国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

経費の記事一覧

  • 個人事業者必見! 「家事関連費」を経費にする方法 ~その他(交際費、研究費、諸会費)

    2021.09.10

    法人と違って個人事業者は業務とプライベートの境界線が曖昧になりがち。このため収入から差し引く必要経費には、税務署の厳しいチェックの目が注がれている。交際費や研究費、諸会費などは「叩けば埃の出る経費」としてマークされており調査で否認されることもしばしば。国税不服審判所の裁決からは、個人事業者にとっての交際費の敷居の高さが垣間見える。

  • 個人事業者必見! 「家事関連費」を経費にする方法 ~自動車編(減価償却費、自動車保険、自動車税など)

    2021.09.07

    税務署からマークされる「家事関連費」の代表格に自動車がある。仕事用なのかプライベート用なのか、両方にかかる維持費のための経費にもかかわってくる。家事関連費は原則として必要経費不算入扱いとされているが、仕事とプライベートにかかった費用を客観的に明確に按分できれば、業務用として使った部分は必要経費に算入できる。

  • 個人事業者必見!「家事関連費」を経費にする方法 ~通信費編(固定電話、ファックス、インターネット、携帯電話)

    2021.09.03

    インターネットを利用した商品販売やユーチューバーなどの在宅ワーカーは、どうしても仕事とプライベートのお金がごっちゃになりがち。固定電話や携帯電話、ファックス、インターネット使用料などの通信費はその典型といっていい。いくら仕事で使っているからといって、電話代などの通信費を全部必要経費に算入するのはNG。家賃や水道光熱費と同様、通信費についても仕事で使った部分とプライベートで使った部分を明確に区分して申告する必要がある。

  • 個人事業者必見! 「家事関連費」を経費にする方法 ~2水道光熱費編(電気、ガス、水道)

    2021.08.31

    自宅兼事業所で仕事をする個人事業者は、仕事とプライベートにかかる費用が混在しているため、税務調査の観点からすると「叩けば埃の出る」納税者だ。中でも水道光熱費は「埃が出る」費目の代表格の一つ。自宅ビジネス歴の浅い事業者の中には、電気代、ガス代、水道代などをまったく経費計上していなかったり、逆に全額を経費に計上してしまい税務署から指摘されるなど、アバウトな経理で結果的に損している人も少なくないようだ。しかるべき経費を計上漏れしていたり、過大な経費計上で過少申告加算税などのペナルティを負ったりすることのないよう、家事関連費の基本はしっかりと押さえておきたい。

  • 個人事業者必見! 「家事関連費」を経費にする方法 ~自宅兼事業所編(家賃、減価償却費、固定資産税、火災保険等)

    2021.08.26

    ユーチューバーなど、自宅を事業所として仕事をしている個人事業主は多い。その場合、家賃や減価償却費、固定資産税、火災保険等など「家事関連費」として経費計上することができる。しかし、事務所兼自宅という環境で収入を得ている場合、仕事とプライベートがとくにごっちゃになりがちで、収入から差し引ける必要経費に税務署の厳しい目が向けられている。

  • 2021年版個人事業主の確定申告 不動産収入がある場合

    2021.02.05

    不動産を所有し、そこから利益を得ている場合は、不動産所得の申告が必要になります。不動産収入も青色申告と白色申告とがあり、さらに「事業規模」の判定次第で青色申告控除の金額が変わってきます。今年初めて個人事業主として不動産所得の確定申告を行う人向けの、基本的事項の説明を以下で行います。

  • 家内労働者等の確定申告 確定申告書類の書き方講座

    2021.01.28

    継続して特定の取引先からの仕事のみを受けているような人(家内労働者等)は、大きな経費が発生しないことがほとんどです。給与所得者でも、所得から「給与所得控除」が差し引かれるのに対して、こういった人は所得から差し引けるものがなくそのまま税金が掛かってきてしまい、不公平となります。そこで、経費相当分ということで特例として55万円の所得控除が認められています。なお、家内労働者等も確定申告は行う必要があります。ここでは家内労働者の確定申告の方法について解説します。

  • 独立開業した個人事業主 青色申告、白色申告どちらを選ぶ?

    2021.01.26

    フリーランスになるなど、独立開業し個人事業主になると、確定申告を行い自分で税金を納める必要があります。その際、「青色申告」と「白色申告」のどちらを選ぶかで納めるべき税金の額が変わってきます。聞いたことはあるけど自分はどっちを選べばいいの? 違いは何? 申告書はどうやって書くの? といった基本的なことについて解説します。(2021年1月27日追記)

  • 年明けに独立・開業する個人向け!今から準備しておきたい節税対策3選

    2020.12.22

    年明けに個人事業主として独立しようと考えている人は、今から準備をしておくと経営がスムーズです。本稿では、ぜひやっておきたい節税対策を3つご紹介します。

  • 年末こそ慎重に!個人事業主によくある節税の失敗2つとおススメの対策を解説

    2020.12.14

    年末年始が近づいています。多くの個人事業主の方は節税を意識していることでしょう。しかし、今回お伝えする2つのパターンには気を付けた方がよいかもしれません。節税で得するどころか損になるからです。

ページ先頭へ