国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

4大監査法人決算分析 第2回 あずさ有限責任監査法人

4大監査法人の決算分析シリーズ。第2回目は、業務収入1000億円を超え業界2位につけるあずさ有限責任監査法人(以下あずさ)について、直近5年度の決算を分析していきます。

1.業務収入

まずは業務収入の推移から見ていきます。

(1) 業務収入推移

* 「業務及び財産の状況に関する説明書類」(*1)をもとに作成。また特に断りがない限り、百万円単位切捨にて表記(以下 同)。

ここ5年間で業務収入は20%弱増加し、右肩上がりとなっています。直近2期間は1,000億円を超え、トーマツに続く第2位につけています。また年平均成長率(CAGR)で見ると4.2%となっており、4法人合計の業務収入CAGR 3.4%を上回っています。

続いて、業務ごとに収入推移を見てみます。

(2) 監査業務収入
① 監査業務収入推移

こちらもきれいな右肩上がりになっています。2017年度以降、監査業務収入は新日本に続く2位につけており、2020年度にその差は30億円ほどに縮まっています。
また2016年度からのCAGRは4.3%となっており、4法人合計の監査業務収入CAGR 3.2%を上回っています。

監査業務収入について、クライアント数と1社あたりの単価に分けてみます。

②監査クライアント数推移

2020年度と2016年度を比べると200社超増加、比率にすると7%ほどの増加となっています。収入同様、右肩上がりではありますが、上昇の角度は収入に比べると緩やかなものになっています。

③1社あたり監査業務収入推移

* 1社あたり監査業務収入=監査業務収入÷(期首期末の平均監査クライアント数)

こちらは2020年度と2016年度の対比で10%程度の上昇となっています。トーマツの20%ほどではありませんが、あずさにおいても監査報酬は増加傾向にあることが見て取れます。

以上より、監査業務収入についてはクライアント数及び1社あたりの単価、ともに増加しています。ただし、どちらかというと単価の上昇が牽引していることが分かります。

(3) 非監査業務収入
①非監査業務収入推移

2017年度は約240億円と突出して大きくなっており、金融庁によるEY新日本への処分の影響がうかがえます。この年を除くと監査業務同様、増加傾向となっていますが、いまだ2017年度は超えられていません。
なお2016~2020年でのCAGRは3.8%となっており、4法人合計の非監査業務収入CAGR 3.8%と同程度です。

非監査業務についても、クライアント数と1社あたりの単価に分けてみてみます。

②非監査クライアント数推移

クライアント数は2017年度をピークとし、その後は2100社超で推移しています。あずさは2017年11月から約1年間にわたり、新規の監査契約受注をストップしていました。非監査業務のクライアント数推移からは、監査以外の業務についても同じ方向で動いていたことがうかがえます。

③1社あたり非監査業務収入

* 1社あたり非監査業務収入=非監査業務収入÷(期首期末の平均非監査クライアント数)

グラフの形はでこぼこしていますが、2018年度を底として、1社あたりの単価が上昇しています。2020年度を2016年度と比べると+16%となっています。

以上より、非監査業務については、監査契約の新規受注停止と並行してクライアント数を絞り、同時に1社あたりの単価を上昇させることで全体として売上増加の傾向にあると推測されます。ただしCAGRは3.8%と、トーマツの6.6%やPwCあらたの9.7%に比べると緩やかなものに留まっています。

次に費用に目を向けてみます。

1 2 3 4
ページ先頭へ