税理士にとって一番の繁忙期である確定申告期。きっと共感できる“あるある”が見つかるはずです。

▼備えあっても憂いアリ
確定申告期を前に不安がよぎり、備えに備えて1月頃から緩やかな繁忙期に入る。こんなにも前倒しで準備したはずなのに、結局確定申告期の忙しさは軽減されず、前倒し効力はほぼゼロ。

▼毎年確定申告期を前に仕事を辞めたくなる
あの忙しい日々がまた来るのかと思うと、憂鬱さがハンパない。転職しよう!と思っても、この時期はどこの事務所も繁忙期・・・

▼そんな無慈悲な・・・
申請には毎年何らかの変更や注意事項があって、昨年と全く同じようにとはいかない。

▼恐怖のリセット
期間限定ミッションであるが故に、まずはソフトの使い方や作成の注意点を思い出すところから始まる。ある程度進んだところで「あ、そういえば!」と思い出して、最初の申告書は作り直す羽目になることもしばしば。

▼達成感と解放感が癖になる
あの憂鬱感はどこへやら。確定申告コンプリートしたときの達成感と解放感が癖になる。これだから税理士は辞められない!