国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • やさしく解説コロナにまつわるお金のニュース

やさしく解説コロナにまつわるお金のニュースの記事一覧

  • 今後注目の「事業再構築補助金」について

    2021.01.19

    令和2年度第3次補正予算が12月に閣議決定されて、中小企業向けの主な施策が見えてきました。新型コロナウイルス感染症の影響が続く中で、生活や社会の変化への対応を支援する施策が設けられています。その中で、新事業の展開や業態転換を支援する「事業再構築補助金」に大きな予算が盛り込まれています。この事業再構築補助金について、現在分かっている情報をお伝えします。

  • 【雑所得・給与所得限定】持続化給付金の受給要件まとめと確定申告

    2021.01.15

    今月29日から雑所得・給与所得のフリーランスも持続化給付金の申請ができます。嬉しい反面、一般の会社員やパート・バイト、副業収入とどう区別をつけるのかが気になるところです。今回は申請の要件や注意点について解説します。(2020年6月29日公開、2021年1月15日追記)

  • 雇用調整助成金の再延長と教育訓練加算の特例について

    2021.01.13

    新型コロナウイルス感染症の影響による雇用調整助成金の特例が、2021年2月末まで再延長されています。新型コロナの再拡大に伴って、雇用調整助成金の特例も更なる延長がなされる可能性があります。
    また、単に従業員に休業をさせただけでなく、教育訓練(研修)を行った場合、助成金の上乗せがあります。雇用調整助成金の教育訓練加算についても説明します。

  • 期限が迫る、新型コロナ関係の補助金・助成金・給付金の最新情報

    2021.01.05

    新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者に向けて設けられた給付金や補助金などで申請期限を迎えるものがあります。今後、追加の募集や類似の制度が設けられる可能性はありますが、現在公表されている期限について確認しておきましょう。

  • 注目の資金調達制度「資本性ローン」の仕組みと注意点

    2020.11.26

    新型コロナウイルス感染症の影響で財務状況が悪化している企業に対して、資本性劣後ローンを含む金融支援が打ち出されています。これに関してニュースで目にした方もいらっしゃると思いますが、資本性劣後ローンはあまり聞き慣れない言葉かもしれません。そこで資本性劣後ローンの基本的な仕組みや注意点について説明いたします。

  • 売掛債権を活用した資金調達(ファクタリング、ABL融資)の仕組み

    2020.11.21

    新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、資金繰りが厳しくなっている企業も多くなっています。一方で、資金調達の方法が多様化しており、企業としては以前より資金調達の選択肢が増えています。ここでは、近年注目されている資金調達方法の1つである、売掛債権を活用した資金調達方法について、基本的な仕組みを説明します。

  • 小規模事業者持続化補助金は12月10日〆で終了!内容をおさらいしよう

    2020.11.17

    今年はコロナ禍で小規模事業者持続化補助金のコロナ特別枠が注目されました。本来、第4次募集で締め切るはずでしたが、現在、第5次募集が行われています。最後の募集にあたり、今一度内容をおさらいしましょう。
    ※2020/11/18 「最後の申請時の注意点」について加筆・修正しました。

  • 自社で活用できる補助金や助成金の上手な探し方をご紹介します

    2020.10.21

    新型コロナウイルス感染症の影響でさまざまな補助金や助成金が設けられています。経済産業省や厚生労働省など国が行っているものもあれば、各自治体で行っているものもあります。また、コロナ関連以外でも多くの補助金や助成金があります。しかし、たくさんあるためにどのような補助金があるか分かりにくい、どこをどう探せばよいか分からないという声も聞かれます。そこで、補助金や助成金の探し方をご紹介します。

  • 住居確保給付金 新型コロナの影響で申請急増 求職要件が不要で最高9カ月支援

    2020.10.16

    厚生労働省は10月15日、家賃の支払いに困っている人に対して公費で補助する「住居確保給付金」の申請が、4~8月で計約10万9千件に上ることを明らかにした。このうち支給が決まったのは約88%に当たる約9万6千件となっている。「住居確保給付金」とはどのような制度なのだろうか。

  • 「雇用調整助成金」の延長と申請方法(最新版)

    2020.10.15

    新型コロナウイルス感染症の影響で、失業者の増加や大企業でのリストラ実施などがニュースで報じられています。雇用維持を支援するために、企業が従業員を休業させた場合などに支給される雇用調整助成金が設けられています。この雇用調整助成金について、新型コロナウイルス感染症の影響で事業活動の縮小を余儀なくされた場合には、助成率や上限額引き上げなどの特例措置がなされています。この特例措置が延長されており、雇用調整助成金の申請方法が以前よりも簡略化されておりますので、これらの最新情報をご説明します。

ページ先頭へ