国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • 税金・会計ニュース
  • 会計事務所のRPA導入支援 業務を熟知しているコンサル会社だから総合サポート~アシモフ ロボティクス~

会計事務所のRPA導入支援 業務を熟知しているコンサル会社だから総合サポート~アシモフ ロボティクス~

会計事務所でのRPA(Robotic Process Automation=「業務自動化ツール」)活用に関心が高まるなか、ASIMOV ROBOTICS株式会社(東京・千代田区、代表取締役CEO=藤森恵子税理士・公認会計士)は、会計事務所業務向けのRPA導入支援に強みを持ち、注目を集めている。RPAは、これまで人間が行ってきた業務を自動的に行ってくれるツールだが、会計事務所がRPA導入を導入する場合、ロボット開発をはじめ、ロボットにどこまでの業務やらせるか、管理・運用体制のロードマップが描けず高いハードルになっていた。

RPAは、人間がコンピュータを操作して行う作業を、ソフトウェアが自動的に代替して行ってくれるもの。つまり、人間の代わりに業務をこなしてくれる自動化ツールだ。

従来の自動化ツールとの大きな違いは、自動化ソフトウェアの開発とは異なり、RPAではプログラミングなどの知識がなくても専用のツールを用いてコンピュータに作業手順を教え込ませ、人間が行っていた作業を自動的に実行できること。IT技術者やシステム開発者が専従で携わらなくても現場の作業者のみで自動化を進めることができる。

バックグラウンド業務や経理業務などに導入されることが多く、これまで人が当たり前にやっていた業務を機械が行ってくれるため、人手不足問題の解消だけでなく、人的ミスの解消にも効果があると期待されている。会計事務所が行う記帳代行業務などのデータ入力などは、職員が行う場合、打ち間違え、見間違いなどにより、ミスが生じてしまう可能性があるが、これをRPAでコンピュータに自動的にやらせることで、ミスを圧倒的に防ぐことが期待できる。

そのため、RPAは多くの企業が人件費削減や業務効率のアップを目的に導入を開始。会計事務所においても、この数年の人手不足問題や業務効率化への課題解決手段として、RPAに対する関心が高まってきた。

しかし、会計事務所での導入に際しては、十分に活用しきれず無駄になってしまうケースや導入後に新たな問題が発生してしまうなど、失敗に終わってしまうことも少なく、高いハードルとなっている。

1 2
ページ先頭へ