国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

女性記者のひとりごとの記事一覧

  • 国税のスマホアプリ納付

    2021.10.19

    スタートが延期になった国税庁の「スマホアプリ納付」。
    今だに窓口納付が多いという国税だけに、コロナ感染防止の観点からも、1日も早いスマホ納付の導入が望まれる。

  • 東京2020 パラリンピック記念貨幣

    2021.09.21

    アレコレ悩んだ末に購入した記念貨幣セットが我が家には10セットほどある。

  • 個人事業者必見! 「家事関連費」を経費にする方法 ~その他(交際費、研究費、諸会費)

    2021.09.10

    法人と違って個人事業者は業務とプライベートの境界線が曖昧になりがち。このため収入から差し引く必要経費には、税務署の厳しいチェックの目が注がれている。交際費や研究費、諸会費などは「叩けば埃の出る経費」としてマークされており調査で否認されることもしばしば。国税不服審判所の裁決からは、個人事業者にとっての交際費の敷居の高さが垣間見える。

  • 事前通知の事前に「調査通知」

    2021.08.17

    調査通知は、事前通知の一部を抜き出して事前通知の「事前」に調査内容を通知する制度だ。
    なんと、その登場の経緯は一部の悪質な納税者の存在によるものだった。

  • 国税庁のDX「リモート調査」

    2021.07.20

    DX推進が広がる中、国税庁も「税務行政のデジタル・トランスフォーメーション」の方針を明確化した。今回は、「リモート調査」という言葉に着目したい。

  • 脱ハンコのその後

    2021.06.15

    押印廃止は事務効率化の点では大変歓迎すべきことだ。
    押印廃止がスタートして2カ月。税務関係書類の対応はどう変わったのだろうか。

  • 【スマホでe-Tax】本当にスマートフォン一つで申告が完了

    2021.05.18

    今年は一念発起してスマホ申告デビューしてみた。スマホの申告書作成画面を開き、恐る恐る入力を進めてみたら、あっという間に申告書が出来上がって思わず「え…?」と声が漏れた。

  • 期限付酒類小売業免許の期限は3月末まで テイクアウトの酒類はどうなる?

    2021.04.20

    コロナ禍で広まった飲食店のテイクアウト。酒類と弁当やつまみをセットでテイクアウトするのが楽しみになっている人も多いのではないだろうか。かくいう私も頻繁に利用していた。
    4月以降、この手の店は減ってしまうのだろうか…?

  • 在宅勤務の税金…なんだかすごく面倒臭そう

    2021.03.16

    新型コロナウイルス感染症拡大防止のため急増した在宅勤務。
    国税庁からテレワークで混在しがちな通信費や事務用品の合理的な区分・計算方法などについて示されたが、すごく面倒臭そうだ。
    会社の経理担当者は、社員から提出される膨大な領収書を確認しながら計算することになるのだろう…。

  • 海外人気の波に乗れるか「輸出用清酒製造免許制度」

    2021.02.16

    日本酒業界がなにやら騒がしいと思ったら、4月から清酒製造免許の申請受付がスタートするのだという。
    そうか、いよいよ解禁になるのか…!

ページ先頭へ