国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

マルサの記事一覧

  • 女性記者のひとりごと vol.20 着手金

    2017.10.25

    かつて、脱税者の間で「着手金」という言葉が飛び交っていたそうな。
    大昔、まだ私が某国税局担当の記者だったころにまことしやかに聞いた話だ。(←保身)

  • 女性記者のひとりごと vol.8 役人は同じ顔?

    2017.04.26

    普段取材でお会いするのは財務省や国税庁などお役所関係者が多い。この業界に入る前は「役人なんて皆同じ顔」と思っていたけど、とんでもない間違いだった。大所帯だけに、実に色んな人がいる。

  • “税界”の裏話 マルサ告発後の不起訴処分は調査能力の低下を懸念

    2017.03.08

    東京、名古屋両国税局の査察部が刑事告発した脱税事件で、地検が相次ぎ告発対象者を不起訴(起訴猶予)としたことが話題になりました。告発後に不起訴になるのは滅多にないことで、査察内部では何が起きているのでしょうか。

  • 女性記者のひとりごと vol.2 縄張り

    2017.02.02

    長く税金記者をしていると「調査官の本音」を耳にすることもある。
    例えば「リョーチョー」と「マルサ」の縄張り争いは興味深い。

  • 元国税調査官が明かすマルサの仕事

    2016.12.19

    近年の経済取引の広域化、国際化及びICT化により、脱税の手法が巧妙化している中、国税査察官は、経済社会情勢の変化に対応し、悪質な脱税者の摘発に全力を挙げている。平成27年度には、115件を検察官に告発。脱税総額は138億円、告発事件1件当たりの脱税額は9700万円に上った。国税庁や税務署などで要職を務めたOBで組織する租税調査研究会の主任研究員で査察部出身の衛藤重徳税理士に国税局査察部(マルサ)の仕事について聞いた。

  • 査察がIT関連情報や夜間調査可能に 2017年度税制改正で国犯法見直し

    2016.11.01

    2017年度税制改正では、脱税調査をする査察官の権限強化が図られる。調査手続きを定めた国税犯則取締法(国犯法)を改正し、査察官、いわゆる「マルサ」が電子メールなど電子データを押収できるようにするほか、強制調査に着手できる時間制限もなくす予定だ。マルサの権限強化でわれわれは何に気をつけなくてはならないのだろうか。

  • 国税局 人気AV嬢を〝丸裸〟に 慰謝料2億円は「役務提供の対価」

    2016.09.30

    AV業界のレジェンド・里美ゆりあ(31)の「2億4500万円所得隠し」のニュースが注目を集めている。里美ゆりあといえば、ショートカットに大きな瞳、くびれたウエストから溢れる色香が世の男たちを骨抜きにし、平均寿命2〜3年といわれるAV業界にあって今年で実に9年目を迎えるという実力派。そんなゆりあ嬢がなんと、税務調査で所得隠しを指摘され、1億円を超える追徴課税を受けたのだという。隠していたとされる所得について本人が「慰謝料」と主張しているというが、果たしてその真意は…

  • 【今だから話せる国税のウラ舞台①】 元国税局徴収部次長 中島洋二税理士 「滞納は絶対逃さない国税徴収官」 

    2016.07.08

    税金を滞納したらどうなるのか。甘く見ている納税者も少なくないが、国税当局の徴収は本当に厳しい。滞納者の財産を差押さえということもしばしばだ。その役目を担うのが国税徴収官だが、彼らの活躍があってこそ国の台所も成り立つ。それだけに実は、この国税徴収官、マルサよりも怖い権限があるのだ。(インタビュー=編集長・宮口貴志)

  • マルサ 「マルチ商法」や「投資詐欺」もターゲットに

    2016.06.21

    女性査察官と脱税者の戦いをユーモアも交えて映画にした、伊丹十三監督の「マルサの女」が公開されて、来年で早30年。映画をきっかけに国税査察官(通称マルサ)の存在が一気に知られるようになり、脱税者がマルサの動きに戦々恐々となった。しかし、脱税者は時代の流れとともに、新しい手法を取り入れ、依然として後を絶たない。国税庁がこのほど公表した平成27年度査察白書でも把握された脱税総額は138.4億円に及んでいる。

ページ先頭へ