国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

RPAの記事一覧

  • すべての経済活動をデジタル化する。会計業界に懸ける思いとは/後編 【株式会社LayerX 石黒卓弥氏・後神勇次氏】

    2021.10.08

    前編では株式会社LayerXの石黒卓弥氏・後神勇次氏にLayerXで働く上でのやりがいやLayerX インボイスを導入するにあたってのメリット、導入しているお客様からのリアルな声などを伺った。後編では他社請求書クラウドサービスとの違いやこれからの会計業界への期待について伺った。(取材:KaikeiZine編集部)

  • すべての経済活動をデジタル化する。会計業界に懸ける思いとは/前編 【株式会社LayerX 石黒卓弥氏・後神勇次氏】

    2021.10.05

    今回話を伺ったのは株式会社LayerX石黒卓弥氏・後神勇次氏。“すべての経済活動をデジタル化する。”というミッションを掲げている同社。会計事務所、税理士法人でのデジタル化をさらに進めていきたいと語るお二人に、請求書AIクラウド LayerX インボイスの導入についてのメリットや、実際に導入をしたお客様からのリアルな声などを伺った。(取材:KaikeiZine編集部)

  • 「会計事務所向けRPA活用セミナー(Zoomウェビナー)」開催のお知らせ<PR>

    2021.09.30

    6~7月にかけて開催した「会計事務所様向けRPA活用セミナー」が大変ご好評をいただいたため、再度開催させていただく事になりました。
    次の繁忙期こそはRPAを導入したい、RPAを導入してみたけど、あまり効果が出ていない、などのお悩みをお持ちの会計事務所様は必見です!

  • 会計事務所の置かれている現状と課題をインタビュー!税理士が生き残るための対策をわかりやすく解説 一般社団法人中小企業税務経営研究協会様

    2021.06.24

    昨今、AIやRPAの導入が進むことにより多くの職業がなくなると予想され、税理士もその職業の1つに含まれているといわれています。さらに、新型コロナウイルスによる経済縮小で、顧客の売上が減少し顧問契約を解除されてしまう会計事務所も散見されます。

    しかし、このコロナ禍でも財務整理以外の付加価値を付けた戦略を取り入れることで、会計事務所の売上を向上させる戦略が実在します。

    今回は、税理士・税理士法人300事務所以上の協会員支援を行う、一般社団法人中小企業税務経営研究協会の藏田 陽一代表理事、大野 晃理事にお話を伺いました。

  • 「会計事務所向けRPA活用セミナー(Zoomウェビナー)」開催のお知らせ<PR>

    2021.06.21

    会計事務所の繁忙期もひと段落し、この夏こそDXに取り組もうという事務所様からの、
    お問い合わせが非常に増えています。
    そこで、会計事務所様向けRPA活用セミナーを緊急開催することにいたしました!

  • 会計事務所のRPA導入支援 業務を熟知しているコンサル会社だから総合サポート~アシモフ ロボティクス~

    2021.01.28

    会計事務所でのRPA(Robotic Process Automation=「業務自動化ツール」)活用に関心が高まるなか、ASIMOV ROBOTICS株式会社(東京・千代田区、代表取締役CEO=藤森恵子税理士・公認会計士)は、会計事務所業務向けのRPA導入支援に強みを持ち、注目を集めている。RPAは、これまで人間が行ってきた業務を自動的に行ってくれるツールだが、会計事務所がRPA導入を導入する場合、ロボット開発をはじめ、ロボットにどこまでの業務やらせるか、管理・運用体制のロードマップが描けず高いハードルになっていた。

  • 【会計事務所RPA研究会/オンラインイベント】会計事務所RPAサミット2020<PR>

    2020.05.22

    全国のRPAを活用している最先端会計事務所が有事の事態をどう考え、終息後はどんな新世界を想像しているか?をパネルディスカッション形式で行われるオンラインイベントです。

  • 純国産RPA『Robo-Pat』について解説

    2020.03.31

    RPAにはクラウド型とオンプレミス型(以下、オンプレ型)の2種類が存在しますが、本記事では純国産RPAと言われている『Robo-Pat』の紹介と解説を致します。使いやすさや機能のバージョンアップが頻繁に行われている同製品は、満足度も高く継続率も高いです。

  • 国産クラウド型RPA『BizteX cobit』について解説

    2020.03.30

    RPAにはクラウド型とオンプレミス型(以下、オンプレ型)の2種類が存在しますが、本記事では国内初のクラウド型RPAと言われている『BizteX cobit』の紹介と解説を致します。導入社数を伸ばし、知名度も高くなってきた本ツールの特長や、動画を利用して実際の操作画面をご覧いただきます。

  • クラウド型RPAとオンプレ型RPAの違い

    2020.03.30

    RPAにはクラウド型とオンプレミス型(以下、オンプレ型)の2種類が存在します。クラウド型は、ログインURLとログインIDとパスワードがあればどのパソコンからでもアクセスすることができます。一方オンプレ型は一つのパソコンに1つのRPAをインストールして実行するタイプのものなので、まずは部署や小さな組織から導入して徐々に全社的にRPAを普及させていくのに向いています。本記事ではそれぞれの違いや特長を解説します。

ページ先頭へ