国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

固定資産の記事一覧

  • 国税庁 豊洲市場移転延期で固定資産の税務処理など明らかに

    2017.06.16

    “東京の台所”と言われる、東京都中央卸売市場の築地から、豊洲への移転問題が依然として決着しない中、東京都は2017年に入り、市場業者への移転延期に伴う費用の損失補償を始めた。一方で国税庁は、豊洲市場に設置したものの、いまだ使用していない固定資産の取扱いや、移転延期に伴う東京都からの補償金の税務処理について明らかにした。

  • 個人事業主必見! 事業で車を使う場合は中古車が有利?

    2017.04.17

    個人事業主の事業支出のうち、仕入れや交通費、得意先との飲食費などが経費になることはイメージしやすいだろう。では、建物や土地、車両などの固定資産を購入した場合はどうだろうか。今回は、減価償却費と呼ばれる費用について紹介していきたい。

  • 不動産所得の経費計上の盲点

    2017.01.20

    不動産所得とは、不動産、不動産のうえに存在する権利、船舶又は航空機の貸付による所得のことである。所得金額は、総収入金額から必要経費と青色申告特別控除を差し引いて計算する(所得金額=総収入金額-【必要経費+青色申告特別控除】)。
    今回はこの必要経費のなかで、特に難しい経費をクローズアップしていきたい。

  • アービトラージが成立する在宅ケアビジネス(特別連載「訪問看護ビジネスで求められる会計人」2回目)

    2016.11.28

    高齢者向けの在宅ケアビジネスでは例外的に、アービトラージ(裁定取引)が成立するビジネスエリアがある。現場では、住宅を供給する市場と介護の現場に生じる価値形成観の違いから成立するこのビジネスを理解し、適切に運用できる会計人へのニーズが高まっている。そこにはどのようなビジネスチャンスがあるのか?訪問看護ステーションの開業と運営を支援し、このビジネスを高齢者が年金の範囲内で安心して暮らせる低価格の「住まい」を提供するサービスとして形にしたインキュベスク株式会社代表取締役 上村隆幸氏が語る。

  • 医療・クリニック従事者必見! 正確な節税で正確な利益を

    2016.08.10

    医療・クリニック従事者は、経費の制限をきちんと理解することが得策だ。そこを理解しているのとしないとでは、大げさにいうと数百万円の差額がでることもあるので、正確な節税で正確な利益を出すことが重要だ。

ページ先頭へ