国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

AIの記事一覧

  • 【Webセミナー】請求書業務の効率化と財務改善を実現した富士ゼロックスのAI活用クラウド型ソリューション<PR>

    2020.03.25

    紙での請求書発行/処理業務は、場所に縛られてしまって、思うように在宅勤務ができないなんてことはありませんか?富士ゼロックスは、請求書発行/処理業務を改善するAI活用クラウド型ソリューションの活用で、経理部門の在宅勤務を支援します。
    請求書発行/処理業務の効率化は、生産性向上を超えて、企業競争力強化に直結します。請求書発行/処理業務の全体最適のポイントをWebセミナーにてご紹介いたします。

  • 税理士の仕事はなくなるのか 後編

    2020.03.19

    10年後、今ある職業の47%がなくなるー2014年にオクスフォード大学のオズボーン准教授が論文でこう発表すると、そのセンセーショナルな言葉に世界が反応した。この論文のタイトルは『雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか』。702の職種について、コンピューターに人間の仕事が奪われる確率を試算したものだ。
    その中には、税務申告書代行者や簿記、会計、監査の事務員といった記述もある。果たして税理士の仕事は、AIに奪われるのか。
    後編である今回は、今後税理士に求められる資質とは何かを探っていく。

  • 税理士の仕事はなくなるのか 前編

    2020.03.15

    10年後、今ある職業の47%がなくなるー2014年にオクスフォード大学のオズボーン准教授が論文でこう発表すると、そのセンセーショナルな言葉に世界が反応した。この論文のタイトルは『雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか』。702の職種について、コンピューターに人間の仕事が奪われる確率を試算したものだ。
    その中には、税務申告書代行者や簿記、会計、監査の事務員といった記述もある。果たして税理士の仕事は、AIに奪われるのか。
    前後編二回に分けて、今後のAIの発達による税理士の仕事の変化について考えたい。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~AIが作成したデザインと源泉徴収~

    2019.03.14

    二松学舎大学では、夏目漱石の孫である夏目房之介氏などと共同で、「漱石アンドロイド」プロジェクトを進めています(https://www.nishogakusha-u.ac.jp/android/index.html〔平成31年2月1日訪問〕)。このプロジェクトでは、夏目漱石のアンドロイドを作成し大学等で講義を行ったり、演劇を行うなどの試みがなされていますが、こうした「偉人アンドロイド」を巡る人格権や著作権、肖像権などの各種の権利の捉え方については様々な意見がありましょう。今回は、AIの著作物と源泉徴収にスポットを当ててみます。

  • ベンチャー企業とともに未来を築く──デロイト トーマツ ベンチャーサポート 斎藤祐馬事業統括本部長(前編)

    2017.11.01

    毎日の単調な監査業務に飽きてきた……何か新しいことに挑戦したいけれど何をしたいか分からない……。キャリアに悩む会計人も多いはず。今回は、デロイト トーマツで会計士としてキャリアを開始し、現在はデロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社でベンチャー企業の支援をおこなっている、同社事業統括本部長の斎藤祐馬さんにお話を伺いました。

ページ先頭へ