国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

過少申告加算税の記事一覧

  • ストライク・識学 M&Aに関する中小企業支援で業務提携

    2019.07.03

    M&A(企業の買収・合併)仲介サービス大手のストライク(東京・千代田区、代表取締役社長=荒井邦彦氏)と、組織運営に関するコンサルティング業務を手掛ける識学(東京都品川区、代表取締役社長=安藤広大氏)がさきごろ業務提携した。M&Aに際しての企業成長や事業承継に目を向けた提携で、中堅・中小企業にとっては、これまで以上にM&Aを企業成長の選択肢として取り組みやすくなりそうだ。

  • 税務署の指導が間違っても税金のペナルティ「加算税」の対象になるの!?

    2019.06.19

    税金のことで分からないことがあれば、まず税務署に相談へ行く。これが多くの納税者が取る行動だと思う。「お役所の言うことだから基本的には正しい」という意識があるわけだが、中には誤った指導をしてしまうこともある。もし、職員の誤指導で申告ミスがあった場合、税金のペナルティ措置である「加算税」は付くのだろうか?

  • 元国税庁国際担当官 多田恭章の海外取引に関する税金知識:判決・裁決紹介 海外子会社の株式が国外財産から漏れていた事例

    2019.02.19

    国外に5,000万円を超える財産を保有する居住者(非永住者を除く)は、確定申告の際に「国外財産調書」を提出しなければなりません。今回紹介する事例は、個人が出資した香港の外国法人についてタックスヘイブン対策税制の適用を受け、「雑所得」として課税処分されるとともに、当該海外子会社の株式について国外財産調書の提出漏れを指摘された事案です(平成29年3月3日裁決)。

  • 相続税調査は「重加算税」狙い!? 課税前は当局に決まった行動

    2016.08.02

    相続税調査では、税の重いペナルティである「重加算税」が比較的課されやすいとの話を聞く。なぜなら、重加算税を課せられる要件に相続税調査がはまりやすいためらしい。相続は一生の間に何度もあるわけではなく、調査になれば調査官が圧倒的に優位といわれる。相続税調査の実態および、重加算税と睨んだときの当局の行動に迫った。

  • 【コラム】清水建設 20億円の申告漏れ 建設業者の裏事情

    2016.07.12

    ゼネコン大手の清水建設がこのほど、東京国税局から5年間で約20億円の申告漏れを指摘された。建設業は、税務調査で不正発見が多く、毎年トップ10に入る常連。定期的に調査が実施されるが、税務署は建設業者のどういった点をチェックしているのだろうか。

ページ先頭へ