国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

仕入税額控除の記事一覧

  • “金”取引で消費税の追徴税額40億円 精鋭部隊を設け効果的調査へ 税務署では機能別職員が広域調査

    2020.10.30

    10月28日の読売新聞オンライン「【独自】消費税不正、40億円を追徴課税…金地金買い取り業者など80法人・個人」の報道で、国税当局が、消費税の不正申告の有無を調べる一斉調査を行い、約80の法人・個人からあわせて約40億円を追徴課税したことが分かった。コロナ禍の影響で今年は10月から税務調査を再開したばかりだが、国税庁が進める効率・効果的な調査を実った格好だ。一方で税理士の中からは、国税当局の調査の進め方に「強引な課税判断とも思える部分も見受けられる」との声も聞かれ、物議を呼びそうだ。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~本みりんとみりん風調味料~

    2020.01.30

    「本物か、それとも、本物を似せたものか」という議論はよくありますが、その際、後者には「風(ふう)」がつけられることがよくあります。消費税における軽減税率の問題が論じられる際、「本みりん」と「みりん風調味料」の例が出されることがありますが、今回はそうした「風」にスポットを当ててみましょう。

  • 【企画特集】アーリーステージ・中小企業のためのお金で得する経営術  第7回 飲食業以外でも消費税の軽減税率が影響

    2020.01.15

    2019年10月から消費税率が10%になり、合わせて8%の軽減税率制度がスタートした。多くの中小企業経営者は「うちは飲食業でないから、経理処理において軽減税率の影響はない」というが、飲食業以外でも、実は経理処理において複数税率を意識する場面が少なくない。一体、どういったシーンにおいて影響してくるのだろうか。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~日本建設業連合会の印紙税廃止要望~

    2018.04.12

    税制改正に当たっては、多くの関係団体が税制改正要望を提言します。例えば、日本医師会は、社会保険診療報酬等に対応する部分の消費税の仕入税額控除の制度見直しを要望していますし、かつて、日本新聞協会は、新聞等に消費税の軽減税率を適用するよう求める声明を発表しています。このように各団体が各々に関係する税制改正を要望しているところですが、今回は日本建設業連合会の印紙税廃止要望を参考に、こうした税制改正要望を確認してみましょう。

  • “税界”の裏話 オーナー社長は注意! 税務調査で「認定賞与」 どこまで遡及されるの・・・ 

    2017.09.06

    中小企業の交際費は現在、上限、年間800万円もしくは、その接待交際費の50%までが認められている。オーナー社長にとっては、かなりの金額を交際費処理できるわけで、やりがちなのが公私混同だ。あくまで交際費として経費で落とせるのは事業に関する支出だけ。会社で落とすことの出来ない社長の私的支出を、税務調査で認定されたらどのような税のペナルティがあるのだろうか。また、その遡及についてはどうなるのだろうか。

ページ先頭へ