国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

pickupの記事一覧

  • エストニア「仮想通貨」発行ってホントなのか真相に迫る 

    2017.10.20

    さきごろ、北欧バルト三国のエストニア共和国が、独自の仮想通貨「エストコイン」を発行して、資金を調達するICO(Initial Coin Offering)を検討しているとの報道があった。一般紙をはじめ、メディアが一斉に報道したので話題となっているが、この情報が本当に事実なのか、本当なら具体的にどのように使われるのか興味深い。そこで9月17日から21日まで、事実を確認しにエストニアに行った。

  • 専業主婦からママ税理士へ 子育てしながら働く!ライフスタイル白書【7】:欲張りに生きること

    2017.10.20

    個人的には、今は出産しても仕事を続ける女性がほとんどのように感じていますが、みなさんはどうでしょうか。私は一度専業主婦になり、子どもの成長と共に少しずつ社会復帰しましたが、その過程で「ママ業も仕事も趣味も全部やりたい!」とどんどん欲張りになっていきました。今回は、「欲張りに生きること」について書いてみます。

  • 【BIPA】仕組みを変えて中小企業の生産性向上に貢献する~ラクスル 松本恭攝代表取締役~

    2017.10.19

    インターネットの力で古くからある印刷業界の産業構造を変え、新しい価値を生み出すラクスル株式会社(東京・品川区,代表取締役=松本恭攝氏以下、「ラクスル」)。松本社長が目指しているのは印刷業で稼ぐという目先のことではなく、「個のエンパワーメント」。中小企業であっても、大企業と同じ戦い方ができるようにサポートしていく。印刷と言えば「ラクスル」というイメージだが、実は他にも画期的なサービスがたくさんある。中小企業でも使い勝手の良い同社のサービスや今後の展望について、松本恭攝代表取締役に聞いた。

  • 【電卓持って世界一周!】貧しい国はなぜ貧しいのか①~レソトなう~

    2017.10.19

    シンガポールで活躍した現役女性会計士が、電卓片手に、世界各地のNGOで会計士ボランティアをしながら世界一周! 旅の中での発見を、会計士目線で伝えていきます。今回もアフリカ南部に位置する国レソトからお届け! 貧しい国はなぜ貧しいのかについて考えていきます。

  • “税界”の裏話 相続税調査でチェックする“名義預金”

    2017.10.18

    相続税の調査は、一生に1回あるかないか。そのため、実地調査ともなれば、調査官ペースで行われ、非違(違法)割合は8割を超える。そんな相続税調査だが、調査ポイントである“名義”を押さえておけば何も怖いことはない。

  • 弥生 「18シリーズ」を10月20日から販売 「仕訳一括置換」機能など利便性アップ

    2017.10.17

    今年30周年を迎える会計業務ソフトウェア「弥生シリーズ」を提供する弥生株式会社(東京・千代田区、代表取締役社長=岡本浩一郎氏、以下「弥生」)は最新のデスクトップアプリ「弥生18シリーズ」を10月20日から発売する。17シリーズからの強化ポイントは3点。中でも「仕訳一括置換」機能が搭載され、会計事務所職員は摘要・税区分修正などの「チェック業務」から開放される。

  • 元国税庁国際担当官 多田恭章の海外取引に関する税金知識:消費税 免税制度を悪用し70億不正還付

    2017.10.17

    海外観光客向けの免税店を運営する法人が、消費税の免税制度を悪用して約70億円の不正還付を受けていたとの報道がありました。近年、こうした消費税の不正還付は増加しており、消費税率10%への引き上げが予定される中、国税当局も監視を強めています。

  • 土地相続で 13億円の申告漏れ 売買契約か実勢価格かの判断で争いに

    2017.10.16

    2017年7月12日付けの朝日新聞デジタルの報道によると、元市議会議長の遺族である相続人が、土地の相続をめぐって東京国税局から約13億円の相続税の申告漏れを指摘されているという。追徴税額は重加算税を含め約8億円。報道をはじめ当メディアの独自取材から推察されるのは、当局は、相続人が節税目的で土地評価を不当に下げたか、所有権移転の仮登記が相続手続き後に解除されていることを問題視したものと考えられる。すでに、この争いは国税不服審判所にステージを移して争われている。

  • 【世界を飛び回るサラリーマン圭亮の税ノート】第4回/台湾で驚愕! え!? 出張者の俺がココで税金を払うの?

    2017.10.13

    東京、ニューヨーク、香港と渡り歩いた“旅するタックスアドバイザー”マリアが、世界を飛び回るサラリーマン圭亮を主役として、出張先の国々と日本との文化や税制の違いを紹介します。今回の旅先は、台湾。圭亮が出張で度々訪れ、長期滞在するこの国には思わぬ落とし穴がありました・・・。

  • 女性記者のひとりごと vol.19 税法は難しい(1)

    2017.10.11

    税法は難しい。誰でもいいから毎年自動更新する「税法チップ」を作って、私の脳に埋め込んでくれないかしら…と真面目に考える今日このごろである。

ページ先頭へ