国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

令和2年・令和3年の公認会計士試験に変動あり!受験生は試験勉強のペースの見直しが必要!?

令和2年、そして令和3年の公認会計士の試験の実施について、公認会計士・監査審査会から重大な発表があった。新型コロナウイルスの感染拡大の影響が大きくおよんでおり、試験勉強中の受験生は注意が必要だ。

6月26日に発表があったのは大きく3点。

1.令和2年(2020年)論文式試験の日程について

従来1日2科目、3日間の日程で実施してきたが、1日3科目、2日間の日程で行う方向で調整しているとの発表があった。

 

11月14日(土)企業法・監査論・租税法

11月15日(日)会計学×2・選択科目

 

集中力と体力の必要な論文式試験の1日の科目数増加は受験生の心理的負担となりそうだ。

 

2.令和3年(2021年)公認会計士試験について

令和2年(2020年)公認会計士試験の第Ⅱ回短答式および論文式試験の日程変更にともない、令和3年の短答式試験は1回のみ実施するとのこと。

試験日程は以下のとおり。

 

短答式試験 令和3年5月23日(日)

論文式試験 令和3年8月20日(金)~8月22日(日)

 

従来の短答式試験は前年12月に第Ⅰ回、5月に第Ⅱ回の計2回を実施してきたため、大きな変更となる。

12月の第1回短答式で合格し、翌8月の論文式試験合格をめざすという受験生も多いだろう。勉強スケジュールの見直しが必要となる。

3.短答式試験に係る合格基準について

従来、総点数の 70%を基準とし、審査会が相当と認めた得点比率として決定しているが、論文式試験の受験者数を例年並に確保する観点から、短答式試験の合格基準については、より弾力的に運用するとのこと。

なお、論文式試験の合格基準(52%の得点比率を基準として、審査会が相当と認めた得点比率)については、変更なしと記載されている。

短答式試験の実施が1回になることで受験生の集中も予想され、また、短答式試験と論文式試験の実施が近接となることから、並行して勉強しなければならなくなる受験生が多くなるだろう。

合格基準や合格者数にどのような影響が出るのか注目される。


バナーをクリックすると㈱レックスアドバイザーズ(KaikeiZine運営会社)のサイトに飛びます

最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

メルマガを購読する


 

著者: KaikeiZine編集部

KaikeiZine

租税調査研究会が監修する税金・会計の総合ニュースメディアです。税金・会計に関するさまざまなニュースを、わかりやすくお届けします!
■運営会社 株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/
■監修 税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/

ページ先頭へ