国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • キャリア・お仕事
  • 人に語り継がれていくような人材を輩出させる。起業支援専門税理士が語る組織においての教育手法【株式会社 start-with/荻島会計事務所 荻島 宏之氏】

人に語り継がれていくような人材を輩出させる。起業支援専門税理士が語る組織においての教育手法【株式会社 start-with/荻島会計事務所 荻島 宏之氏】

今回の実力派会計人は、東京都・新宿区において起業や新規事業支援を行っている税理士・荻島 宏之氏。ビジネスのスタートを共に考え、会計税務の分野でサポートを行っている同会計事務所だが、所内の教育にも力を入れている。自ら考え道を切り拓ける人材に育てていきたいと語る荻島氏の組織おいての教育方法、そして今後の展望について話を伺った。(取材・撮影:レックスアドバイザーズ 村松)

志ある経営者のビジョンを共に実現したい

税理士を志したきっかけを教えてください。

荻島:大学に入った段階で、はっきりと税理士になりたいと思って始めたわけではありません。大学3年生で就職活動をするような時期になったものの、まだちゃんと将来のことを考えていなくて親に怒られ、税理士試験の勉強を始めることにしました。

勉強を始めた段階では税金の計算をする仕事かと思っていたのですが、調べてみると税務のプロとして中小企業の経営者を支えていく、経営全般を応援できる仕事だということを知りました。これを面白そうだと思えたのも勉強に打ち込めた理由の一つです。私は目の前のものに全力でやっていくタイプなので、始めたからには5年以外に絶対受かろうという気持ちで取り組みました。最初に就職したときも、中小企業の経営全般をサポートすると理念で掲げている事務所に行かせていただきました。

その後、独立をした際にも「志ある経営者のビジョンを共に実現したい」という気持ちは変わりませんでした。未来に向かって真剣にチャレンジしている経営者のサポートをすること。世の中に笑顔を生み出す、価値を提供しようとしている経営者を支援したいと思っています。

しかし、経営者自身が未来に向かって何を目指しているのか、いわゆるビジョンが明確ではない場合も多いものです。そしてビジョンは、会社のフェーズによっても変わってきます。最初は「儲けたい」からスタートすることももちろんあるでしょう。しかしその後、従業員を雇う段階になると「なぜ自分がこの仕事をしていて、一緒に働く社員がいるのか」というところにも思い至るはずです。そのときに「一緒に働いている社員を幸せにしたい」とか、「今こうして働けているのは、日本が平和であるからだ」というように思うかもしれません。そういう段階になれば確固たる理念も生まれてきます。なかったとしても、経営者の中に生まれた目標の萌芽を我々と一緒に育てていくこともできます。

会計事務所として、経営者が今何をすべきかを一緒に考えることができるポジションに居れば、その会社が今「何をしなければならないか」ということの第一発見者になれるのです。答えは私たちが出すものではなく、経営者の中にあります。すぐに出なくても、私たちがお手伝いをして答えを出していただけるようにする。整理ができていないのなら、整理をするお手伝いをする。全て経営者ありきです。そして引き出すためには、相手の話を聞くことが必要です。相手を知ろうと思う気持ちと、相手が一歩でも前進する手伝いができないかと考え続けることが、良い問いを生むのです。

経営者の本質を知り自ら考えて道を切り開ける人材に

<聞くことの技術>を貴社ではどのように教育されていますか。

荻島:まずは相手に関心を持つことだと伝えています。そうすれば自然と良い問いかけができます。所員には「まずはお客様のことを知ろう。お金のことだけではなく、事業の内容を知ろう。さらに経営者本人について知ろう。」とよく言います。帳簿のことだけを話すのではなく、経営者ご本人の人柄やそれまでの人生を聞くことで、こちらも経営者の理念に寄り添ったご提案ができるようになります。

このためには、相手の考えを前進させるような問いかけが必要です。このハードルは高いですがチャレンジのしがいはあります。今までの会計税務とは違ったハードルの高さになりますが、これを乗り越えることにはやりがいがありますし、AIに負けない人材として生き残るためにも必要なのです。

弊社では、お客様からじっくりお話を聞くために、作業をするスタッフとお客様対応をするスタッフを分けて、製販分離をしています。

また、いわゆる入力作業専門のスタッフについても、今までは直接お客様とやりとりする機会は無かったのですが、これからは「アウトソーシングの担当者」として直接お客様対応をする仕組みに変えていこうと考えています。

また、所員には、自分がどんな人材になりたいかを考えてもらうようにしています。これからは、よりAIが発達しますし、現在アシスタントをしているスタッフも作業をするだけのキャリアでいては仕事がなくなっていきます。それに備えて、どういったキャリアを築いていけばいいのか考えてもらいたい。自分で考えておけば、この事務所内でも、もし他の会社に行ったとしても、主体的に組織について考え、提案することができます。

余談ですが、顧客担当者向けの研修を社内で行ったときに、目標を最後に作ったのですが、顧客対応の技術についてはもちろんですが、最後に「そして伝説へ…」という目標を入れました(笑)。伝説というとオーバーですが、伝説とは人に語らずにはいられない経験が語り継がれることです。「〇〇さんにやってもらったら、こうなったよ!」と人に語りたくなるような人材を輩出していきたいと私は考えています。

今後の展望-倫理観をもった税理士が、志のある経営者を支援する

一般社団法人いい税理士協会の理事をしていらっしゃいます。どのような組織でしょうか。

荻島:まず背景からお話しすると、経営者という立場で、社員一人ひとりがどんな環境でどんな仕事をしていたとしても自分自身で考えて道を拓ける人材になっていってほしいと思っています。経営者としては、顧客満足と社員満足の両方を考える必要がありますが、どちらに重きを置くかによって経営者としてのスタイルが変わります。実現していくことは同じだとしても、顧客に対して価値を提供することを目的にどう組織を作るかと考えるか、社員を育てれば顧客に対してもきちんと対応できると考えるか、といった違いです。

私の場合は、社員を育てる方を重視しています。今いる、もしくはこれから入社する社員一人ひとりが、極端にいえばこの事務所がなくなったとしても金銭的にもやりがい的にも幸せな人生を送れるよう、この事務所で力を付けてほしいと思っています。

「いい税理士協会」とは、「いい税理士」と言われる人たちを世の中に増やすことで「いい会社」を増やす、そして日本全国を元気にするという趣旨の組織です。倫理観を持ち、同じ志を持った税理士が集まって、切磋琢磨していきたいと思っています。

私の好きな言葉に「道徳なき経済は罪悪であり、経済なき道徳は寝言である」というものがあります。中小企業を支援していこうと考えるいい税理士さんが増えれば、経済的な面から豊かになっていくはずです。「応援したい(=志ある)経営者」という当事務所のミッションにも重なりますが、自分だけ儲ければいいというようなビジネスは良くない。しかしいくら良いことを言っていても、経済的に結果がでなければ良いことが実現していかない。だから道徳とビジネスが両立できる世の中にしていくことが必要です。倫理観を持った税理士が、経営者の方々の理念を実現していくお手伝いをしていくことが重要だと思っています。

事務所も私自身も、一つのモデルケースになれるように努力したいと思っています。あるとき、あるテレビのディレクターさんが取材にいらして「中小企業を税理士が支えるというのは、どういう点で支えられるんですか?」と聞かれたことがありました。やはり世間では税理士が中小企業を支えるというイメージが湧かないのだと思います。税理士受験生が減っている中、税理士の魅力度を上げることも協会の一つの使命です。

倫理観をもった税理士が、志のある経営者を支援する。そしてその経営者が日本を良くする。そういったいい循環を世の中に発信していきたいです。

 

【編集後記】

志ある経営者を支援する、志ある税理士を輩出する。ご自身が率先してビジョンを掲げ具体的な取り組みを実行されていることを伺うことができました。荻島先生、ありがとうございました!

株式会社start-with 荻島会計事務所

●設立

2013年6月1日

●所在地

東京都新宿区新宿3-3-9 新宿伍名館6N

●理念

志ある経営者のビジョンを共に実現したい

●企業URL

https://www.start-with.co.jp/

 

著者: KaikeiZine編集部

KaikeiZine

租税調査研究会が監修する税金・会計の総合ニュースメディアです。税金・会計に関するさまざまなニュースを、わかりやすくお届けします!
■運営会社 株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/
■監修 税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/

ページ先頭へ