国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

消費税の記事一覧

  • インボイス制度 10月から適格請求書発行事業者登録は4万6496件

    2021.12.16

    2023年10月から導入される消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)の適格請求書発行事業者の事前登録が10月1日からスタートした。初月の登録件数は4万6496件だったが、記載漏れや記載の誤りなども多く、国税庁は11月5日、登録申請の記載において特に注意すべき事項を示した。

  • 来年1月からの新・電子帳簿保存法…紙の保存はアウト?個人事業主が押さえるべきポイントを解説

    2021.10.21

    令和4年1月1日から新しい電子帳簿保存法がスタートします。これまでの電子帳簿保存法より大幅に条件が緩和されたため、税務関係書類のデータ保管がしやすくなりました。反面、うっかりすると青色申告の承認が取り消される可能性も。今回、個人事業主が絶対に押さえておきたいポイントを解説します。

  • 「雑損控除」だけじゃない!災害時に事業主を助ける税務上の救済措置

    2021.09.29

    地震や台風といった自然災害が増えています。油断していると、いざ被災したときにあわてるかもしれません。特に怖いのが税金です。「申告と納税は待ったなし」だからです。けれど、きちんと手続きすれば負担を軽くできます。有名なのは「雑損控除」ですが、それ以外も知っておいた方がいいかもしれません。

  • 今年10月から登録が始まる「消費税のインボイス制度」基本と注意点を解説(後編)

    2021.09.22

    今回は、インボイス制度の記事の最後になります。中編では、インボイス発行側の注意点をお伝えしました。後編ではインボイスを受け取る側(仕入側)の注意点を解説します。なお前回に引き続き、正式名称は「適格請求書」ですが、わかりやすくするために「インボイス」と呼ぶことにします。

  • 今年10月から登録が始まる「消費税のインボイス制度」基本と注意点を解説(中編)

    2021.09.16

    前編、消費税のしくみからインボイス制度の基本を解説しました。今回以降、この制度の注意点や起こりうる現象についてお伝えします。インボイス制度は非常に複雑です。発行側も受け取る側も混乱する可能性があります。

    なお、この制度に則った請求書や領収書は本来「適格請求書」と言いますが、本稿ではイメージしやすくするため、あえて「インボイス」とします。
    (2021年9月21日追記)

  • 今年10月から登録が始まる「消費税のインボイス制度」基本と注意点を解説(前編)

    2021.09.10

    消費税のインボイス制度が令和5年10月から始まります。「しばらく先だからまだ大丈夫」と思いたいところです。しかし実はこの制度、いくつか条件があります。そして、その条件の一つである「インボイスの発行事業者の登録」が今年10月からスタートします。消費税の制度としての複雑さも考えると、あまりのんびりしていられないのです。

  • 高度な税務判断が必要なときに頼れる会計事務所のサポーター【租税調査研究会】<PR>

    2021.08.24

    経済活動の複雑化・グローバル化に伴い、税務も高度化しており、判断に悩む税理士は多い。そこで、国税当局の目線・視点から会計事務所にアドバイスをする国税OBによる相談サービスを利用したり、国税OBを顧問として迎えたりしている会計事務所は少なくない。一般社団法人租税調査研究会(代表理事:武田恒男税理士)も、そんな国税OB税理士の会計事務所向けサービス提供団体の一つ。現在、各税目のスペシャリスト50名弱が研究員・主任研究員として在職しているが、今回は審理相談を担当する野末英男氏(主に源泉所得税)、能渡洋一氏(主に消費税、印紙税)に話を伺った。(取材=KaikeiZine編集部、撮影=堅田ひとみ)

  • 暗号資産(仮想通貨)のレンディング利息は消費税がかかる?しくみと対策を解説

    2021.07.15

    「暗号資産レンディングの利息は消費税の課税対象」――。この一言が国税庁のFAQに加わり、一時、投資家たちは騒然としました。なぜレンディング利息が課税対象となるのか。今回はこのしくみを解説します。

  • 非課税限度額を超える通勤手当は課税仕入れに該当しないとされた事例【消費税/請求棄却】元国税審判官が解説 公表裁決から学ぶ税務判断のポイント(第25回)

    2021.07.12

    自動車通勤者に対する通勤手当について、消費税等の課税仕入れに算入されるのは、業務上の必要性に基づく支出の実費弁償としてのガソリン代や通行料等に限られるが、一方で、所得税法上の非課税限度額についても課税仕入れとして取り扱っても差し支えないとされているため、結果的に、実費としてのガソリン代・通行料等か、非課税限度額のいずれか大きい方をもって消費税の課税仕入れに算入するという判断が示されました。

  • コロナ禍で大注目!「消費税の中間納付」〜個人事業者編〜

    2021.06.18

    コロナ禍で多くの事業者が不安定な経営を強いられる中、消費税の中間納付の捉え方が改めて見直されている。「単なる前納じゃないか」と思っていたら大間違い。向き合い方次第で資金繰りに大きく影響してくるため、いま一度基本を見直しておきたい。

ページ先頭へ