国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

M&Aの記事一覧

  • IPO担当者必見!内部統制構築の奥義【第17回】JSOXにおける監査人の役割と義務

    2021.10.15

    この連載では、IPOを目指すJ-SOX導入プロジェクトを担当される方々が、具体的にどのようなアクションをとればよいかを説明します。
    IPOを目指す際に、最も苦労する作業といわれるJ-SOX導入。「J-SOX導入プロジェクト」を担当される実務家の方が「何をすれば良いのか」、「どのように進めれば良いのか」といった具体的なイメージを描けるよう、実際のゴールとなる「成果物」、「具体的なアクション」に焦点を当てて話を進めたいと思います。

  • IPO担当者必見!内部統制構築の奥義【第16回】JSOXにおける「評価範囲」の決め方

    2021.09.22

    この連載では、IPOを目指すJ-SOX導入プロジェクトを担当される方々が、具体的にどのようなアクションをとればよいかを説明します。
    IPOを目指す際に、最も苦労する作業といわれるJ-SOX導入。「J-SOX導入プロジェクト」を担当される実務家の方が「何をすれば良いのか」、「どのように進めれば良いのか」といった具体的なイメージを描けるよう、実際のゴールとなる「成果物」、「具体的なアクション」に焦点を当てて話を進めたいと思います。

  • IPO担当者必見!内部統制構築の奥義【第15回】JSOXの「手引き」

    2021.08.18

    この連載では、IPOを目指すJ-SOX導入プロジェクトを担当される方々が、具体的にどのようなアクションをとればよいかを説明します。
    IPOを目指す際に、最も苦労する作業といわれるJ-SOX導入。「J-SOX導入プロジェクト」を担当される実務家の方が「何をすれば良いのか」、「どのように進めれば良いのか」といった具体的なイメージを描けるよう、実際のゴールとなる「成果物」、「具体的なアクション」に焦点を当てて話を進めたいと思います。

  • IPO担当者必見!内部統制構築の奥義【第14回】JSOXにおける「評価範囲」の決め方

    2021.07.26

    この連載では、IPOを目指すJ-SOX導入プロジェクトを担当される方々が、具体的にどのようなアクションをとればよいかを説明します。
    IPOを目指す際に、最も苦労する作業といわれるJ-SOX導入。「J-SOX導入プロジェクト」を担当される実務家の方が「何をすれば良いのか」、「どのように進めれば良いのか」といった具体的なイメージを描けるよう、実際のゴールとなる「成果物」、「具体的なアクション」に焦点を当てて話を進めたいと思います。

  • M&A仲介のストライク 着手金を無料化し事業承継のハードル下げる

    2021.07.16

    中小企業の事業承継策の一つとして、M&A(買収・合併)が活用されるようになってきたが、ネックになっているのか仲介業者に支払う着手金。こうしたなか、M&A仲介大手のストライク(東京・千代田区、代表取締役社長=荒井邦彦氏)が7月11日から着手金をなくし、中小企業やベンチャー企業がM&Aを利用しやすいようにした。

  • 2021年1~3月 M&A件数は高水準を維持 事業転換、拡大など見据え準備

    2021.04.22

    2021年1月から3月(第一四半期)のM&A(合併・買収)件数が、コロナ禍においても顕著な伸びを見せていることが分かった。M&A件数は昨年、コロナ禍で経済状況が悪化するなかでも、大きく落ち込むことはなかった。事業拡大、生き残り戦略、事業承継などのニーズから、2021年もM&A市場は賑わいそうだ。

  • 【会計事務所向け】令和3年度税制改正①中小企業のM&Aの優遇措置

    2021.04.20

    令和3年度税制改正では、中小企業のM&Aを促進するような制度も創設されました。今回は、その中でも特に注目しておきたい2つの改正についてお伝えします。

  • M&A 2020年は東京676件で最多 都市部企業が牽引役に 「廃業」吸収でさらに増加も

    2021.03.19

    中小企業にとっては、事業承継の一つの選択肢にもなっているM&A(合併・統合)だが、コロナ禍の2020年は、東京都などの都市部を中心に行われたことが分かった。企業数が多いことが一番の理由だが、企業の成長戦略を描く“買い手”側が都市部に集中していることも大きな要因と思われる。昨年は、廃業を選択する企業が多かったともいわれ、今後、M&Aニーズは更に高まることが予想される。企業の新陳代謝は、都市集中型で進みそうだ。

  • 2020年 上場企業の事業売却が過去10年で最高 「選択と集中」を加速へ

    2021.02.25

    日本の上場企業が事業の「選択と集中」を加速させている。2020年に子会社や事業を売却した件数(発表日ベース)は285件で、過去10年で最多を記録。コーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)が導入されるなど、日本の上場企業は、世界的に低いとされる資本効率の改善を迫られており、事業再編につながっている。新型コロナウイルスの感染拡大による業績悪化を受けた事業売却も増えている。

  • ストライク調べ コロナ禍の2020年M&A件数は849件と対前年比で大きな下振れナシ

    2021.01.27

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で経済状況が悪化した2020年だが、M&A(企業合併)件数は、前年比4件減の849件と、大きく落ち込むことはなかった。ただ、この数年の特徴として案件規模の小型化が顕著になっている。

ページ先頭へ