国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • キャリア・お仕事
  • ti voglio bene-目の前のお客様、従業員の幸せや豊かな人生の実現を目指して。【T.V.B会計事務所/株式会社T.V.Bコンサルティング 代表 小林勉氏】

ti voglio bene-目の前のお客様、従業員の幸せや豊かな人生の実現を目指して。【T.V.B会計事務所/株式会社T.V.Bコンサルティング 代表 小林勉氏】

今回お話を伺ったのは、税理士・小林勉氏。東京都・新宿区にて2018年に独立をし現在3年目だが、従業員は15名を超えようとしており、現在も採用を積極的に行っている勢いのある実力派会計人だ。ご依頼は、ご紹介でのみ増加しているとのことだが、お客様の立場になって綿密なコミュニケーションを取ることが大切だと語る。今回は小林氏のこれまでのキャリア、そしてT.V.Bの魅力について話を伺った。(取材・撮影:レックスアドバイザーズ 市川)

大学に行かないつもりだった青年が税理士になるまで

税理士を志したきっかけについて教えてください。

小林:印刷業を経営していた祖父がお金の面で税理士を頼りにしていて、それを私も間近で見ていたというのが税理士を目指す最初のきっかけです。祖父はアナログな人なので手書きの帳面を付けて商売をやっていました。印刷業は薄利な業種で、一部刷って1円、2円という世界。その1円を積み上げていく商売なのですが、祖父だけでは管理できません。それを助けているのが税理士なのだと知りました。

高校時代は、周囲に優秀な友人が多く、実は勉強に対して意欲が低かった時代がありました。進学校に通っていたものの大学に行くつもりもなかったのですが、偶然高校3年生のときに大学生の先輩から「資格を取って独立できる仕事が合っているんじゃないか?弁護士とか、税理士とか…」と言われ、それなら祖父を助けていた税理士のようになりたいと思いました。税理士試験は大学の単位がないと資格受験が与えられないので、急遽高3の秋ごろから大学受験の勉強を始めました。

大学は、税理士を目指す人向けの専門コースがあり、そちらを選びました。予備校の先生が来て週2回授業をしてもらえる学科だったこともあり在学中に簿記論と財務諸表論に合格をしました。卒業後も少しフリーターをしながら勉強に専念していたのですが、このまま税理士に合格するまで就職しないのもリスキーに感じましたので25歳のときに、東京都・豊島区にある税理士法人AIFという会計事務所に就職しました。

勤務時代の10年間

その後、独立するまで一つの事務所で経験を積まれています。
小林:税理士法人AIFは、元々は代表が専門学校の講師をしており、学校のような会計事務所でした。当時、私のほかにも税理士試験の勉強をしている同僚が何名もいて、平日は17時半になったら皆で会議室を使い自習を開始していました。土日も事務所を使わせてもらえたので、朝から晩まで。こちらの事務所で働いている間に科目が揃って、26歳のときにちょうど実務経験も2年あったので税理士登録をしました。

税理士になったあとも、裁量を多く与えてもらえて、お客様を開拓するのは自分の力。何かあったときにはある程度は自己責任だけれど、最終的には事務所が責任を持ってくれる、という社風でした。また、事務所が会計業界に向けて資金繰りソフトを売ったり、セミナーをしたりしていたので、私も人前で話すことに慣れていきました。全国の会計事務所の所長さん向けや新人向けなど、いろいろなセミナーを担当しましたね。普通の業務に加えて、年間何十日かはセミナー講師をしていました。こうしたアウトプットが自分の力になったと思います。セミナーの企画もさせてもらえました。

独立は平成30年(2018年)の4月。自分の力を試してみたいと思い決意しました。

独立をするにあたり代表に相談したところ、「自分で開拓したお客様と採用したスタッフは全部引き継いでいい」と言っていただいたので独立直後から顧客とスタッフを抱えてオフィスを構えることができました。

税理士の方の中には、いろいろなことを学びたいと考えて事務所をいくつか転職される方もいますが、私の場合は一つの事務所しか経験していません。10年間の中で友人から転職の誘いを受けることもありましたが、所内で様々なことに挑戦ができる環境でしたので、毎日変化があったり、新しいお客様に出逢えて楽しかったですね。

会計のプロとして目の前の顧客を大事にする

事務所名の「T.V.B」とはどういう意味なのでしょうか。

小林:イタリア語で「あなたを大事に思っています( ti voglio bene)」という意味の頭文字を取っています。手紙の文末にT.V.Bとサインをする、「大事に思っている」という意味がいいなと思って。私たちはお客様の紹介でしか拡大していません。目の前のお客様や目の前の所員など自分の手の届く範囲をより良くしていけば、その輪が広がっていくだろうという考え方です。お客様との関係にしても、上下ではなく左右だと思っています。向こうから見ればこちらは会計のプロ。こちらから見れば例えば建設業なら建設業のプロです。だからお互いに補完し合っている関係だと考えています。

所員同士の繋がりも大事にしたいと考えておりまして、あるスタッフから「もっと所内でコミュニケーションを取りたい」という話が出たので、普段一緒にお昼に行かないメンバー同士でグループ分けをして、ランチ費用を事務所で負担する制度を導入しました。

また、来月からは福利厚生の一環として企業年金もスタートさせる予定です。せっかく会計事務所に勤めているので、自分の将来のお金の不安も減らしたほうがいいと考えて導入したのがきっかけですが、お客様からどうしたら税金が安くなるかなど相談を受けたときにも、アドバイスができるので一石二鳥だと思います。

まだまだ、できたての事務所ですので制度や教育はこれからさらに力を入れていきたいと思っていますが、将来的には、所員一人ひとりがお客様にとっての社外CFOのように、金庫番として信頼される存在になってほしいと思っています。もしこの事務所から独立したとしても、そのスキルを活かして転職できるくらいのキャリアを積ませてあげたいですね。

5年後の目標は社員のうち一人でも顧問先の社外取締役になる人材を育てることが目標です。

 

【編集後記】

今後もお客様や従業員を大切にしながら勢いを増して、拡大されていくのですね!小林先生、ありがとうございました!

T.V.B会計事務所 株式会社T.V.Bコンサルティング

●創業

2018年

●所在地

東京都新宿区新宿1-19-7 新花ビル5階

●理念

お客様・取引関係先・社員の幸せや豊かな人生の実現を目指したい

●企業URL
https://tvb-g.jp/taxaccountant/

 

バナーをクリックすると㈱レックスアドバイザーズ(KaikeiZine運営会社)のサイトに飛びます

最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

メルマガを購読する

著者: KaikeiZine編集部

KaikeiZine

租税調査研究会が監修する税金・会計の総合ニュースメディアです。税金・会計に関するさまざまなニュースを、わかりやすくお届けします!
■運営会社 株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/
■監修 税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/

ページ先頭へ