国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

新型コロナウイルスの記事一覧

  • ものづくり補助金の最新情報と申請方法について

    2021.10.13

    ものづくり補助金は、中小企業や小規模事業者が行う「革新的な製品・サービス開発」や「生産プロセス・サービス提供方法の改善」に必要な設備投資・システム投資などを支援するものです。通年で募集が行われており、現在は8次募集が行われております。ものづくり補助金の制度や申請方法の最新情報をご紹介します。

  • 事業再構築補助金 第2回公募の採択結果と傾向について

    2021.09.21

    事業再構築補助金の第2回公募の採択結果が発表されました。第1回の結果と比較しながら、採択結果と読み取れる傾向をまとめました。今後の事業再構築補助金の申請の参考にしていただければと思います。

  • 会計事務所からの相談に電話で回答 租研 国税OB税理士が全税目をサポート

    2021.09.17

    会計事務所の顧問団として、顧客サービスの向上をサポートする一般社団法人租税調査研究会(東京・中央区、代表理事=武田恒男税理士)。コロナ禍において、会員サービスの一つである相談ニーズが高まっていると言う。テレワークを取り入れる会計事務所が増える中、税務判断で迷ったときなど、近くに相談できる上司や同僚、または十分な税務情報が手に入らないということも少なくない。そんなとき、どんな相談にも対応してくれる、身近な“駆け込み寺”として会員事務所を支援している。

  • コロナ禍だから延滞税を軽減させる裏技「よのう」

    2021.09.06

    近日中に納めるべき税額が確定する場合、納付すべき税金をあらかじめ納めておくことで、滞納した場合に延滞税を少しでも抑えることができるのが「予納制度」です。今回はその予納制度について、元国税徴収官が分かり易く説明します。

  • 【事業再構築補助金】収支計画作成のポイントについて

    2021.09.03

    事業再構築補助金は、中小企業の新しい事業展開や業態転換などを支援するものです。事業再構築補助金の申請にあたって、新しい事業などの収支計画を示す必要があります。どのような収支計画の提出が求められるのか、どういった点がポイントになるのかご説明します。

  • 【事業再構築補助金】事業計画書作成のポイントについて

    2021.08.30

    事業再構築補助金の申請にあたっては、新しい製品やサービスなどに関する事業計画書の作成・提出が求められます。事業計画書は補助金の採択にあたって最も重要になる書類ですが、様式が定められておらず、何を書いたら良いか悩むかもしれません。審査にあたってどういう点が重視されるかを含めて、事業計画書作成のポイントをご説明します。

  • 【儲けのしくみ】ビジネスモデル構築の極意 〜第36回「人間の欲求」④〜

    2021.08.27

    「感情社会」と呼ばれる今、ビジネスに必要なのは理論ではなく感情や感性です。
    何より人の欲求を知ることが大切なのです。第36回【儲けのしくみ】ビジネスモデル構築の極意は、人間の欲求の最終回です。

  • 事業再構築補助金の第3回公募と申請のポイントについて

    2021.08.16

    事業再構築補助金の第3回公募が開示されました。事業再構築補助金は、コロナの影響を受けた社会変化に対応するため、中小企業の新規事業などの取り組みを支援するものです。補助金額や全体の予算額が大きく注目されています。ここでは、第3回公募の概要や申請のポイントについてご説明します。

  • 知らないともったいない!「伴走支援型特別保証制度」の利用ガイド ー中小企業の資金繰り支援制度を賢く使おうー

    2021.08.06

    2021年4月1日より、「伴走支援型特別保証制度」の取り扱いが始まりました。これは、金融機関を「伴走者」とし、経営行動計画書の策定を元に継続的な支援を受けることで信用保証料の負担を大幅に引き下げるものです。申込みには専門的な経営状況の分析が必須であり、会計事務所の出番が増えていくことが予想されます。ここでは、同保証制度の内容と、保証を受けるための条件を解説します。

  • クレジットカードのポイント税務

    キャッシュレス時代に押さえておきたいクレジットカードのポイント税務 ー法人カード編ー <PR>

    2021.08.02

    国が旗振り役となってキャッシュレス化が急速に進められる中、法人名義・事業者名義のクレジットカードを導入する動きがここへきて一気に加速。キャッシュフローの改善や経費管理の一元化、ポイントサービスなどさまざまなメリットが注目されているが、こうした中で関心が寄せられているのが、カード利用の際に付与されるポイントの税務。法人カード利用時に付与されるポイントやキャッシュバックは課税対象になるのだろうか—。

ページ先頭へ