国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

生命保険の記事一覧

  • 「節税保険のホワイトデーショック」とは?名義変更プランの内容と見直し案を解説

    2021.05.19

    「ホワイトデーショックで生命保険の名義変更プランが節税に使えなくなった」。先月や先々月、メディアやSNSで話題になりました。名義変更プランとは何でしょうか。また、何がどう変わったのでしょうか。

  • 第4回 そこが聞きたかった「確定申告Q&A」~保険税務・退職金・株の配当金についてやさしく解説~

    2020.03.04

    確定申告期真っ只中ですね。サラリーマンは基本的に年末調整で済みますが、なんらかの事情があって年末調整を受けていなくても、確定申告によって税額が精算されます。2020年(令和2年)の確定申告期間は、4月16日(木)まで。この期間内に、2019年(令和元年)分の会計結果を税務署へ報告(確定申告)します。第4回の今回は、保険税務・退職金・株の配当金について解説します。

  • 第2回 そこが聞きたかった「確定申告Q&A」~ 住宅ローン控除の税務を優しく解説~

    2020.02.14

    いよいよ確定申告がスタートします。サラリーマンは基本的に年末調整で済みますが、なんらかの事情があって年末調整を受けていなくても、確定申告によって税額が精算されます。2020年(令和2年)の確定申告期間は、同年2月17日(月)〜3月16日(月)まで。この期間内に、2019年(令和元年)分の会計結果を税務署へ報告(確定申告)します。 第2回の今回は、住宅ローン控除について解説します。

  • 第1回 そこが聞きたかった「確定申告Q&A」~ 医療費の税務をやさしく解説~

    2020.02.14

    いよいよ確定申告がスタートします。サラリーマンは基本的に年末調整で済みますが、なんらかの事情があって年末調整を受けていなくても、確定申告によって税額が精算されます。2020年(令和2年)の確定申告期間は、同年2月17日(月)〜3月16日(月)まで。この期間内に、2019年(令和元年)分の会計結果を税務署へ報告(確定申告)します。 第1回の今回は、医療費控除について解説します。

  • 女性記者のひとりごと vol.74 生保節税にシバリ

    2020.01.22

    儲かっている会社の救世主のごとく君臨してきた保険だが、過度な節税利用についに国税庁と金融庁の堪忍袋の緒が切れた。この展開、もう何度目だろう。

  • 女性記者のひとりごと vol.72 生保節税しばり

    2019.12.25

    生命保険は税務ネタの宝庫。生保各社によって、この緩い節税シバリをすり抜ける節税商品がそう遠くないうちに開発されるであろう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~保険の本質~

    2019.03.28

    我が国の国民の健康志向は、ここ10年で飛躍的に増加しているように思われます。テレビなどでも健康や医療にフォーカスした番組も多く、また、喫煙に対する世間一般の考え方も大きく変化しているのではないでしょうか。そうした健康に係るリスクに対応するものとして生命保険をはじめとする各種保険が存在しますが、保険商品の進化も目覚ましいものがあるでしょう。今回は「保険」に着目をしてみたいと思います。

  • 遺留分の生前対策5つの手法

    2016.06.29

    遺留分は、遺言書を作成するときに問題となります。今回は、遺留分の生前対策について、5つの手法をご紹介します。

ページ先頭へ