国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

役員退職金の記事一覧

  • 東京地裁 役員退職給与の平均功績倍率算定で一定基準示す

    2017.11.02

    税金の専門紙「週刊税のしるべ」(大蔵財務協会)の10月23日号に掲載されていた「東京地裁処分一部取消し~役員退職給与平均功績倍率の“1.5倍”まで損金算入可」の記事が税理士の中で話題になっている。役員退職給与(役員退職金)については、節税効果が高いため、課税当局と意見が食い違うことも多いが、今回の東京地裁判決は、同業類似法人間における功績倍率の考え方に一石を投じた。

  • 医療法人向け「法人だからこそできる節税テクニック」

    2017.05.15

    医療法人の場合、個人経営の開業医とは異なり「法人だからこそ可能」な節税テクニックが存在する。そこで今回は、ひとり医療法人(ドクターが1人の医療法人)を対象として、役員給与や、従業員に対する生命保険を使った節税策について紹介する。またドクター自身の個人所得税については「個人型401k」を紹介する。

  • 比嘉酒造「残波」課税で注目判決 役員退職金の「適正額」めぐり東京地裁が一部取り消し

    2016.05.20

    泡盛「残波(ざんぱ)」で知られる沖縄県の酒造会社「比嘉酒造」が、国税当局の約1億8千万円の課税処分の取り消しを求めた訴訟で、東京地裁は4月22日、総額約19億円の役員報酬のうち、創業者に対する約6億7千万円の退職慰労金は妥当と認め、約5千万円分の課税を取り消す、同社側一部勝訴の判決を言い渡した。 今回の裁判では、役員退職金をめぐり、興味深い判決となっており、税理士等の専門家の間では関心を呼んでいる。

ページ先頭へ