国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

個人事業主・フリーランスのための 税金・会計Q&A ①:個人事業を始める際に税務署に届け出が必要な書類はあるのでしょうか?

ここでは、これから事業を始めたい個人やフリーランスとして活動している人が知っておきたい税金や会計の疑問に答えます。

Q. 独立を考えています。個人事業を始める際に税務署に届け出が必要な書類はあるのでしょうか?

A.


個人が新たに事業を開始する場合、所得税や源泉所得税に関する各種届出書等を提出する必要があります。

国税庁HPより引用し作成。※なお、都道府県税事務所、社会保険事務所、労働基準監督署等にも届出書等の提出が必要となる場合もありますので、各行政機関へご確認ください。

なお、消費税については、課税期間の基準期間における課税売上高が1千万円以下の事業者については、納税義務を免除する事業者免税点制度が設けられています。これにより、新たに設立された法人については基準期間が存在しないため、設立1期目及び2期目は原則として納税義務が免除されます。

※この情報は2017年6月時点のものです。

著者: KaikeiZine編集部

KaikeiZine

租税調査研究会が監修する税金・会計の総合ニュースメディアです。税金・会計に関するさまざまなニュースを、わかりやすくお届けします!
■税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■KaikeiZine
https://kaikeizine.jp/

ページ先頭へ