国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

弥生×会計人

注目キーワード

弥生会計30周年企画
ここでしか語られない「弥生」
30年の歴史とこれからの挑戦!

弥生株式会社(以下、弥生)は2017年10月、「青色申告会計 弥生」を発表してから30周年を迎えた。ソフト発表当時は、専門家が使うオフコンメーカー全盛期の1970~80年代、突然現れた中小企業に直接会計ソフトを提供する「弥生会計」は、“業界の異端児”的なイメージが強かった。時代を超え、中小企業も自前で帳簿付けをするのが当たり前になってくると、“業界の異端児”は中小企業向け会計ソフトの先駆者と評価され、今では業界のオピニオンリーダーとしてトップを走っている。ただ、ここまで決して順調だったわけではない。振り返れば10年毎に大きな節目があり、そのカベを乗り越えることで飛躍してきた。 この企画では、KaikeiZineの宮口貴志編集長が、弥生の岡本浩一郎代表取締役社長と30年の歴史を振り返りながら、成長の要因はどこにあったのか、メジャーとなった弥生は、次の時代を睨んでどういった方向に進んでいくのか探っていく。また、弥生と二人三脚で共に成長してきた生き証人であるパートナー会計事務所に迫りながら、弥生の良さ、先見性など、生の声を紹介する。

第1章 オフコンからパソコンへ 異端児弥生の誕生

当時の会計ソフトは技術者が作ったおもちゃ?

宮口編集長
1987年10月に弥生株式会社(以下、弥生)の前身である日本マイコンは「青色申告会計 弥生」を発売しました。オフコンの会計ソフトが主流だった時代にパソコンの会計ソフトに進出した意義を、岡本社長はどのように考えていますか。
岡本社長
当時は、プロ向けのオフコン会計ソフトが主流でした。そのため、多くの税理士は、パソコンのソフトを『おもちゃ』のように感じていたのではないでしょうか。
宮口編集長
古くから会計業界に携わる人達は、名立たる会計ソフト専門会社が独占するオフコン市場に参入する隙はない、と考えていました。そこに参入した弥生は、まさに業界の“異端児”でしたね。
岡本社長
そうですね。当時のことを知る人が言っていましたが、そのころの弥生会計は、パソコン好きが、パソコンでも動く会計ソフトを作ってみたいという欲求から開発され、企業が戦略的にリリースする商品と言うよりも、技術者が楽しみながら世に出した作品というイメージだったようです。
宮口編集長
税理士の中でも若手を中心に、パソコンでも動く会計ソフトを待望していました。
岡本社長
おそらく当時の弥生会計は、オフコン各社に比べると、機能では落ちるところがかなりあったと思いますが、何より「パソコンで動く会計ソフト」というインパクトと小回りのきく使い勝手に支えられ、高い評価を受けてきたものと思われます。
結果的に当時販売された「青色申告会計 弥生」の開発は、オフコン全盛期の時代に風穴を開ける意義ある挑戦だったと思います。

パソコンが趣味的な物から一般的な物へ

宮口編集長
弥生会計は、パソコンの普及という社会の波にもうまく乗ったと思います。
岡本社長
そう思います。1987年ころのパソコンは、誰もが使うものではありませんでした。「もの好きな人が使うもの」という位置づけが強かったですから、競合も少なかったと思います。
宮口編集長
中小企業でも徐々にパソコンが普及し始め、次第に会計業務も導入コストが高いオフコンよりも、パソコンで動く会計ソフトにシフトし始めていくことになりました。
岡本社長
個人で持つにはまだ高額なパソコンでしたが、中小企業が仕事で使う分には、十分に手の届く範囲にパソコンの価格も下がってきたころです。
宮口編集長
岡本社長はその当時からパソコンを使われていたそうですね。
岡本社長
はい、学生時代からパソコンに興味持っており、貯金をはたいてパソコンを購入し、暇があればパソコンをいじり、プログラミングをしていました。大学は工学部で、技術系です。
宮口編集長
だから、パソコン業界、会計業界のことを経営者の視点、技術者の視点で見ていけるわけですね。
岡本社長
1987年ころのパソコンは、使い勝手という部分ではオタク系の「限られた人が使うもの」でした。ところが、Windows95の発売で「一般の人も使うもの」に変化しました。弥生がその波に乗れたことはとても幸運だったと思います。
宮口編集長
リーズナブルな価格も、弥生が受け入れられた理由ではないでしょうか。
岡本社長
そうですね。それまでは、プロ向けに作られたオフコンは高額で、それに対してパソコンのソフトは安価ですが、趣味の延長線上でした。その2つの差が少しずつ縮まり、パソコンのソフトは安価だけれども一般の業務でも使えるものとして認識され始めたことは、弥生にとって追い風だったと思います。

岡本 浩一郎(おかもと こういちろう)

弥生株式会社 代表取締役社長

1969年横浜市生まれ。東京大学工学部卒業。野村総合研究所(NRI)入社。システムエンジニアとして証券系システムの開発、マーケティングなどに従事。プロジェクトマネージャーとしてWindowsベースの基幹システム開発ツールの商品化にも携わる。在籍中の97年にはカリフォルニア大学ロサンゼルス校で経営大学院を修了。98年、ボストンコンサルティンググループの経営コンサルタント、2000年、IT戦略に特化した経営コンサルティング会社を設立。08年4月、弥生の代表取締役社長に就任。

ページ先頭へ