国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

緊急事態宣言の記事一覧

  • 採択されても安心できない、補助金の実績報告にご注意ください

    2021.05.13

    新型コロナウイルス感染症の影響を受けた企業を支援するため、新しい補助金が設けられたり、従来からある補助金に特別枠が設けられたりしています。そのため、はじめて補助金に申請する事業者も増えていると思います。補助金に申請して採択されるまでに目が向きがちですが、採択された後に事業を実施して、その実績報告をしてはじめて補助金が支給されます。実績報告とはどのようなものか、どのような点に注意すべきかをお伝えします。

  • 昨年度の主な補助金の採択率の傾向について

    2021.04.22

    4月から新しい年度がはじまりました。ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金は、特別枠の変更などはありますが、それぞれ今年度も公募がはじまっております。昨年度のこれらの補助金の採択率と傾向をまとめますので、補助金の申請にあたって参考にしてください。

  • 事業再構築補助金の緊急事態宣言特別枠について

    2021.04.16

    補助金額が大きく注目されている事業再構築補助金の1回目の申請受付が始まりました。今回の公募では、今年1月の緊急事態宣言により影響を受けた事業者に対する「緊急事態宣言特別枠」が設けられています。緊急事態宣言特別枠では、補助率が引き上げられる・優先的に審査されるといったメリットがあります。事業再構築補助金の緊急事態特別枠についてご説明いたします。

  • いよいよはじまる、事業再構築補助金の申請手続きについて

    2021.04.07

    補助金額が大きく、多くの採択件数も期待される事業再構築補助金について、2021年3月26日(金)に公募要領が公開されました。4月15日(木)からを予定している申請に必要な書類や審査項目などが明らかになっておりますので、事業再構築補助金の申請手続きを説明します。(2021年4月12日、※タイトル変更)

  • 注目の「事業再構築補助金」の事業再構築指針について

    2021.03.25

    予算規模が1.1兆円、補助金額の上限が1億円という非常に大規模な補助金となる「事業再構築補助金」。この事業再構築補助金の対象事業を示す「事業再構築指針」が経済産業省から公開されました。事業再構築指針から、補助金の対象となる事業について見ていきます。

  • 実質無利子・無担保融資の上限額引き上げと活用方法について

    2021.03.16

    新型コロナウイルス感染症の影響を受けている事業者に対して、実質無利子・無担保の融資制度が設けられています。緊急事態宣言が再発令されたことに伴って、実質無利子・無担保融資の上限額の引き上げなどがなされています。この融資制度の活用方法と合わせてお伝えします。

  • 緊急事態宣言の影響を受けた中小法人・個人事業主を対象とした一時支援金について

    2021.02.24

    2021年1月から、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため緊急事態宣言が再度発出されておりますが、その影響で売上が減少した中小法人や個人事業主に対して、一時支援金が給付されます。中小法人は60万円、個人事業主は30万円(いずれも上限額)の支援金となっています。その対象者や手続きについて、現在分かっている情報をお伝えします。

  • 「緊急事態宣言の延長による新卒採用への影響」に関するアンケート 結果報告

    2020.07.14

    ~現在の新卒採用活動「縮小」「停止」「中止」で4割近く、大企業の7割で最終面接までオンラインのみの可能性も~

  • 女性記者のひとりごと vol.85 テレワーク支援制度

    2020.07.08

    新型コロナウイルス感染拡大により、緊急事態宣言が発出され、テレワークを導入する企業が急増した。
    企業や会社員はさぞや大変だっただろうな。

  • 【企画特集】アーリーステージ・中小企業のためのお金で得する経営術  第16回 コロナ禍の影響で商品が売れ残り 在庫額下げて税金を少なくするポイント

    2020.06.22

    新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言で、国民は約2カ月間近く、ショッピングなどを控えてきた。そのため、衣料品などのショップでは、春物の服が売れず、沢山の在庫(棚卸資産)を抱えた。在庫は、その年の収益や税金に大きく影響してくる。売れ残った在庫は、評価損を計上して税金を減らしたい。

ページ先頭へ