国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

消費税の記事一覧

  • 消費税の軽減税率 水道水は「水」であるが水でない!?

    2016.04.18

    お店で販売している水は軽減税率の対象で8%だけど、水道水は10%・・・。「え~、嘘でしょ、信じられない」との声も聞こえてくるが、コレ本当の話。国税庁は4月11日、消費税率10%に伴い導入する軽減税率制度についてQ&Aをまとめたが、その中には、どうも納得できない取り扱いも見受けられる。

  • 勘定科目別取引の「課税」「非課税」「免税」「不課税」の課否判定をひと目で解決 「最新版 消費税 課否判定早見表」

    2016.02.19

    消費税の課税事業者が、課税・非課税・免税・不課税の課否判定を正しく行い区分することは、消費税額計算等の税務処理に必須であり、消費税率の引上げに伴いますます重要となります。
    本書は、日常的に行われる具体的な取引を勘定科目別に区分し、取引項目毎に課否判定を表形式によって一目で解決できるよう編集した、職業会計人の方々はもとより法人企業、個人事業者等の消費税事務に携わる方々の必携書です。

  • 【コラム】財務省の花の54年組み 安倍首相肝いりの異例トップ人事

    2016.02.09

    財務省で有名なのが、「花の54年組み」。現在の財務省事務次官である田中一穂氏も、この54年組みの一人。今回は、この「花の54年組み」について紹介する。

  • 新年にかさむ接待交際費 税金優遇は2年延長

    2016.01.05

    新年を迎え、賀詞交換会、新年会に大忙しの人も多いはず。経営者ともなれば、年末年始は、交際費がかなりかさむ。交際費に関しては、この数年、税金の優遇措置が拡大され、平成28年度税制改正では2年延長されることが盛り込まれた。税金のプロフェッショナルのはずの会計人ですら、税務調査で交際費けりに問題ありと指摘されるなんてことも珍しくない。あらためて、交際費課税について考えたい。

  • 消費税増税で調査も更に厳格  不正還付、無申告洗い出し

    2015.12.02

    軽減税率問題でなにかと話題の消費税だが、今後は税務調査でも注目されそうだ。
    消費税は基本、法人税とセット(個人は所得税とセット)で調査されるが、消費税だけで調査される「消費税固有の調査」というものもある。税率が8%から10%になれば、1億円の儲けで単純に800万円から1千万円と、200万円も消費税を多く納める必要がでてくる。税金が増えれば、そこには「なんとか取り戻そう」という意識も出てくるもので、課税当局では不正申告に網を張っていく。

ページ先頭へ