国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

追徴税額の記事一覧

  • 国税庁が令和元年度の調査事績を公表~富裕層に対する追徴税額は過去最高:元国税庁国際担当官 多田恭章の海外取引に関する税金知識

    2021.01.26

    国税庁はこのほど、令和元事務年度(令和元年7月~令和2年6月)の調査事績を公表しました。各税目とも新型コロナウィルス感染症の影響により調査件数は減少したものの、大口・悪質と思われる事案に絞って調査を実施した結果、1件当たりの追徴税額は軒並み増加しています。特に富裕層に対する調査では成果を上げており、追徴税額では過去最高となりました。

  • 国税庁 新型コロナで相続税調査は減少もターゲット絞り厳しい調査

    2021.01.15

    国税庁によると、令和元事務年度(令和元年7月~2年6月)の相続税調査事績は、新型コロナ感染症の影響で他の税目同様に調査が行えない期間が続いたことから調査件数は大幅減少となったものの、1件あたりの申告漏れ所得や追徴税額は前事務年度よりも増えており、特に海外資産関連事案の申告漏れが過去最高となるなど効果的な調査が実施されていたことがわかった。

  • 消費税調査 還付法人を重点マーク 追徴税額213億円

    2020.12.28

    国税庁が公表している2019事務年度(2019年7月から2020年6月30日)における各税目の調査事績をみると、コロナ禍の影響で軒並み調査件数が激減していることが分かった。国税当局ではこれまで蓄積してきた資料情報や調査手法により悪質事案を的確に捉えている。法人税調査においても、消費税還付法人への追徴税額が大幅増加している。

  • 元国税庁国際担当官 多田恭章の海外取引に関する税金知識:新聞報道された国外財産が絡む申告漏れ事例

    2017.11.28

    有価証券・不動産等の大口所有者、経常的な所得が特に高額な個人などの、いわゆる「富裕層」に対する税務調査が強化されており、海外取引を行っている富裕層の場合には調査による追徴税額も多額となる傾向があります。今回は、近年、新聞報道された国外財産が絡む申告漏れの事例を紹介します。

  • 富裕層の申告漏れ、3割増の516億円 

    2016.11.29

    国税当局の富裕層への調査が厳しくなる中、申告漏れなどの非違を指摘される割合が高くなっていることが分かった。国税庁が公表した平成27事務年度所得税及び消費税調査等の状況によると、富裕層の所得税の申告漏れが3割増しの516億円まで増加。さらに分析していくと、1件当たりの申告漏れ金額も増えている。

  • 国税庁 「超富裕層PT」で富裕層への包囲網準備着々

    2016.11.17

    〝超富裕層〟に対する国税当局の包囲網が狭まっている———。経済取引の国際化に伴い、富裕層や企業による海外への資産隠しや国際的租税回避行為は増加の一途。国際税務に強い弁護士などの専門家を付けて租税回避に全精力を注ぐという過激な動きも出てきているというが、当然、国税庁が黙っているハズもない。国税庁ではここ数年、〝超富裕層〟への監視を強め、調査を強化しているところ。その急先鋒となっているのが一昨年に設置された「超富裕層プロジェクトチーム(PT)」だ。超富裕層に関する情報を片っ端から集めて税目横断的な調査に生かしているという。気になるのは「超富裕層」の定義。そして「超富裕層PT」の具体的な動きだ。

  • 国税当局 法人の調査日数は短縮傾向に  急増する消費税不正還付の追徴税額

    2016.11.14

    秋と言えば、企業の経営者や個人事業主の中には「税務調査の秋」を連想する者もいるだろう。というのも、国税当局が7月の定期人事異動を終えて税務調査を本格化させるためだ。そのような中、国税庁が公表した平成27事務年度法人税等の調査事績によると、調査件数は減っているものの的確な調査選定により、不正を含めた申告漏れ件数等が増加していることがわかった。

  • 知らないと大けがする財務調査対応もこれ一冊!「中小企業の税務調査マニュアル」(租税調査研究会)

    2016.06.09

    租税調査研究会の主任研究員でもある武田恒男氏著の「中小企業の税務調査マニュアル」が出版された。

ページ先頭へ