国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

会計業務3.0の記事一覧

  • 岡本社長が語る クラウド会計の先の「会計業務3.0」の世界と会計事務所業務~KaikeiZine編集長インタビュー【後編】<PR>~

    2016.11.30

    弥生株式会社(東京・千代田区、代表取締役社長=岡本浩一郎氏)が目指す、クラウド会計の先にある「会計業務3.0」の世界とは一体どんな世界なのか?それによって、会計事務所の仕事はどのように変わっていくのか。岡本社長はこれまで、何度か記者発表を通じ「中小企業が本来の仕事に集中できる環境をサポートすべく、『会計業務 3.0』を実現したい」と、弥生の目指す方向性について発信してきた。ところが、多くの会計事務所が、その「会計業務3.0」についてあまり理解してないようだ。岡本社長にその中身について聞いた。

  • 弥生会計 クラウドとデスクトップアプリケーションの連携を10月13日から開始 「業務3.0」の実現で商取引の効率化目指す<PR>

    2016.10.07

    業務ソフトウェア「弥生シリーズ」を提供する弥生株式会社(本社: 東京・千代田区、代表取締役社長=岡本浩一郎氏、)は10月13日から、法人事業者向けのクラウドアプリケーション「弥生会計 オンライン」と、会計事務所向け「弥生会計 17 AE」とのデータ共有を可能にした新サービスを開始する。同社では、サービス充実で、会計事務所、取引先企業、従業員、金融機関、行政などをつなげ、高い生産性・高付加価値の“業務3.0”の実現を目指す。

ページ先頭へ