国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

pickupの記事一覧

  • 飲食店専門税理士が指南 黒字倒産しないための飲食店経営のオキテ~助成金・補助金 編 ~

    2017.12.15

    助成金や補助金は借入とは違い、返済義務のない、「もらえるお金」です。しかしながら、この資金調達を飲食店の経営に活用するためには注意するべきポイントがいくつかあります。今回は助成金・補助金の活用に失敗した事例を参考にその活用方法を紹介します。

  • 女性記者のひとりごと vol.23 税務職員の住宅ローン控除

    2017.12.13

    マイホーム取得を税金面からフォローしてくれる「住宅ローン控除」は還付申告の代表格。10年以上のローンを組んでマイホームを取得した場合、年末ローン残高の1%相当額が10年間にわたり還付される。

  • 元国税庁国際担当官 多田恭章の海外取引に関する税金知識:租税条約に基づく情報交換件数が大幅に増加

    2017.12.12

    国税当局が海外取引や国外財産の情報を収集するための手段の一つが「租税条約に基づく情報交換」です。国税庁は「平成28年事務年度における租税条約等に基づく情報交換事績の概要」を発表しました。それによると、情報交換件数は前年より大幅に増加しており、情報の集積は着々と進んでいるようです。

  • 課税当局 インターネット取引を24時間監視

    2017.12.08

    近年、法人や個人事業者に加えサラリーマンなどの副業としてメジャーなものとなったネット通販、ネット広告、ネットオークションといったインターネット取引。国税当局では、サイバー税務署の設置などにより、無申告者や故意に申告漏れをしている者へ目を光らせている。2017年6月までの1年間で、なんと1件あたり1千万円超の申告漏れを把握している。

  • 【“旅する女性タックスアドバイザー” 世界の税金問題】第7回/フランス人には理解できない源泉徴収制度

    2017.12.07

    人気連載第7弾! 東京、ニューヨーク、香港と渡り歩いた”旅するタックスアドバイザー”マリアが、実際に直面した税金に悩めるクライアントとのエピソードをご紹介。今回は、フランス人が日本に来て初めて知る、源泉徴収制度についてのお話です。

  • “税界”の裏話 海外転勤社員の自宅を社宅として借り受けした

    2017.12.06

    ビジネスパーソンなら、家族と一緒に海外転勤というケースも少なくない。知人が社長の会社でも、数年前から従業員を海外の子会社に出向させているが、その第一陣としてその転勤した社員が日本に帰国するという。この社員は、日本の自宅をこの会社に社宅として貸し付けており、本年は賃借料として年間300万円の収入を得ているそうだ。非居住者であるこの社員の不動産賃貸料300万円に対する課税についてはどうなるのだろうか。


  • 元国税庁国際担当官 多田恭章の海外取引に関する税金知識:海外出張旅費の相場

    2017.12.05

    海外出張が多い会社では、旅費規程を作り、日当や宿泊代を支給するケースが多く見られます。日当や宿泊費があまりに高額な場合、給与として課税される可能性があります。では、適正金額を算定する上で、何か参考となるようなデータはあるのでしょうか。

  • 初めての開業~最初に行っておくべき3つのこと~

    2017.12.04

    新たに法人を設立する場合には登記が必要となり、さまざまな決定事項や、手続きを経る必要がある。一方で、個人事業主での開業の場合、そういった過程を経る必要がないため、自分がはじめようと思えば、法的手続きなしにはじめることも可能だ。
    しかし、個人事業主であっても、開業時にぜひ行ってほしいことがいくつかある。そこで今回は、開業時にしてほしいことについて解説していきたい。

  • ビットコインなどの仮想通貨 税金の扱いは?

    2017.12.01

    最近メディアでも取沙汰される「仮想通貨」。もし、仮想通貨を使用することで生じた利益があるのであれば、税金のことも考えなければならない。今年も残るところあと少し。そこで今回は、2017年度分の確定申告に向け、仮想通貨に関する税金の取り扱いについて解説していきたい。

  • 飲食店専門税理士が指南 黒字倒産しないための飲食店経営のオキテ ~クラウド経営編② ~

    2017.11.30

    飲食店は社員に比べてアルバイトの人数が圧倒的に多く、人の入替えが多いため、店舗運営を教育で完全にカバーするのは難しいという特徴があります。今回は、レジ業務で失敗した事例を参考にクラウドを活用した店舗運営のポイントを紹介します。

ページ先頭へ