国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

フリーランス・個人事業主のための税金・会計・確定申告 記事一覧

  • 節税に役立つ! 必要経費の計上時期ルール

    2016.12.05

    個人事業主にとって、資金繰りは避けては通れない事柄である。日々、案件をこなし、ようやく利益が確保できたと思っても、翌年には税金の支払いが待っている。そのため資金繰りを安定させ、事業を軌道に乗せるうえで、節税は非常に重要な意味を持つ。そこで今回は、必要経費の計上時期について、節税につながるポイントを解説しよう。

  • 資金調達の前に確認 クラウドファンディングは課税される!?

    2016.12.01

    事業をはじめるためには、資金が必要不可欠である。一般的に資金調達には、出資、借入などが用いられるが、事業開始時の資金集めは非常に難しい。そんななか、これらよりも敷居が低く、注目を集めているのがクラウドファンディングだ。ただし、クラウドファンディングは、税制面でいろいろ留意したい点がある。出資や借入などで行う資金調達の場合、その取引自体に課税関係は生じないが、クラウドファンディングの場合には、その形態に応じて課税関係が生じるからだ。そこで今回は、クラウドファンディングの形態ごとの課税関係について紹介したい。

  • 開業医注目! 高すぎる「税金」の節税方法

    2016.11.30

    税理士という職業柄、開業している医師から相談されるなかで一番多いのは、「税金が高いのでどうにかしてほしい……」という悩みである。内科や眼科、歯科などのクリニックであれば、診療報酬収入が中心となるため収入は高くなりがちで、ひいては所得税の高い累進課税を受けることになるので、税金が高くなりやすい。できることなら、できるだけ税金を抑えたい。そう思っている人も多いのではないだろうか。

  • 節税しながら貯蓄! 小規模企業共済や中小企業倒産防止共済とは

    2016.11.21

    みなさんは「小規模企業共済」や「中小企業倒産防止共済」という制度をご存じだろうか。 実は、これらの制度を活用すれば、節税しながら貯蓄できる。それだけでなく、将来や経営難にも備えられるため、個人事業主や中小企業経営者のみなさんには、ぜひ押さえておいてほしい。

  • 経営者も不動産で将来のために資産運用・資産形成できる

    2016.11.15

    最近、一般的になっている不動産投資。高齢化社会を迎えて、自分で資産形成しようとする人が増えている。不動産の運用には、大きく「売却差益」と「家賃収入」の2つがあげられ、資産を形成しながら運用できるのが、大きな特長だ。また、家賃収入の場合、不動産所得の総合課税という確定申告によって、節税が図れるということも大きなメリット。そこで今回は、不動産で資産運用・資産形成するメリットを紹介したい。

  • 独立したら、まず確認! 確定申告って何のためにするの?

    2016.11.08

    自営業者は、確定申告をすることにより所得税、事業税、住民税、国民健康保険料等が決定するため、必ず行わなければならない。万が一、期限内に確定申告できていない場合、期限後申告として取り扱われ、加算税が必要になるため注意が必要だ。

  • 年度末でもOK! 節税に向けた償却資産の処分・有姿除却の活用

    2016.11.04

    事業を行ううえで、何よりも重要なのはキャッシュだ。資金繰りを考えると節税の機会があれば積極的に活用すべきだろう。今回は減価償却資産の処分等について、節税につながるポイントを紹介したい。

  • 【第1回】ブスのマーケティング論 はじめまして。ブスです。

    2016.11.04

    おそらくこの記事を読んでいるあなたは、ブス経営者か非ブス経営者かの二通りでしょう。
    非ブス経営者の方は、世の中の自分よりも下の人間をみて、自分がいかに恵まれているか確認したいがためにこの記事をクリックしてしまったのでしょう。
    じゃあ、ブス経営者のあなたはなぜ、この記事をクリックしたのでしょうか。自分の仲間をみつけて、安心したいがためでしょうか。それとも、ただのブス経営者では終わりたくないと思ってクリックしたのでしょうか。
    (以下「経営者」という単語を省略)

  • サラリーマンが資産管理会社をつくったほうがいい理由

    2016.10.31

    最近、一般的になってきた不動産投資。資産管理のために、サラリーマンでもはじめる人が増えている。とはいえ気になってくるのが税金面。不動産所得の増加に伴い、累進課税による税金(所得税・住民税)の増加、そしてそれに連動した社会保険料の増加も絡んでくるため、年収3千万円を超えてくると、不動産投資は一気に 難易度を増す。1棟ものマンションを購入すると、年収3千万円くらいはすぐに超えてくるはずだ。しかし、これを法人化した場合、経費計上、所得分散において、さまざまなメリットを享受することが可能となる。

  • クリニック経営の節税に欠かせない!「概算経費率特例制度」

    2016.10.26

    個人経営である医師や歯科医師の場合、概算経費という計算方法が合法的に認められている(租税特別措置法26条による所得計算。以下「租特」)。経費を計算するうえで、節税になるなど有利になる場合もあるので、概算経費が認められている条件とその例、概算経費として計算するのが有利な場合と不利な場合をチェックしておこう。

ページ先頭へ