国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

追徴課税の記事一覧

  • 法人税 申告漏れ所得金額が1兆円超え 実地調査件数は約9万9千件

    2019.12.17

    国税庁によると、今年6月までの1年間に行った法人税調査件数は、海外事案や無申告事案などを含めた申告漏れ所得金額が前事務年度に比べて約4割増加し、平成23事務年度以来の1兆円超えとなった。

  • チュート徳井 追徴税額は全部で1億5000万円を超える!?

    2019.11.01

    お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実氏(44)が経営する個人会社が課税当局に申告漏れを指摘された問題で、読売新聞は10月28日の朝刊で、「追徴1億円超に」という報道をした。同紙によると、法人税、消費税、源泉所得税について具体的な追徴税額を示しているが、法人が納税する税金全体からするとさらに増えることが予想される。このほかのどのような税目で追徴課税されたのだろうか。

  • チュートリアル徳井 税務調査の指摘で考えられる本当の不正行為とは・・・ 

    2019.10.24

    納税に対する意識が低かった―。お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実(44)さんの謝罪会見でのひと言だ。各TV局が取り上げているので、おおまかな事実関係はご存知の方が多いと思うが、謝罪会見は10月23日の夜、突然開かれた。記者会見で質問する記者の税に関する知識の低さも目立ち、肝心なことが分からない会見になった。霧に巻かれたような会見になったのはなぜなのか・・・。

  • 「CoCo壱番屋」創業者の申告漏れから学ぶ減価償却 節税ノウハウで抑えておきたい基礎

    2019.06.11

    「カレーハウスCoCo壱番屋」創業者の宗次徳二氏(70)が取締役を務める資産管理会社「ベストライフ」(名古屋市中区)が、名古屋国税局の税務調査を受け、法人税約20億円の申告漏れを指摘されていたとマスコミが報道している。同社は、減価償却できない資産を計上しており、関与していた税理士のミスが原因。「減価償却」は法人節税の基本、税務調査でもチェックされるだけに注意が必要だ。

  • 元国税庁国際担当官 多田恭章の海外取引に関する税金知識:株式報酬③  新聞報道された株式報酬の申告漏れ事例

    2019.02.05

    外国の親会社から付与されたストックオプションやリストリクテッド・ストック等の株式報酬によって得た利益については給与所得として確定申告しなければなりません。しかし、これらの所得が申告漏れとなっていて、税務調査によって多額の追徴課税を受けた事例が相次いで発覚しました。そのため、現在では法定調書を用いて申告漏れの有無がチェックされています。確定申告時期を迎えるに当たり、こうした申告漏れがないように注意したいものです。

  • 元国税庁国際担当官 多田恭章の海外取引に関する税金知識:「海外取引を行う富裕層」の申告漏れ平均額は3千万円超

    2019.01.29

    国税庁は、2018年6月までの1年間に実施した所得税の税務調査の結果を公表しました。国税庁では富裕層の調査に注力しており、「海外取引を行う富裕層」については、1件当たりの申告漏れ金額は3,119万円と3千万円超の高額にのぼることが判明しました。海外を舞台とした租税回避が行われている実態が浮き彫りとなっています。

  • 名義預金の相続財産への帰属を否定

    2018.03.12

    相続税調査においてもっとも重要な論点は「名義預金」だといわれている。名義預金とは、名義こそは配偶者や子ども・孫などの名義だが、実質的には被相続人の預金といえるもののことだ。相続が近づいていることを予知した相続人が、相続財産の圧縮を図って預金の一部を家族の名義に変更し、相続税の申告時に財産として計上されていないケースは多い。

    課税庁としては、これを許すと相続税を納税する人がいなくなってしまうため、税務調査時にはこうした家族名義財産のうち、実質的に被相続人に帰属するものがないか懸命に調査を行う。こういった背景もあり、相続税の追徴課税処分の中で圧倒的に多いのが、家族名義預金(財産)によるものである。

  • 国税局 人気AV嬢を〝丸裸〟に 慰謝料2億円は「役務提供の対価」

    2016.09.30

    AV業界のレジェンド・里美ゆりあ(31)の「2億4500万円所得隠し」のニュースが注目を集めている。里美ゆりあといえば、ショートカットに大きな瞳、くびれたウエストから溢れる色香が世の男たちを骨抜きにし、平均寿命2〜3年といわれるAV業界にあって今年で実に9年目を迎えるという実力派。そんなゆりあ嬢がなんと、税務調査で所得隠しを指摘され、1億円を超える追徴課税を受けたのだという。隠していたとされる所得について本人が「慰謝料」と主張しているというが、果たしてその真意は…

  • 【コラム】清水建設 20億円の申告漏れ 建設業者の裏事情

    2016.07.12

    ゼネコン大手の清水建設がこのほど、東京国税局から5年間で約20億円の申告漏れを指摘された。建設業は、税務調査で不正発見が多く、毎年トップ10に入る常連。定期的に調査が実施されるが、税務署は建設業者のどういった点をチェックしているのだろうか。

  • 比嘉酒造「残波」課税で注目判決 役員退職金の「適正額」めぐり東京地裁が一部取り消し

    2016.05.20

    泡盛「残波(ざんぱ)」で知られる沖縄県の酒造会社「比嘉酒造」が、国税当局の約1億8千万円の課税処分の取り消しを求めた訴訟で、東京地裁は4月22日、総額約19億円の役員報酬のうち、創業者に対する約6億7千万円の退職慰労金は妥当と認め、約5千万円分の課税を取り消す、同社側一部勝訴の判決を言い渡した。 今回の裁判では、役員退職金をめぐり、興味深い判決となっており、税理士等の専門家の間では関心を呼んでいる。

ページ先頭へ