国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • キャリア・お仕事
  • クライアントの発展×社会の発展×メンバーの成長を通じ、新しい未来創りへ【あいわ税理士法人 中島恵子氏】

クライアントの発展×社会の発展×メンバーの成長を通じ、新しい未来創りへ【あいわ税理士法人 中島恵子氏】

東証1部をはじめ、マザーズ等の新興市場に上場する企業からIPOを目指す企業まで、さまざまなクライアントに支援を行っている あいわ税理士法人。2020年9月からは、その専門領域のさらなる向上を目指してプラクティスグループというものを立ち上げられました。今回は、パートナー税理士に就任をした中島氏のこれまでのキャリアや、新たな組織体制となったあいわ税理士法人の魅力について語っていただきました。

税理士としてのキャリア

税理士を志したきっかけを教えて下さい。

中島:大学は経済学部ですが、強い意志をもってこの学部を選んだ訳ではありませんでした。実際に、大学に入学してみるとこれといって打ち込めるものがなく、周りの仲間に触発されて専門学校の公認会計士講座に通い始めたのが会計業界を志したきっかけです。

しかし、今思い出してみると、実は高校生でアルバイトをしていた時に、給料から税金が天引きされていて、この天引きされている税金って何だろうと、必死に調べた記憶があります。そのころから税金というものに興味があったのかも知れませんね。単純に手取りが減ったことが不満だっただけかも知れませんが・・・

その後、公認会計士試験は、2回ほど受験しましたが残念ながら大学在学中に合格することが出来ませんでした。就活をしていなかったので、これからどうしようかと悩み、公認会計士の受験を続けることも考えましたが、大学を卒業して就職しないことに抵抗もあり、慌てて専門学校主催の就職説明会に参加し、何とか税理士事務所に就職しました。

その後、あいわ税理士法人様にご入所されていますね、現在のポジションになるまでのキャリアを教えて下さい。

中島:無資格の状態で税理士業界に入った訳ですが、その後、数社の税理士事務所を経験し、その間に税理士資格を取得しました。あまり器用な性格ではなく、1つの事に集中してしまうタイプで、仕事が面白いと感じると仕事ばかりになってしまうので、仕事と税理士試験との両立には苦労しました。

今の立場上、あまり大きな声では言えませんが、泣く泣く一旦税理士事務所を退職し、別業界で派遣社員として仕事をしながら税理士試験に比重を置いていた期間もありました。

あいわ税理士法人には、税理士試験合格後、ほどなくして入所しました。当時はまだ20名ぐらいの組織でしたが、ほぼ全員が税理士有資格者でベテランの税理士ばかりが所属していましたので、そのレベルの高さに驚いた記憶があります。

その後、クライアントの成長に伴い、クライアント先が増え、少人数では限界もあったことから、組織として規模の拡大を図るようになりました。私はその過渡期に入社していましたので、比較的早い段階からプレイングマネージャーとして現場に立つと同時に、部長として管理職の仕事も担うポジションを務めてきました。現場とマネジメントという両方の視点を持つ必要があり、バランス感覚が重要になるので苦労した記憶があります。

あいわ税理士法人はIPO支援を始めて10年ほど経ちますが、そのスタート時から役員と近い立場で軌道に乗るまでの過程を見つつ、IPO業務の一役を担えたのは大きな経験になっています。

あいわ税理士法人の仕事の特徴・魅力

今年から所内で新たな制度を発足されたとのことですが、具体的にどのようなものになりますか?

中島:あいわ税理士法人では、今年からパートナー制度が創設され、私も10月からパートナーに就任し、法人運営全般に関わっています。

パートナーとして、入社した方がやりたいことにチャレンジできて、そのチャレンジをサポート出来る組織作りを目指しています。

パートナー制度の創設と同時に委員会制度が発足し、パートナーが委員長を務めています。具体的には、営業戦略、人事評価、教育環境、業務改善、広報になりますが、私は広報を担当しています。あいわ税理士法人には、本当に優秀な専門家が多く所属しているので、その優秀な専門家を世の中に打ち出すサポートを広報として担っていきたいと思います。

貴所の理念と特徴を教えて下さい。

中島:あいわ税理士法人の経営理念は、クライアントの経営課題を解決し、クライアントの発展を通じて、新しい未来創りに貢献することです。

あいわの名称の由来は「青は藍より出でて藍より青し」です。これは中国の思想家である荀子の言葉です。青色の染料は藍から採れますが、難しい工程を経て、その青さは原料である藍よりも濃く鮮やかになる。

つまり、周囲のサポートと本人の努力によって、教えた人よりも教えられた人の方がすぐれていく、弟子が師匠を超えていく、そんな優秀な人財を輩出し続ける組織でありたいという思いが込められています。

あいわ税理士法人は代表が創業して、もうすぐ30年になりますが、原点回帰と言いますか、やっぱり「あいわ」の名前っていいよねとジワジワ感じています。これは恐らく所属しているメンバーも同じだと思います。ロゴには、クライアントの発展×社会の発展×あいわメンバーの成長の循環の意が込められています。

現在、約60名が所属していますが、その8割が税理士又は公認会計士というのが大きな特徴です。その税理士・公認会計士も、big4出身者、監査法人出資者、一般企業出身者等、様々なバックグラウンドを有した人材です。その個の力が集結して、プロフェショナル集団を形成しています。クライアントの約6割が上場企業グループ又は上場準備企業というのも特徴ですね。上場前から関わってきたクライアントが満を持して上場し、上場後にM&Aをしたり、組織再編をしたり、海外進出をしたりと成長し、そのサポートを行う事によって、あいわとしての飛躍にも繋がるという好循環を生み出しています。

日々の動きや意識していることは何でしょうか。

中島:クライアントや従業員から頼られる存在でありたいと常に思っています。もちろん自分ひとりでは解決できないこともありますし、中には専門領域以外を求められることもあります。その場合には、ネットワークの力を借りることもありますが、「逃げずに解決策を考え続けること」それが重要だと思っています。「この人に言っても何も解決しないしな」と思われては次につながりませんので。

今後のビジョンについて教えて下さい。

中島:あいわ税理士法人は、お陰様でIPOを支援する税理士法人として認知していただけるようになりましたが、IPOに限らず、他にも多くの専門領域があります。2020年9月からは、その専門領域のさらなる向上を目指してプラクティスグループというものを立ち上げました。プラクティスグループは、組織再編、グループ通算制度、国際税務、事業承継、インセンティブプラン、HD化支援等、合計14あります。マネジャー職以上が、いずれかのプラクティスグループに参加しています。複数参加も可能なので、中には3つのプラクティスグループに参加している人もいます。

クライアントと顧問契約を締結させていただく場合、メインとなる2名の担当者が付きますが、そのクライアントから発生した国際税務等の専門的な課題について、専門チームがサポートを行う体制は以前からありました。このプラクティスグループは、その発展形です。すべてのメンバーが、特定領域の知見を深め、それを組織に還元し、その還元された知見を全員で活用して、クライアントの期待を超えるパフォーマンスを出す。それが、あいわ税理士法人の目指しているビジョンです。

私個人としては、インセンティブプランのプラクティスグループのリーダーを務めており、この業務を拡大させたいと思っています。日本では、「攻めの経営」を実現するためのインセンティブ制度導入が促進されています。

これを受け、インセンティブ制度に株式報酬制度を導入する上場会社が増えています。

あいわ税理士法人では、上場前から上場後まで関与させて頂くケースが多いので、上場前から上場後まで一気通貫で、クライアントにあったインセンティブ制度設計をご提案していきたいと考えています。

今後の会計業界への未来についてどのようにお考えですか?

中島:現在はIT化が進み、AIは税理士業界にも大きな影響があると言われています。ただ、それは悲観すべきことではなく、大きなチャンスであると捉えています。

あいわ税理士法人は60名程の組織でありながら、2名の専属のシステム担当が所属しています。システムを活用し、徹底的に業務の効率化を図りながら、システムでは解決できないクライアントの経営課題に、粘り強く取り組む。それがあいわ税理士法人の目指すべき方向性です。

KaikeiZineの読者へメッセージ

最後に、KaikeiZineの読者へメッセージをお願いします

中島:あいわ税理士法人には、組織で成果を出すマインド、挑戦するマインド、何とかしようとするマインドを重視しています。このマインドさえあれば、皆さんが活躍できるフィールドの提供には自信があります。

また、男女関係なくチャンスが与えられる環境だと思っています。実際に、産休や育休を経て、活躍をしている女性専門家も多数在籍しています。

組織を後ろ盾に、専門家として自分らしく輝いて働いてもらいたいですね。

IPOを支援する税理士法人として認知され10年。新たな組織となり、ますます勢いを増し、成長していくのですね。中島様、ありがとうございました。

あいわ税理士法人

●設立
平成4年7月(平成14年11月にあいわ税理士法人へ組織変更)

●所在地
東京都港区港南2丁目5-3 オリックス品川ビル

●理念
クライアントの経営課題を解決し、クライアントの発展を通じて、新しい未来創りに貢献する

●企業URL
https://www.aiwa-tax.or.jp/

 

著者: KaikeiZine編集部

KaikeiZine

租税調査研究会が監修する税金・会計の総合ニュースメディアです。税金・会計に関するさまざまなニュースを、わかりやすくお届けします!
■運営会社 株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/
■監修 税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/

ページ先頭へ