国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

相続財産の記事一覧

  • 【KaikeiZine読者を特別価格でご招待】2018年笹岡先生の資産税実務講座 受付中

    2018.03.09

    株式会社ファルベ(東京・中央区, 代表取締役=石川真樹氏 以下「ファルベ」)は、相続税、譲渡・民法相続法などを含む総合的な「資産税実務」を体系的に学ぶセミナーを開催。講師に笹岡宏保税理士を迎え、クライアントの信頼を獲得するための総合的な知識の育成を図る。本セミナーにKaikeiZine読者を特別価格でご招待します。

  • 【セミナーのご案内】笹岡先生の資産税実務マスター講座 相続実務コース受付中

    2017.10.30

    株式会社ファルベ(東京・中央区, 代表取締役=石川真樹氏 以下「ファルベ」)は、相続税、譲渡・民法相続法などを含む総合的な「資産税実務」を体系的に学ぶセミナーを開催。講師に笹岡宏保税理士を迎え、クライアントの信頼を獲得するための総合的な知識の育成を図る。

  • 相続財産の預金について確認すべき5つのポイント

    2016.08.09

    相続問題について弁護士にご相談される場合、よく問題となるのが預金の使い込みです。相続財産にはほとんど必ず預金が含まれていますが、被相続人であるご両親の死亡後に預金の取引履歴が開示されると相続財産から多額の預金が引き出されていることが明らかになることが少なくありません。
    相続財産から多額の預金が引き出されている場合、被相続人(ご両親)と同居している相続人(ご兄弟)が預金債権を使い込んだことが疑われます。

    今回は相続財産の預金について、預金の使い込みが疑われる場合にチェックすべきポイントについて解説します。

  • 遺留分の生前対策5つの手法

    2016.06.29

    遺留分は、遺言書を作成するときに問題となります。今回は、遺留分の生前対策について、5つの手法をご紹介します。

  • 遺言書活用で“争族”回避 相続財産5千万円以下で75%がもめごとに

    2016.05.19

    平成27年の相続税増税によって、相続対策のご相談が急増しています。相続対策というと相続税の対策ももちろんですが、相続財産を巡って相続人が争う「争族」対策も重要となります。

ページ先頭へ