国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

キャリアの記事一覧

  • 財務をベースにしたコーチング支援を成功!顧客・社員満足度を向上させた会計事務所の事例【税理士法人ブラザシップ 松原潤氏】

    2021.04.19

    財務をベースにしたコーチング支援を得意とする税理士法人ブラザシップはそのサービスの質の高さから、お客様との契約継続率は、税務で99%、経営(コンサルティング)支援でも98%とかなりの高水準となっています。今回は代表の松原潤氏に財務の重要性や高品質サービスを提供している組織作りなどについてお話を伺いました。(取材・撮影/レックアドバイザーズ 村松)

  • 新たな会計業界の道を照らし、更なる高みを目指して【はぎぐち公認会計士・税理士事務所 萩口義治氏】

    2021.04.16

    株式会社HG&カンパニー/はぎぐち公認会計士・税理士事務所は創業・スタートアップ経営者の支援を強みとして開業した後、業務の幅を広げ、今では成長企業向けに「数字のチカラで業績を伸ばすコンサルティング」を展開している。今回は、ITやAIの活用・会計人の働き方等のテーマを中心に、セミナーへの登壇やメディアへの露出も多い代表の萩口義治氏に、会計業界での新しい在り方や今後の展望についてお話を伺った。(取材・撮影:レックスアドバイザーズ 村松)

  • 中途採用社員に伝えたい。等身大の自分を受け入れ、経理として転職成功するコツ【リクルートホールディングス 経理統括部 グループマネージャー 吉田悠人氏】

    2021.04.14

    現在、東証一部上場企業のファイナンス部門において10人の部下を束ねるグループマネージャーの吉田悠人氏。彼のこれまでのキャリアは総合電機メーカーの法人営業として勤めながら米国公認会計士(USCPA)を取得。その後、監査法人に転職。異例の飛び級で昇格をしていったというまさに出世街道を突き進んだ実力派会計人だ。しかし、経理職として現職に転職をした際、入社3か月が過ぎた頃に一度休職をすることになった。過去の経験を踏まえて、”経験者が転職をしても、できないことは正直に伝えることが大事”だと吉田氏は語る。現在、国際資格の専門校・アビタスにてUSCPAの講師やコーチングも務める吉田氏のこれまでのキャリア、そして組織の中で自分らしく活躍するための重要となるポイントについて話を伺った。(取材・撮影:レックスアドバイザーズ 市川)

  • 会計士 中村亨の「経営の羅針盤」第13回-新入社員に贈る言葉

    2021.04.08

    皆さん、こんにちは。待ちに待った、春。
    といっても今年はコロナ禍で、卒業式、入学式等の行事はかなり簡素化されているようです。学校によっては「親は1名のみ」と制限されるケースもあると耳にしました。
    私は次男の小学校の卒業式には何とか参加できましたが、式次第は超短縮版で、卒業式なのに歌が歌えない、贈る言葉省略、といった内容でした。
    さて、早いもので4月。入社の時期ですね。
    今日のコラムでは「新入社員に贈る言葉」と題して、祝辞風につづってみたいと思います。
    新入社員の方には、社会人として活躍するために何が重要なのか?自分なりの答えを得ていただきたいと思います。また既に社会人として活躍している先輩方は、初心に戻り気持ちを改めるキッカケにしていただければと思います。ではスタート。

  • 二律背反の精神で過去から未来へ繋がる文化を創造。アンパサンドが提供する5つのバリュー【アンパサンド税理士法人 代表・山田典正氏】

    2021.04.05

    今回、取材させていただいたのはアンパサンド税理士法人・山田典正氏。平成27年1月に独立後、業容拡大を続け、令和元年に税理士法人化。現在は約10名のスタッフを抱えながら、判例や改正論点、コロナ禍で話題となっている事業再構築補助金の情報をSNSで発信するなど、勢いのある実力派会計人だ。そんな山田氏は、何事においても“二律背反”が大切だと語る。これまでのキャリアと共に、山田氏が考えるアンパサンドが提供する5つのバリューと今後の展望について話を伺った。(取材・撮影:レックスアドバイザーズ 市川)

  • 時流を捉えた戦略を実行する会計事務所の企画部【税理士法人エム・エム・アイ】

    2021.04.02

    今回は税理士法人エム・エム・アイの代表高橋節男氏と同社企画部のみなさまにインタビューをさせていただきました。創業60年という歴史を誇る同社の経営戦略や、会計・税務業務は行わない部署である同社「企画部」に迫ります。

  • 目指すは3億円企業創出日本一!選ばれ続ける事務所であるために大切なこと【税理士法人Soogol 下地麻大氏】

    2021.04.01

    経営支援型の会計事務所としてスタートアップ企業を支えている税理士法人Soogol。税務会計業務はもちろん、経営者が経営の選択をするための材料となるような情報提供に力を入れている。今回は取締役の下地麻大氏に今後の更なる価値提供やリモートワークの促進、人材育成など、過去の失敗談なども交えてお話を伺った。(取材・撮影:レックスアドバイザーズ 村松)

  • 【イベント取材レポート】大谷翔平も学んだ 元・北海道日本ハムファイターズのコーチが教える人材育成の秘訣/税理士法人HOP・一般社団法人 成長企業研究会セミナー開催

    2021.03.31

    “人が辞めない組織” “売上が右肩上がりになる会社”…経営者であれば誰しもがその答えを教えてくれる羅針盤が欲しいのではないか。そんな魔法の地図を持っているのは税理士法人HOP・代表の小川実氏だ。20年以上にわたり中小企業の経営サポートをしてきた小川氏は税務サービスのほかに、2020年から企業が成長するためのコンサルティングサービスを開始した。2021年3月30日に行われた特別講演会は人材育成を軸に、北海道日本ハムファイターズを日本一に輝かせた白井一幸氏をゲストに迎え、オンラインにてセミナーを開催した。(取材・撮影:レックスアドバイザーズ 市川)

  • 中途採用でベンチャー企業に転職する際に気をつけるべき4つのこと~面接対応編~

    2021.03.31

    第15回はヒト・モノ・カネのうち「ヒト」について、中途採用でベンチャー企業に転職する際、面接官と対峙する場面で注意すべき4つのことついて紹介します。

  • 社内独立制度を通じ、税務のシェアハウスを!強みを活かして自分の能力を”スイッチ”できる組織を目指して 【Switch税理士法人 代表・鈴木 雄平氏/長妻 広樹氏】

    2021.03.30

    今回のゲストは、28歳にして税理士法人を立ち上げ業容拡大中のSwitch税理士法人様。カフェのようなおしゃれなオフィス、顧客を招いてボートゲームを楽しみ、集客もSNSを活用するなどまさに”イマドキの実力派会計人”だ。立ち上げ当初から在宅勤務や、オンラインMTGを積極的に取り入れていた為、コロナ禍において影響はなかったとのこと。そんな令和の時代にふさわしい税理士法人の代表を務める鈴木氏(写真左)と長妻氏(写真右)は組織を“シェアハウス”のようにしていきたいと話す。今、彼らが考える事務所の多様性とは…?今後のビジョンと共に話を伺った。(取材・撮影:レックスアドバイザーズ 市川)

ページ先頭へ