国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

税金対策の記事一覧

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~国税通則法の煽動罪と、平和の扇動者チャップリン~

    2018.01.18

    国税通則法126条1項には「煽動」をした者に対する罪が設けられています。平成29年度税制改正により改正された同規定は、いよいよ本年4月1日より施行されますが、同条項にいう「煽動」とは、果たしていかなる意味を有するのでしょうか。国税犯則取締法の廃止とともに国税通則法内に創設された同条項について、今回は、「平和の扇動者」であるチャップリンの名演説と併せてこの規定を考えてみましょう。

  • 同性愛カップルの相続事情 「養子」で税金対策も課題山積み

    2017.03.31

    渋谷区等でパートナーシップ条例が施行されるなど、近年同性同士の結婚について注目されることが多くなってきた。同性同士の結婚が現実味を帯びてくる中、浮き彫りになってきたのが、相続の問題だ。現状同性カップルが日本国内で行える相続税対策はあまり多くはない。現時点で行える相続税対策について整理してみよう。

  • 「年末ジャンボ宝くじ」賞金を親にあげたら税金が掛かる 事前対策で税金問題を回避

    2016.11.28

    1年の締め、「年末ジャンボ宝くじ」の季節がやってきた。今年の年末ジャンボは1等・前後賞合わせて10億円。1等は25本と狭き門だが、「もし当たったら、親に1億円ぐらいはあげようか」など、妄想をする人もいるのではないだろうか。ただ、忘れてならないのは税金問題だ。贈与税なども考えながら、宝くじが当たった場合の対処法について考えてみる。

ページ先頭へ