国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

贈与税の記事一覧

  • 知らないと怖い「連帯納付義務」

    2022.01.07

    自分の相続税は納付済みであっても、他の相続人が相続税を滞納すると、その滞納分も納めなければならない場合があります。相続税や贈与税にまつわる「連帯納付義務」について、元国税徴収官が分かり易く説明します。

  • 暦年課税の行方

    2021.11.16

    生前贈与を考えているなら、今のうちに資産を見直し、今から少しでも暦年贈与をしておくか、相続時精算課税に舵をきるか、身の振りを決めておいた方がよさそうだ。

  • 加々美 孝二氏

    国内、国際の資産税経験を活かして会計事務所からの相談に対応【租税調査研究会】<PR>

    2021.09.08

    一般社団法人租税調査研究会(代表理事=武田恒男税理士)は、国税当局の実務畑で主要ポジションを務めてきた各税法の専門家が集い、会計事務所を支援する団体。主要サービスの中には、高度な税務判断が必要な場合の質問・相談対応サービスがある。ここでは、各税目のスペシャリスト50名弱の研究員のうち、資産税担当の加々美 孝二税理士に話を伺った。
    (取材=KaikeiZine編集部、撮影=堅田ひとみ)

  • 「相続税・贈与税の一体化」とは?今後、生前贈与はムダになる?

    2021.09.01

    「相続税・贈与税の一体化が近々、税制改正で行われるかもしれない」___。これが今の税務業界のトピックの一つとなっています。なぜ一体化が行われるのか、そしてどうなるのか。現在の税制を確認しつつ、今後の行方を探ります。

  • 古原 正昭氏1

    相続税調査の実務経験が会計事務所には貴重なアドバイス【租税調査研究会】<PR>

    2021.09.01

    国税OBから構成されている一般社団法人租税調査研究会(代表理事:武田恒男税理士)には、各税目のスペシャリスト50名弱の研究員がいる。今回は、租税調査研究会立ち上げ時から、資産税の相談対応を行う主任研究員である古原 正昭税理士に話を伺った。
    (取材=KaikeiZine編集部、撮影=堅田ひとみ)

  • 資産課税の国税OBは少数。会計事務所の先輩が増えたと思って気軽に聞いてほしい。【租税調査研究会】<PR>

    2021.08.25

    相続税、贈与税、譲渡所得は毎年申告する必要がないため、間違いや申告漏れをしやすい。国税OBを顧問にしている会計事務所もあるが、国税の中でも資産税を専門としている職員は全体の約7%ともいわれており、専門外で適切な回答が得られないという場合もある。租税調査研究会では、資産税を専門としている国税OBの研究員が複数名いる。今回は主任研究員である坂本 明美氏(主に資産税担当)に話を伺った。(取材=KaikeiZine編集部、撮影=堅田ひとみ)

  • 相続対策を考える前に…知っておきたい「贈与税」のキホン(後編)

    2021.08.18

    前回に引き続き、贈与税について解説します。今回のテーマは「みなし贈与」です。

  • 相続対策を考える前に…知っておきたい「贈与税」のキホン(前編)

    2021.08.11

    帰省で家族同士が顔を合わせると、話したくなるのが相続対策です。特に、生前贈与は相続対策として注目されています。ただ、贈与税も気になるところ。生前贈与を行うかどうかを考える前に、贈与税のしくみを確認しておいたほうがよさそうです。

  • 「借金は踏み倒していい!」は本当か?贈与税のリスクにご用心

    2021.07.21

    数年前、某スピリチュアル系心理学の講師が「借金は踏み倒していい!」と発言したことが一部で注目を集めました。そして今、スピリチュアル業界の一部では借金が流行っているようです。これは課税上、問題はないのでしょうか。

  • 2021年路線価 コロナ禍の影響鮮明に 6年振りに前年度比マイナス 大阪が大打撃

    2021.07.01

    国税庁は7月1日、相続税や贈与税の算定基準となる2021年分の路線価(1月1日時点)を発表した。全国約32万地点の標準宅地は、全国平均で前年比0.5%下落し、6年ぶりに前年比マイナス。新型コロナウイルス感染拡大の影響が地下も大きく影響した格好だ。国税庁は昨年10月28日、1月から半年間の地価の下落幅を検証していたが、東京、大阪、名古屋の観光地や商業地の6地点で15%を超えたものの、全国平均では、住宅地が0.4%、商業地が1.4%だったということで、2路線価の補正は行わないと発表した。しかし、今年1月26日に大阪市内の繁華街3地点を対象に減額補正(下方修正)していた。

ページ先頭へ