国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

譲渡所得の記事一覧

  • 加々美 孝二氏

    国内、国際の資産税経験を活かして会計事務所からの相談に対応【租税調査研究会】<PR>

    2021.09.08

    一般社団法人租税調査研究会(代表理事=武田恒男税理士)は、国税当局の実務畑で主要ポジションを務めてきた各税法の専門家が集い、会計事務所を支援する団体。主要サービスの中には、高度な税務判断が必要な場合の質問・相談対応サービスがある。ここでは、各税目のスペシャリスト50名弱の研究員のうち、資産税担当の加々美 孝二税理士に話を伺った。
    (取材=KaikeiZine編集部、撮影=堅田ひとみ)

  • 古原 正昭氏1

    相続税調査の実務経験が会計事務所には貴重なアドバイス【租税調査研究会】<PR>

    2021.09.01

    国税OBから構成されている一般社団法人租税調査研究会(代表理事:武田恒男税理士)には、各税目のスペシャリスト50名弱の研究員がいる。今回は、租税調査研究会立ち上げ時から、資産税の相談対応を行う主任研究員である古原 正昭税理士に話を伺った。
    (取材=KaikeiZine編集部、撮影=堅田ひとみ)

  • 資産課税の国税OBは少数。会計事務所の先輩が増えたと思って気軽に聞いてほしい。【租税調査研究会】<PR>

    2021.08.25

    相続税、贈与税、譲渡所得は毎年申告する必要がないため、間違いや申告漏れをしやすい。国税OBを顧問にしている会計事務所もあるが、国税の中でも資産税を専門としている職員は全体の約7%ともいわれており、専門外で適切な回答が得られないという場合もある。租税調査研究会では、資産税を専門としている国税OBの研究員が複数名いる。今回は主任研究員である坂本 明美氏(主に資産税担当)に話を伺った。(取材=KaikeiZine編集部、撮影=堅田ひとみ)

  • 譲渡所得の計算上、取得費に加算される相続税額の計算に誤りがあるとされた事例【所得税/一部取消し】元国税審判官が解説 公表裁決から学ぶ税務判断のポイント(第23回)

    2021.06.14

    相続により取得した土地(貸家建付地)に借地権を設定した場合の譲渡所得の計算に際し、取得費に加算される相続税額の計算において、当該土地の相続税評価額(貸家建付地評価額)そのものを「譲渡をした資産の当該課税価格の計算の基礎に算入された価額」とした請求人の計算方法は誤りであり、同貸家建付地評価額に借地権割合を乗じた価額とすべきであるという判断が示されました。

  • 2021年版マイホームを売って利益が出た 所得税確定申告書の書き方講座

    2021.02.05

    コロナ禍において、マイホームの売却例が増えていると言われています。売却し購入時より高く売れた場合は、その利益に対し税金がかかってくるので、所得税の確定申告を行わなければなりません。ただし、マイホームだけに売却しても新しく住むための家を購入・賃貸等する必要があるわけで、他の財産のように利益全額に税金がかかるわけではありません。どういった場合に税金がかかり、どう申告を行うかについて解説します。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~「地金」の売却に係る税負担~

    2021.01.14

    「地金」の売却による所得は「資産の譲渡による所得」であることから、所得税法上、譲渡所得に該当します。ただし、営利を目的として継続的に売買をしている場合の所得は、譲渡所得とはならずに、その実態により事業所得又は雑所得として総合課税の対象になりましょう。地金というと高級な金属というイメージがありますが、今回は「地金」について考えます。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~桐のタンス~

    2020.06.25

    かつて、物品税法の下では、婚礼家具など高級収納家具を奢侈品と認定しており、製造工場からの蔵出し価格に20%の物品税を課していた時代がありました。家具物品税は、製造工場蔵出し価格について、昭和22年から25年まで30%、26年に20%の物品税が継続していました。さて、こうした婚礼家具の代表的なものに桐タンスがありますが、今回はかかる物品を巡る課税関係を考えます。

  • 令和元年度確定申告 源泉徴収票などの添付が不要に

    2020.02.20

    令和元年度の確定申告が2月17日からスタートした。3月16日までの約1カ月間、税業界は年一番の忙しさになるが、今年の確定申告は、平成から令和への改元にともない「令和元年分以降用」として確定申告書類が新しくなるなど、いくつか変更点があるので注意したい。

  • 暗号資産(仮想通貨)の税制

    暗号資産(仮想通貨)税制 参院財務金融委員会で「雑所得」から「譲渡所得」に変更すべきと指摘

    2019.05.17

    国税庁は5月14日、参議院財政金融委員会において、日本維新の会の藤巻健史議員の暗号資産(仮想通貨)の税制に関する質問を受けて、税制上で雑所得に分類されるというこれまでの見解に変更はないと述べた。藤巻議員は、5月9日に日銀の黒田総裁が「仮想通貨は支払い決済に使われていない」という実態を認めたことを受けて、国税庁は法律上における定義に固執していると厳しく指摘した。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~復興の象徴としてのチューリップ~

    2018.04.26

    昨年、被災地復興のため、オランダから仙台市へ、同国の国花であるチューリップの球根が寄贈されました。花の色はもちろんのこと、その形や香り、模様など、多くの品種があることで人気を誇るチューリップですが、かつてオランダにて投機バブルを引き起こしたこともある花として有名です。今回はそうしたチューリップにまつわる話をしてみましょう。

ページ先頭へ