国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

消費税の記事一覧

  • リバースチャージで申告漏れ指摘  課税当局は消費税を狙い撃ち

    2018.10.01

    訪日外国人客を受け入れているホテル業者が、海外で宿泊予約サイトを運営する業者との取引をめぐり、課税当局より相次いで消費税の申告漏れを指摘されている。2015年に導入された「リバースチャージ」の理解不足が一因のようだ。

  • 女性記者のひとりごと vol.41 軽減税率

    2018.09.12

    「消費増税は悪」みたいなテイストで記事を書くこともあるのだが、心の中では大賛成。ここだけの話、20%ぐらいまで上げてもいいんじゃないかとすら思っている。その代わり、法人税や所得税や相続税なんかはとことん下げて北欧の多くの国がそうであるように社会保障をとことん手厚くして…。医療費や教育費なんかはタダにすればいい。

  • 元国税庁国際担当官 多田恭章の海外取引に関する税金知識:『平成29年度 査察の概要』を公表~消費税不正還付への取組強化

    2018.08.07

    国税庁がこのほど公表した『平成29年度 査察の概要』によれば、平成29年度においては、消費税の輸出免税制度などを悪用した消費税受還付事案などに積極的に取り組み、過去5年間で最も多くの告発が行われました。こうした消費税受還付事案は、国庫金の詐取ともいえる悪質性の高いものであることから今後も積極的に取り組むとしています。

  • 国税庁 「灘五郷」「北海道」を地理的表示制度の産地名に指定

    2018.06.29

    酒の製造及び販売業は、酒税や消費税がかかることから国税庁が免許を出している。つまり、酒に係る事業においての管轄行政庁は国税庁なのだ。その国税庁が6月28日、酒類の地理的表示制度の新たな「産地名」として、清酒で兵庫県の「灘五郷」、ぶどう酒で「北海道」を指定した。国内における日本酒の産地指定としては3事例目。果実酒は2事例目になる。

  • 国税庁 マル査のターゲットは消費税受還付事案、国際事案

    2018.06.25

    国税庁はこのほど、平成29年度査察事績、いわゆる「マルサ白書」を公表した。同年度に全国の国税局・所の査察が行った告発件数は113件で、昨年度に続いて消費税の輸出免税制度を利用した不正還付事案については積極的に取り組んだことを明らかにしている。

  • 【“旅する女性タックスアドバイザー” 世界の税金問題】第9回/イギリスの付加価値税と日本の消費税、それぞれの軽減税率は?

    2018.05.24

    人気連載第9弾! 東京、ニューヨーク、香港と渡り歩いた“旅するタックスアドバイザー”マリアが、あらゆる国の税に関するエピソードをご紹介。今回は、旅行で訪れたイギリスの、付加価値税についてご説明します。イギリスをはじめとするOECD(経済協力開発機構)加盟国と比べると、日本の消費税率は一見低く感じられますが……?

  • 2019年10月の消費税率10%引き上げは実現されるのか  財務省の力がそがれるなか自民若手議員からも反対の声

    2018.05.16

    ここにきて、2019年10月からの消費税10%への引き上げに、「待った!」をかける動きが出てきた。それも共産党を始めとした野党でなく、自民党内からの動きだけに無視できない状況になりつつある。消費税10%への引き上げは、家計を預かる主婦を中心に反対の声も多く、2019年夏に予定されている参議院選挙に大きく影響してくることが予想される。安倍政権に対する支持率が芳しくない中、再度10%引き上げの延長の牽引役となるか注目される。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~日本建設業連合会の印紙税廃止要望~

    2018.04.12

    税制改正に当たっては、多くの関係団体が税制改正要望を提言します。例えば、日本医師会は、社会保険診療報酬等に対応する部分の消費税の仕入税額控除の制度見直しを要望していますし、かつて、日本新聞協会は、新聞等に消費税の軽減税率を適用するよう求める声明を発表しています。このように各団体が各々に関係する税制改正を要望しているところですが、今回は日本建設業連合会の印紙税廃止要望を参考に、こうした税制改正要望を確認してみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~仮想通貨の譲渡問題 制定されない政令~

    2017.10.27

    最近ビットコインをはじめとする仮想通貨が注目を集めています。仮想通貨によりオンライン決済を行うことのできる取引等が急増している中、我が国の租税法もそれに対応すべく、平成29年度税制改正において仮想通貨に係る消費税の取扱いについての見直しがなされ、また、国税庁のタックスアンサーでは、ビットコインを使用することにより利益が生じた場合における所得税法上の取扱いが公表されました。今回は消費税法とその政令に焦点を当て、実定法上の根拠を探ってみましょう。

  • 元国税庁国際担当官 多田恭章の海外取引に関する税金知識:消費税 免税制度を悪用し70億不正還付

    2017.10.17

    海外観光客向けの免税店を運営する法人が、消費税の免税制度を悪用して約70億円の不正還付を受けていたとの報道がありました。近年、こうした消費税の不正還付は増加しており、消費税率10%への引き上げが予定される中、国税当局も監視を強めています。

ページ先頭へ