国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

コラムの記事一覧

  • 【コラム】IBM裁判から学ぶ雑学

    2016.02.24

    「租税回避か否か」が争われたIBMと国税当局との争い。最終的に国税敗訴でIBMに軍配が挙がった。

  • 【コラム】財務省の花の54年組み 安倍首相肝いりの異例トップ人事

    2016.02.09

    財務省で有名なのが、「花の54年組み」。現在の財務省事務次官である田中一穂氏も、この54年組みの一人。今回は、この「花の54年組み」について紹介する。

  • 【コラム】初詣のご祈祷料の経理処理 お賽銭と税金

    2016.01.16

    新年の恒例行事といえば「初詣」。今年の正月三が日の初詣ランキングはまだ発表されていないが、例年、ベストスリーは1位が明治神宮(東京)、2位成田山新勝寺(千葉)、3位川崎大師(神奈川)となっている。明治神宮が約310万人~320万人、成田山新勝寺が300万人前後、川崎大師が290万人~295万人。お賽銭もこのクラスになると、数十億円規模。税金問題が気になるところだ。

  • 【コラム】ベンツ「Eクラス」フルモデルチェンジ  会社経費で購入する

    2016.01.07

    若者の「自動車離れ」が話題になっているが、憧れの高級車に思いを募らせる方も多いのではないか。ベンツにフェラーリ、BMWやアストンマーチン……。オーナー社長なら、会社経費で購入できないか、まず考えるもの。顧問税理士に相談しても、いい顔しないのは、税務署に睨まれるから。社用車といっても社長車。それなりに威厳も欲しい。高級車を社用車として購入するポイントに迫る。

  • 【コラム】税務署 名義預金はココを調べる

    2015.12.02

    遠くにいる息子より、近くに住む孫は余計にかわいい。
    最近では、孫への教育資金贈与制度や、結婚資金贈与制度など、さまざまな孫向けの贈与制度が導入され、お年寄りの中でも関心が高い。ただ制度が多すぎて、その内容をそれぞれ理解している人も少ない。そのため、「もっと簡単に孫にお金を残せないのか」と、いろいろ考えた挙句、結局ぱっと思いつく名義預金にはしるお年寄りが多い。暦年贈与の非課税枠も知らずに、とにかく「保険金の満期が来たから使わないうちに移しちゃえ」って具合だ。

  • 【コラム】国税の猛者達① 酒が強い!!

    2015.12.02

    酒が強い-。
    それが長いこと、仕事で税務調査官と付き合ってきて感じたこと。全員ではないが、とにかく酒を飲む人が多い。「皆、本当に酒が好きなんだなぁ」と思っていると、実はそれほどでもない人も多いという。それでも、先輩に誘われるから飲みに行く。昭和ちっくな雰囲気。それが国税職員だ。

ページ先頭へ