国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

新型コロナウイルスの記事一覧

  • 雇用を維持するための出向や雇用シェアをする時に活用できる「産業雇用安定助成金」とは

    2021.12.03

    産業雇用安定助成金は、新型コロナウイルス感染症の影響で売上高や生産量などが減少した事業者が、従業員の雇用を守るために人手不足等の企業との間で雇用シェア(在籍型出向)を活用しようとする場合に助成する制度です。新型コロナウイルス感染症の影響が続く中で、新たに創設されました。どういう制度か、どのようなときに利用できるのかをご説明します。

  • 「マネーフォワード アーリーペイメント」 販売パートナー制度 説明会 ~資金調達・ファクタリングサービス~<PR>

    2021.12.02

    新型コロナウイルス感染症により、多くの中小企業が業績にダメージを受けている中、「迅速な資金繰り改善策の実行」の重要性はますます高まってきています。
    今回は、士業様向けに中小企業の運転資金ニーズの実態と資金調達手段についてのセミナーをご説明いたします。

  • ITツールを導入して生産性向上を支援する「IT導入補助金」の最新情報

    2021.11.24

    テレワークの推進に伴う社内業務のシステム化やRPAの導入、DXの推進などIT化を進める機会が増えています。このようなときに、IT導入補助金を活用できます。IT導入補助金は、中小企業が自社の課題やニーズに合ったITツールの導入を支援する補助金です。IT導入補助金の最新情報をご紹介します。

  • 小規模事業者の販路開拓や生産性向上を支援する「小規模事業者持続化補助金」の最新情報

    2021.11.10

    小規模事業者持続化補助金は、個人事業主や小規模事業者が販路開拓などの取り組みをする際の経費を支援するものです。通年で何回か締め切りを設けて募集されておりますが、制度内容は募集回によって若干変わります。そこで、小規模事業者持続化補助金の最新情報をご紹介します。

  • 令和2年分国税庁の民間給与の実態 コロナショックで平均賞与が平成以降2番目の大幅減

    2021.11.05

    国税庁がさきごろ公表した令和2年分民間給与実態統計調査(いわゆる「民間企業の実態」)によると、昨年1年を通じて民間企業に勤務した給与所得者の平均賞与は、長引く新型コロナ感染症に伴う企業の経営悪化などで2年連続の減少となっている。下げ幅も平成以降では、リーマンショック後に次ぐ大幅な減少率を記録。ローンなど借入金を抱えるビジネスパーソンには厳しい状況が続いていることが明らかになった。

  • 租税調査研究会 国税当局目線の勉強会が好評  講師の国税OBが専門分野別に実務処理のポイント講義

    2021.11.04

    国税当局の主要ポジションを務めてきたOB税理士が研究員として在籍する一般社団法人租税調査研究会(東京・中央区、代表理事=武田恒男税理士)の勉強会が、会計事務所から好評だ。会員向けに定期的に開催している勉強会だが、テーマがバラエティなだけでなく、講師が国税OBということで、話の内容が自然と当局目線なのだ。税理士試験をパスして税理士となった、いわゆる“試験組”にとっては、同じテーマでも他では学べない視点の講義内容で、「目から鱗」の話ばかりと評判だ。

  • ものづくり補助金の事業計画書作成のポイントについて<最新版>

    2021.10.27

    ものづくり補助金の申請にあたっては、事業計画書の作成・提出が求められます。事業計画書の出来によって、補助金の採択が左右されるといっても過言ではありません。今回は、事業計画書の作成にあたって、どのような点がポイントとなるのか、最新版の公募要領をもとにご説明します。

  • ものづくり補助金の最新情報と申請方法について

    2021.10.13

    ものづくり補助金は、中小企業や小規模事業者が行う「革新的な製品・サービス開発」や「生産プロセス・サービス提供方法の改善」に必要な設備投資・システム投資などを支援するものです。通年で募集が行われており、現在は8次募集が行われております。ものづくり補助金の制度や申請方法の最新情報をご紹介します。

  • 事業再構築補助金 第2回公募の採択結果と傾向について

    2021.09.21

    事業再構築補助金の第2回公募の採択結果が発表されました。第1回の結果と比較しながら、採択結果と読み取れる傾向をまとめました。今後の事業再構築補助金の申請の参考にしていただければと思います。

  • 会計事務所からの相談に電話で回答 租研 国税OB税理士が全税目をサポート

    2021.09.17

    会計事務所の顧問団として、顧客サービスの向上をサポートする一般社団法人租税調査研究会(東京・中央区、代表理事=武田恒男税理士)。コロナ禍において、会員サービスの一つである相談ニーズが高まっていると言う。テレワークを取り入れる会計事務所が増える中、税務判断で迷ったときなど、近くに相談できる上司や同僚、または十分な税務情報が手に入らないということも少なくない。そんなとき、どんな相談にも対応してくれる、身近な“駆け込み寺”として会員事務所を支援している。

ページ先頭へ