国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • withコロナ・アフターコロナを考える

withコロナ・アフターコロナを考えるの記事一覧

  • 【無料ウェビナー】紙とハンコは悪?!「会計士であれば絶対に知っておきたい」デジタル化対応<電子認証実践編>

    2020.10.28

    菅政権によるデジタル庁構想や脱ハンコ・ペーパーレス化への注目が高まる中、KaikeiZineでは、11月26日(木)、ESG-Techナカチ株式会社の粂川操氏(元アビームコンサルティング取締役・元トーマツパートナー)とペーパーロジック株式会社代表の横山公一氏(青山綜合会計事務所創業代表者)をお招きして「会計士であれば絶対に知っておきたい」デジタル化実践編講座、第3弾を開催いたします。

  • 自社で活用できる補助金や助成金の上手な探し方をご紹介します

    2020.10.21

    新型コロナウイルス感染症の影響でさまざまな補助金や助成金が設けられています。経済産業省や厚生労働省など国が行っているものもあれば、各自治体で行っているものもあります。また、コロナ関連以外でも多くの補助金や助成金があります。しかし、たくさんあるためにどのような補助金があるか分かりにくい、どこをどう探せばよいか分からないという声も聞かれます。そこで、補助金や助成金の探し方をご紹介します。

  • 「雇用調整助成金」の延長と申請方法(最新版)

    2020.10.15

    新型コロナウイルス感染症の影響で、失業者の増加や大企業でのリストラ実施などがニュースで報じられています。雇用維持を支援するために、企業が従業員を休業させた場合などに支給される雇用調整助成金が設けられています。この雇用調整助成金について、新型コロナウイルス感染症の影響で事業活動の縮小を余儀なくされた場合には、助成率や上限額引き上げなどの特例措置がなされています。この特例措置が延長されており、雇用調整助成金の申請方法が以前よりも簡略化されておりますので、これらの最新情報をご説明します。

  • 会計士 中村亨の「経営の羅針盤」第7回-キャリア論/独立したい会計士・税理士に伝える「プロフェッショナルの要件」

    2020.10.08

    4月から始めたコラムも今回で7回目。何を書いてもいい、と言われて手探り状態でした。(控えめな性格上、少し遠慮がちに書いていました!)
    しかし、えいやっ!と思い切って「本音」をぶつけた前々回の「やりたいことが・・・」というキャリア論がもっとも反響が大きかったようです。
    もっとキャリア論を展開してほしいという声も多くいただき、今回さらに踏み込んで、安易な転職を辛辣に説いた上で、将来独立したい方に向けたアドバイスを書いてみたいと思います。

  • 前向きな行動を引き出すコーチング的な対応(質問編)

    2020.10.01

    悩んでいる人からの相談を受けるとき、まずは相手の話をじっくりと聴いて気持ちを落ち着かせてもらい、相手の存在や努力を認めて自信を取り戻していってもらうことが大切です。その上で、相談された方の意欲を高めて前向きな行動を引き出すような対応についてご紹介いたします。新型コロナウイルス感染症の影響で、厳しい経営状況に置かれている会社も少なくありません。深刻な相談を受ける際にも活用できる技術です。

  • 相手の存在や努力を認めて自信を取り戻してもらう対応(承認編)

    2020.09.17

    クライアントや周りの人が厳しい状況にある・苦しい立場にいる場合、まずはじっくり話に耳を傾けることが大切です。これについては、「経営状況の厳しいクライアントや落ち込む部下に寄り添う対応(傾聴編)」の記事にまとめました。今回は、相談された方が心理的に回復して前に向いていけるような対応についてご紹介します。

  • 第26代自民党総裁に菅氏 政策引き継ぎで消費税率据え置き⁉ 2021年4月からの「総額表示」義務付けで消費意欲に黄信号

    2020.09.14

    9月14日、安倍晋三首相の後継の自民党総裁に菅義偉官房長官(71)が決まった。菅総裁は、大胆な金融政策や機動的な財政政策を中核とするアベノミクス路線の継続を表明。消費税も、安倍首相の「10年は税率を見直さない」との方針を引き継ぐ意思を示している。ただ、消費税率の一時的な減税を行わないとも表明しており、消費税の家計への負担感は続くことになりそうだ。

  • 【無料ウェビナー】「会計士であれば絶対に知っておきたい」デジタル化対応<実践編>

    2020.09.11

    KaikeiZineでは、9月29日(火)、ESG-Techナカチの粂川操氏(元アビームコンサルティング取締役・元トーマツパートナー)とペーパーロジック株式会社代表の横山公一氏(青山綜合会計事務所創業代表者)をお招きして「会計士であれば絶対に知っておきたい」デジタル化実践編講座を開催いたします。

  • はじめて事業資金の借入をするときの基礎知識

    2020.09.10

    新型コロナウイルス感染症の影響が長引いており、経営者にとって先行きの見通しがしづらい状況が続いています。これまで借入をせずに事業を行ってきた会社でも、借入が必要な状況になってきているところがあります。まだ切羽詰まった状況になっていなくても、今後のことを考えて借入を考えている、という話もお聞きします。コロナ禍の中ではじめて借入をしようとされている経営者もいらっしゃいますので、はじめての方向けに金融機関から事業資金を借りる際に一般的にどのような方法があるか、どのようにすればよいのかをご説明します。

  • 会計士 中村亨の「経営の羅針盤」第6回-コロナ禍で改めて問われる「ディフェンス力」の重要性 ~「景気後退期」や「危機下」こそ、財務経理機能をフル回転させよう~

    2020.09.10

    皆さん、こんにちは。今日のコラムでは、経理部や管理部の在り方や存在意義、というものを真正面から取り上げたいと思います。
    切り口を2つ設定しました。
    1つ目は、不景気や業績悪化の折にはどうしてもコストカットの対象になりやすいのが管理部門であるという一般的な風潮があるがそれでいいのだろうか?という視点、2つ目は、1つ目の視点を踏まえての実例をあげ、大企業の再建フェーズにおける財務や経理という機能の重要性という視点で記述したいと思います。それでは今回もよろしくお願いします。

ページ先頭へ