国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

M&Aの記事一覧

  • ストライクが東北税理士協同組合と業務提携 東北での後継者不足の解決へ向けてM&A推進

    2019.02.14

    M&A仲介サービス大手の株式会社ストライク(東京・千代田区、代表取締役社長=荒井邦彦氏 以下、ストライク)は1月9日、東北税理士協同組合(宮城・仙台市、理事長=澤村正夫氏 以下、東北税協)と業務提携した。

  • ストライク M&A事案の検索システムを構築 企業名や業種別に

    2018.12.13

    中小企業の事業承継戦略の一つとして関心の高いM&A(合併・買収)。会計事務所でも関わるケースも少なからず出てきたが、M&Aに関する情報はほとんど持っていないのが現状だ。こうしたなか、M&A仲介サービス大手の株式会社ストライク(東京・千代田区、代表取締役社長=荒井邦彦氏)が、過去の日本全国のM&A情報を収集、どのような取引がされたのかなど検索できるシステムを開発、無料で提供を開始した。

  • ストライク 横浜信金とM&A人材育成で協力  半年で10人受け入れ

    2018.11.16

    中小企業の円滑な事業承継が社会問題化しているなか、M&A(合併・買収)仲介サービスを手掛ける株式会社ストライク(東京・千代田区、代表取締役社長=荒井邦彦氏)は、横浜信用金庫(理事長=大前茂氏)と協力し、M&Aの専門人材を育成する。

  • 【インタビュー】 会計事務所と連携して顧問先の事業承継支援 同業者目線だから痒いところに手が届く

    2018.10.12

    顧問先企業の「廃業」か「事業承継」かという問題に、「M&A」という解決策を加えたらどうかー。そう提案するのは、株式会社ストライク(東京・千代田区)の代表取締役社長の荒井邦彦氏。自身が公認会計士・税理士の資格を持つことから、M&Aにおける会計事務所の役割の重要性も感じている。「KaikeiZine」編集長の宮口貴志が荒井社長にM&Aシーンにおける会計事務所の役割、取り組み方などについて聞いた。

  • ストライク M&Aで成功している企業事例など紹介 ブリヂストンの荒川元CEOやCoCo壱の創業者など登壇

    2018.10.02

    M&A(合併・買収)仲介の株式会社ストライク(東京・千代田区、代表取締役社長=荒井邦彦公認会計士・税理士)は、10 ~11月に全国5カ所で「M&Aを活用した成長戦略」と題したセミナーに協賛する。M&Aを経験した経営者の生の声が聞けるほか、会計人として押えておきたい戦略策定の活用法などを紹介する。

  • 事業承継の幅を大きく拡げるM&Aのプラットフォームを新展開

    2018.06.29

    4大プロフェッショナルファームの一角を担い、M&Aの分野において豊富な実績を誇る、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社は、中立性を重視した新しい形態のM&Aサービス「M&Aプラス」を開始。1部ではその概要を前田善宏氏に、2部ではその想いについて福島和宏氏に話を聞いた。

  • デロイト トーマツが中堅・中小企業向けに事業承継シーンにおける新しいマッチングの場「M&Aプラス」の提供を開始

    2018.03.02

    デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(東京・千代田区,代表執行役社長=鳥野仁氏、以下「デロイト トーマツ」)がこのほど、中堅・中小企業向けのM&Aマッチングプラットフォーム「M&Aプラス」のサービス提供を開始した。

  • “ベンチャー支援”のモデルを世界に発信していきたい──デロイト トーマツ ベンチャーサポート斎藤祐馬事業統括本部長(後編)

    2017.11.01

    前回に引き続き、デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社事業統括本部長の斎藤祐馬さんにお話を伺っていきます。現在の事業の内容、どのように事業を成長させてきたのか、今後の展望など、「日本発のイノベーションファーム」として世界へ羽ばたこうとしている斎藤さんを通して、これから必要となる人材像を紐解いていきます。

  • DeNA キュレーション事業で38億円減損 IFRSにおけるのれん減損処理

    2017.02.15

    ディー・エヌ・エー(DeNA)は医療系キュレーションメディア「WELQ」等を巡る問題を契機に減損損失を計上した。本稿では、DeNAが採用しているIFRS(国際会計基準)における減損処理の流れを本件に沿って簡単に解説する。
    なお、簡素化のために省略している手続や異なる名称を使用している項目がある。

  • 【緊急特集】代表者の突然の死。その相続だと会社が危ない?!

    2016.08.05

    高齢社会に突入した日本では、長寿命化と並行して認知症の方も増加することが懸念されます。大株主が認知症になってしまうと、株式の売買に支障が出たり議決権が行使できなくなったりします。会社の経営者が認知症になると、株主総会が開けなくなり、株主総会決議が必要な重要な決定はできなくなるケースもあります。
    このように高齢化した日本では、M&Aを行う際に認知症に対する正しい対処をしておかないと思わぬ落とし穴にはまってしまう危険があるのです。今後の高齢社会におけるM&Aの心得について、相続・成年後見関係の手続きを数多く手掛ける弁護士・西浦 善彦氏に話を聞きました。

ページ先頭へ