国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

IPO・M&Aの記事一覧

  • IPO担当者必見!内部統制構築の奥義【第20回】JSOX(内部統制報告制度)における「不備」の考え方③

    2022.01.17

    この連載では、IPOを目指すJ-SOX導入プロジェクトを担当される方々が、具体的にどのようなアクションをとればよいかを説明します。
    IPOを目指す際に、最も苦労する作業といわれるJ-SOX導入。「J-SOX導入プロジェクト」を担当される実務家の方が「何をすれば良いのか」、「どのように進めれば良いのか」といった具体的なイメージを描けるよう、実際のゴールとなる「成果物」、「具体的なアクション」に焦点を当てて話を進めたいと思います。

  • 【IPO】東京プロマーケット上場のきっかけやメリットについて、琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社代表取締役の早川様にインタビュー!

    2022.01.12

    今回は、日本で初となる、プロスポーツチームで上場を果たした、琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社の早川氏に、東京プロマーケットへ上場するきっかけや、上場のメリットについて伺いました。
    プロスポーツチームで上場を果たした早川氏が、なぜ東京プロマーケットを選んだのか、同様の事業をされている方や、東京プロマーケットへの上場を迷っている方はぜひ参考にしてみて下さい。

  • IPOを目指して社外取締役を選任する際、注意すべき3つのこと

    2021.12.31

    第24回は、IPOを目指して社外取締役を選任する際の3つの注意点について解説します。IPOを目指す際に社外取締役の重要度を理解せず、安易に選任される経営者が一定数いるため、選任時は当然として、選任前から参考にして頂ければ幸いです。

  • TOKYO PRO Market(TPM)は、マザーズ・JASDAQの劣化版!?知らないと損する、TPMの真実

    2021.12.30

    東証一部・東証二部・マザーズ・JASDAQとならぶ東証第5の市場、「TOKYO PRO Market」(以下、TPM)。前回のコラムでご紹介させていただいたTPMですが、経営者の皆さまとお話しすると、「TPMって、マザーズやJASDAQの劣化版なんじゃないの?」「TPMに上場して本当に価値があるの?」といったお声をよく耳にします。たしかに、マザーズやJASDAQと比べて上場企業社数も少なく、出回っている情報も多くはないので、そう感じてしまう方が自然なのかもしれません。

    TPMの位置づけや特徴、メリット等に関しては前回のコラムでお伝えいたしましたが、本日は「TPMはマザーズ・JASDAQの劣化版なのか?」といったテーマについて、マザーズ・JASDAQを含めた一般市場と比較をしながら検証していきたいと思います。

  • SBCグループ、新潟県上越市の経営ブレイングループと経営統合を発表

    2021.12.21

    SBC グループ(総代表 柴田昇)と新潟県上越市を本拠地とする経営ブレイングループ(会長:小林富佐夫、所長・代表社員:塩尻晃)は 2021 年 12 月 1 日をもって経営統合し、存続法人を SBCグループとすることに合意した。

  • IPO担当者必見!内部統制構築の奥義【第19回】JSOX(内部統制報告制度)における「不備」の考え方②

    2021.12.15

    この連載では、IPOを目指すJ-SOX導入プロジェクトを担当される方々が、具体的にどのようなアクションをとればよいかを説明します。
    IPOを目指す際に、最も苦労する作業といわれるJ-SOX導入。「J-SOX導入プロジェクト」を担当される実務家の方が「何をすれば良いのか」、「どのように進めれば良いのか」といった具体的なイメージを描けるよう、実際のゴールとなる「成果物」、「具体的なアクション」に焦点を当てて話を進めたいと思います。

  • 【IPO】東京プロマーケットへの上場やそのメリットなどについてインタビュー!監査法人 コスモス様

    2021.12.08

    今回は、上場企業の監査や、上場支援、IPO支援を中心に活動している監査法人コスモスの新開氏に、東京プロマーケットについてお話を伺いました。
    監査法人コスモスは東京プロマーケットへの上場支援に積極的に取り組んでいます。東京プロマーケットへの上場を考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

  • ストライクが会員制の新サービス開始 大企業とスタートアップの提携サポート

    2021.12.02

    大手企業がスタートアップ企業をサポートしていくことで、両社が大きく発展するとも少なくないが、M&A仲介大手のストライク(東京・千代田区、代表取締役社長=荒井邦彦氏)は2021年11月15日から、スタートアップ企業と大企業の出会いの場を創出していく事業を開始した。会員として登録してもらうことで、ストライクが定期的なマッチング相談会などを通じて提携などのサポートをしていく。1年後に700社程度の参加を見込む。

  • これからのM&A業界と会計事務所の役割(後編)~会計業界とM&A業界の人材問題に迫る~

    2021.12.01

    前編に続き、後編では、会計事務所のM&Aの最新事情をはじめ、会計業界及びM&A業界の人材問題などについて、M&A仲介サービス大手のストライク(東京・千代田区)の代表取締役社長の荒井邦彦氏と、会計事務所業界の採用支援などを手掛けるレックスアドバイザーズ(東京・千代田区)の代表取締役の岡村康男氏に、最近の傾向と求められる人材などについて語りあった。(ファシリテーター:編集員兼論説委員 宮口貴志、撮影:KaikeiZine編集部)

  • IPOを目指して内部監査室長を選任する際、注意すべき3つのこと

    2021.11.30

    第23回は、IPOを目指して内部監査室長を選任する際、注意するべき3つの注意点について解説します。IPOを目指す際、常勤監査役と同様に、内部監査室長の選任に悩まれる経営者が一定数いるため、選任時に参考にして頂ければ幸いです。

ページ先頭へ