国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

基礎知識から導入事例まで 企業と事務所の賢いRPA活用術 記事一覧

  • 10/23(水)【東京・新宿開催】市場シェアNo1のAI-OCRが“無料”で体験できる!!<PR>

    2019.10.01

    RPAの導入支援・コンサルティングを行うスターティアレイズ株式会社(東京・新宿区、代表取締役社長 古川征且 以下「スターティアレイズ」)では10月23日、東京・新宿区の新宿モノリスで、手書き文字を90%超読み取れるAI-OCRが無料で体験できるセミナーを開催します。
    自分で書いた手書き文字がどのくらい正確に読み取れるのか、実際の目で見てお確かめください。

  • 10/18(金) 定員3名限定 手書き文字を9割超自動で読み取る『AI-OCR+RPA』の最新技術を体験できるセミナー開催<PR>

    2019.10.01

    RPAの導入支援・コンサルティングを行うスターティアレイズ株式会社(東京・新宿区、代表取締役社長 古川征且 以下「スターティアレイズ」)では、手書き文字を90%超読み取れるAI-OCRとパソコン業務を自動化させるRPAを組み合わせた、最新の業務効率化セミナーを10月18日に開催します。会計事務所で活用すれば、大量の書類の自動データ化により帳票処理業務の大幅な削減が期待できます。

  • <従業員数2名>小さな会社が自社をRPA化したら、生産性がグーンとアップしました 10月10日に無料セミナー<PR>

    2019.10.01

    RPAの導入支援・コンサルティングを行うスターティアレイズ株式会社(東京・新宿区、代表取締役社長 古川征且 以下「スターティアレイズ」)は10月10日、東京・新宿区の新宿住友ビル47F「新宿住友スカイルーム」で、RPAを従業員2名の規模で導入した企業を招き、無料セミナーを開催します。RPAツール選定のポイントから導入後のメリットなど、小規模な会計事務所も参考になる話が満載の企画です。

  • RPA基礎知識③ RPAにどうやって業務を覚えさせるのか?

    2019.10.01

    RPAを利用してパソコン業務を自動化させるには、まずRPAに自動化させたい業務を覚えさせる必要があります。どのようにして覚えさせるかというと、クリックさせたいアイコンのキャプチャーを撮ったり、ショートカットキーを利用したり、XPath(エックスパス)というものを利用して位置を指定する方法などがあります。ここではRPAツールの「Robo-Pat(ロボパット)」を利用した際の流れについて解説していきます。

  • RPA基礎知識② RPAの市場規模は年々増加傾向になる一方、生産年齢人口は減少中

    2019.10.01

    RPAの市場規模は、年々増加傾向にあります。数年前は大手金融機関など数千人規模の企業がメーンに利用していたRPAですが、近年は社員数数人~数十人の中小企業への利用も増加しています。その反面、生産年齢人口と呼ばれる働き世代は減少傾向にあり、人手不足も深刻になっています。

  • RPA基礎知識① RPAとは何か?その特徴とRPAが使える業務を紹介

    2019.10.01

    近ごろ士業業界でも注目を浴び始めた“RPA”について、言葉を聞いたことはあっても詳細について知らない方も多いと思います。本記事ではRPAの特徴とRPAが使える業務をご紹介いたします。

ページ先頭へ