事業を営んでいれば、1年に1回確定申告が必要です。今回は、個人事業主の確定申告についてのポイントをアドバイスします。

Q. カフェのオーナーです。自営業の確定申告にはどのような書類が必要なのでしょうか?

A.


自営業者は1月1日から12月31日までの1年間の事業所得を計算し、それを元に所得税額を計算したうえで、確定申告と納税をしなければなりません。確定申告は事業所得を得た翌年の2月16日~3月15日までと定められています。なお、事業所得は総合課税方式が採用されていますから、事業所得のほかに、不動産所得や配当所得などがある場合は、これらを合算し、税額を計算します。事業所得は、その年中の総収入金額から確定した必要経費を差し引くと求められます。

(その年中の総収入金額)―(その年中に確定した必要経費)=事業所得

前年末の12月31日に期末日を迎えた自営業者は約2カ月ほどの期間内に所得と税額の計算をし、納税資金を用意する必要があります。所得税の確定申告データを元に、その年の住民税が計算されますから、申告忘れがないようにしましょう。

※この情報は2017年6月時点のものです。