国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

有限責任あずさ監査法人の記事一覧

  • 2019年版 4大監査法人の業界地図 ~人材から分析~ 報酬・給与ならPwCあらたとEY新日本、賞与が手厚いあずさ

    2019.11.08

    監査法人では、IT人材活用の必要性が叫ばれて久しいですが、条件に見合った人材確保には手を焼いているようです。さらに、政府の進める働き方改革への対応などもあり、採用も含めた人件費は年々増加する傾向にあるようです。4大監査法人の人材への投資傾向について見てみます。

  • 2019年版 4大監査法人の業界地図 ~業績から分析~ 各法人3期比較では増収も利益率は下降傾向に

    2019.10.25

    IT監査の導入や業務の複雑化など、監査法人を取り巻く環境の変化は激しさを増し、業界地図は変動を続けています。前年度はEY新日本が首位を陥落しトーマツがトップとなりましたが、今年度は更なる地図の塗り替えがあったのでしょうか。今期の業績について確認してみましょう。

  • 2017年版 4大監査法人の業界地図 人材から分析

    2019.07.26

    人材難が叫ばれて久しい監査法人業界。会計士試験合格人数の方針が度々変更となったり、税理士法人や一般企業へ転職する資格者も増え、優秀な人材が集まりにくくなってきたといわれている。優秀な人材を呼び込むため各社とも働き方を是正する動きにあり、それは数字にも表れてきているようだ。人材から監査法人業界を俯瞰する。

  • 2017年版 4大監査法人の業界地図 クライアントから分析

    2019.07.19

    業務収入とクライアント数は必ずしも一致せず、業務収入で1位となったトーマツはクライアント数では2位だった。これはクライアントあたりの単価の違いが影響する。BIG4の2017年度の活動について、クライアント面から分析してみよう。

  • 2017年版 4大監査法人の業界地図 業績から分析

    2019.07.12

    企業の会計不祥事が相次いだことによる監査法人業界の激震はいまだ収まらず、2017年度にはとうとう業務収入でトーマツが新日本を抜きトップに立った。BIG4と呼ばれる「新日本有限責任監査法人」「有限責任監査法人トーマツ(以下トーマツ)」「有限責任あずさ監査法人(以下あずさ)」「PwCあらた有限責任監査法人(以下PwCあらた)」の業績から業界地図を見ていこう。

  • 2016年度 4大監査法人の業界地図 人材から分析

    2017.12.26

    監査業務には多くの人手が必要不可欠であり、ある面、総人員数がそのまま会社の力として反映されると言える。その反面、費用のほとんどを人件費で占めるため、高い収益性を生み出すには人件費を抑えることも常に経営課題とあげられる。2016年度のBIG4成績表を、人材の面から振り返ってみる。

  • 2016年度 4大監査法人の業界地図 クライアントから分析

    2017.12.25

    東芝問題に端を発し、新日本監査法人からの顧客流出が起きた当期。激動の中、クライアント数1位をおさめたのは意外にもあの監査法人だった。2016年度の4大監査法人の成績をクライアント数の増減から振り返る。

  • 2016年度 4大監査法人の業界地図 業績から分析

    2017.12.22

    東芝の失墜などにより、監査法人に注目が集まる機会が増えた2016年度。「新日本有限責任監査法人」「有限責任監査法人トーマツ」「有限責任あずさ監査法人」「PwCあらた有限責任監査法人」という4大監査法人の顧客奪い合いも激化している。激動の2016年度監査法人業界について、業績面から振り返る。

  • 4大監査法人の業界地図 クライアントから分析

    2016.09.29

    4大監査法人の勢力を分析するあたっては、どのようなクライアントに関与しているのかも重要な要素だ。今回は4大監査法人のクライアントから、勢力を分析する。

  • 4大監査法人の業界地図 人材から分析

    2016.09.16

    監査市場を席巻する4大監査法人。毎年、公認会計士試験に合格した若手のほとんどを採用しているが、人材面から見た規模は、一体、どういった勢力になっているのだろうか。今回はこの4大監査法人を人材面から分析する。

ページ先頭へ