。中小企業の経営者にとっては参謀役、大・中堅企業にとっても重要な財務・会計のアドバイザーである税理士だが、資格人気はこの数年で深刻な状況になってきた。

ページ先頭へ