国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

pickupの記事一覧

  • 【無料セミナー】IPOを目指す会計人向け勉強会(2回/全4回)

    2019.04.24

    会計人材のキャリア支援を行う株式会社レックスアドバイザーズ(東京・千代田区,代表取締役岡村康男氏 以下「REX」)では、IPOに挑戦したい会計人のための無料セミナーを開催します。
    ※本セミナーはCPE単位が2単位 取得可能です。

  • 女性記者のひとりごと vol.56 結婚子育て特例 もう一つの落し穴

    2019.04.24

    お金の問題はとてもデリケート。円滑な親戚関係にヒビが入らぬよう、また自分自身が後悔しないよう、特例適用に当たってはさまざまな角度から検討を重ねたい。

  • 元国税庁国際担当官 多田恭章の海外取引に関する税金知識:平成31年度税制改正① 金地金の仕入税額控除 本人確認を厳格化

    2019.04.23

    急増する金地金の密輸を阻止するため、平成31年税制改正において、消費税における仕入税額控除の見直しが行われました。今後は、金地金を仕入れるに際して「本人確認書類」の写しの保存が仕入税額控除の要件となり、また、密輸品と知りながら行った課税仕入れについては、仕入税額控除は認められないこととなります。

  • 中小企業にも移転価格調査 情報源は「別表17(4)」

    中小企業にも移転価格調査 情報源は「別表17(4)」

    2019.04.18

    税理士なら税務署に提出する書類は、すべて正確に書けると思われがちだが、決してそんなこともない。そんな税務書類の一つに「法人税申告書別表17(4)」(以下、「別表17(4)」)がある。実はこの「別表17(4)」は、国際税務に関する重要な明細書なのだ。ここから、税務署はどんな情報を入手しているのだろうか。

  • 創業(3年)で倒産しないために…!知っておきたい開業準備のオキテ ~数値の見方編【利益】~

    2019.04.18

    これから飲食店の開業を目指す方は店舗の運営はもちろんのこと、経営についても自らの判断で行っていかなければなりません。飲食店を経営する上では利益が生命線になりますが、利益は実は1つだけではなく複数の利益が存在するのです。そこで、今回は「利益」の数値の見方について紹介します。

  • 元国税庁国際担当官 多田恭章の海外取引に関する税金知識:中堅・中小企業も狙われる海外取引調査の非違状況

    2019.04.16

    近年では、税務署所管の中堅・中小法人でもアジア地域などに海外子会社等の拠点を設けて海外進出するケースが増えています。そのため、海外子会社等を有する法人が税務調査のターゲットとなりやすく、調査で問題点が把握された件数や申告漏れ金額も大きく増加しています。

  • CPA TALKs2019

    日本公認会計士協会東京会が「会計士の多様性」をテーマに「CPA TALKs 2019」を開催

    2019.04.12

    日本公認会計士協会東京会若手公認会計士特別委員会(通称:青年部)は3月21日、東京・千代田区の秋葉原UDX THEATERで、CPA TALKs 2019を開催した。「会計士の多様性」をテーマに開かれた今回は、さまざまな分野で活躍する4人の公認会計士が登壇、自身の経験やキャリアをもとに公認会計士の可能性や資格を活かしたキャリアの広がりについてプレゼンを行った。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~トロイカと消費税~

    2019.04.11

    消費税は国民の生活にダイレクトに影響する租税ということもあり、その導入や増税を巡っては、政治的な紛糾が付き物です。我が国では、平成元年(1989年)4月1日に3%の消費税が初めて導入されたわけですが、その当時の与野党の対立をご存知の方も多いかもしれません。さて、今回はそうした消費税を巡る政治動向に目を向けてみましょう。

  • 即位の礼で税務署は10連休 2月決算法人の申告期限

    2019.04.10

    2019年は、即位の礼がある5月1日が休日となり、結果として4月27日から5月6日までの大型連休になる。そこで気になるのが税法上の各種申告書や届出の期限だ。4月30日は退位の日で休日である一方で、2月決算法人の確定申告書や8月決算法人の中間申告書の提出期限。申告書の提出は4月26日までになるのだろうか。

  • 政策金融公庫、ストライク 4月17日にスタートアップ企業向けのセミナー

    2019.04.10

    日本政策金融公庫とM&A(合併・買収)仲介サービスのストライク(東京・千代田区、代表取締役社長=荒井邦彦公認会計士・税理士)は4月17日、スターアップ企業向けの「『攻めと守り』に使えるM&Aセミナー ~スタートアップ企業が知るべきM&A活用法~」を開催する。スタートアップ企業の成長と出戦略に欠かせない「M&A」の活用について、専門家や先駆者が事例を通じてわかりやすく解説する。

ページ先頭へ