国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • キャリア・お仕事
  • 北極星のような存在に。事業承継を通じて、経営者が進むべき道を示す。【ロードスターコンサルティング株式会社/ロードスター税理士事務所 岡田淳氏】

北極星のような存在に。事業承継を通じて、経営者が進むべき道を示す。【ロードスターコンサルティング株式会社/ロードスター税理士事務所 岡田淳氏】

今回ご紹介するのは、ロードスターコンサルティング株式会社/ロードスター税理士事務所 岡田淳氏。税理士有資格者でもあるが、税理士法人に就業中に公認会計士に合格をしたという異色の実力派会計人だ。現在は主に事業承継を通じて経営者をサポートしている。今回は岡田氏のこれまでのキャリアそして、事業承継支援という仕事の魅力について話を伺った。(取材・撮影:レックスアドバイザーズ 市川)

税理士を取得後、劣等感から公認会計士試験にも挑戦。

税理士を志したきっかけを教えて下さい。

岡田:大学を卒業した2011年はリーマンショックの影響が就職活動に出ていたころでした。前年度は内定取り消しになった方もいて、私の世代は皆、資格を取ったり、英語を勉強している友人が多かったですね。そういった流れの中で、たまたま私も簿記の本を手に取ってみたのですが、もともと数字を扱うのが得意だったこともあり、とても自分に向いているように感じました。そこですぐに資格の専門学校に行って、簿記の知識をどのような仕事に活かせるかを質問しました。

そこで、「税理士」と「会計士」という2つの資格の説明を受けたのですが、「税理士は地域密着で中小企業のお助けマン。会計士は上場企業を相手に世界中飛び回る仕事。」というのを聞いて。今考えるとそれもずいぶん偏ったイメージなんですが…(笑)人から頼りにされたり、深く関わっていく仕事がしたいと思っていたので、迷わず税理士を目指すことにしました。

卒業後は、東京都・港区にあるアクタス税理士法人に入所しました。ここで、現在の私の専門分野である事業承継と出逢います。文字通り「事業」を「承継」するお手伝いをするのですが、会社の経営状況、株式を後継者に移転する方法やタイミング、経営者の家族を取り巻く相続問題、さらには人間関係に至るまで、あらゆる状況に対処しながら経営者を支える仕事です。もちろん細かい仕事も多いのですが、この仕事をしているとき、自分は税理士として経営者を助けているという実感を持つことができました。

税理士としての仕事にやりがいを感じ始めたころですが、優秀な先輩達に囲まれていたことも有り、仕事を進めていくうちに自分の力不足を強く感じるようになりました。この頃の私はとてもミスが多くて。数字が合わなくて計算を何度もし直すのは日常茶飯事。ようやくできた資料を顧客に郵送しようと封筒に入れ、郵便局に持っていったら宛名先を書いていなかったとか…(笑)

入所2年目で公認会計士試験の勉強を開始されています。

岡田:会計士を目指したのも、自分に自信を持てない時期があったからです。もっと自分の武器を増やしたい。そして会計士という別の立場からも経営に関与する事により、経営者の視点にもっと近付けるかもと思い受験を決意しました。働きながら、寝る間を惜しんで朝早く、夜遅く、土日もなく勉強しました。そうして約2年の勉強期間を経て合格できたのですが、その2年間で税理士の仕事にも慣れ、周りからも評価されるようになりました。受かった頃には税理士としての仕事にも自信を持ち始めており、「なんで公認会計士の試験受けていたんだっけ?」となってしまいました…(笑)

でも、せっかくだから取得した資格を活かそうと思い、PwCあらた有限責任監査法人に転職しました。ここでは結局1年ほどしか在籍しなかったのですが、上場会社の監査を通じて学べた事もたくさんありました。

会社が成長してたどり着く一つの形という意味で、上場企業の中身を見ることができたのは大きかった。中小企業のお手本になる部分も多かったからです。しかし会社が大きくなることで身動きが取りづらくなる、小回りがきかなくなる面もあります。上場会社は社長だけの会社ではなく、より公に近いもの。だから社長のビジョンがあっても、それを実現するためには様々なしがらみが出てきます。上場会社の経営者が何に苦しみ悩んでいるのか、その一端を知ることができました。ただ、会計士としても監査をするという立場上、経営者だけ味方をするわけにもいきません。私は次第に、もっと経営者やその家族に寄り添った仕事をしたいと思うようになりました。

その後、資産税に特化をした税理士法人に転職をされています。どのようなご依頼が多かったのでしょうか。

岡田:元々やりがいを感じていた事業承継のスキルをさらに磨きたいと思い、税理士法人ネイチャー国際資産税に入所しました。会社の税務顧問よりも経営者個人の相談相手として事業承継や相続対策のスキームを考えるといった専門性の高い仕事がメインで、資産規模も10億円から数百億円と大型の案件が多かったです。

経営者と聞くと、裕福で、お金の悩みなど無いというイメージを持つ人も多いかもしれませんが、実はそうでもありません。ネイチャーで仕事をして実感したのは、経営者こそお金に関する多くの悩みを抱えているということです。お金持ちに見えても、将来の税負担に備えて蓄えておかなければならない資金を除くと、使えるお金は意外と少ない、というのはよくあるパターンです。一方で、世の中には経営者と見るや様々な投資商材を売りつけようとする人達がたくさんいます。もちろん良いものもありますが、リスクの高い詐欺まがいの投資話も多く、それによって資産を減らしてしまう人を何人も見てきました。こういった危険から経営者を守り、どこにお金を使うべきかを示してあげる用心棒的な立ち回りも、ネイチャーでの仕事を通じて学びました。

ネイチャーでは2年間お世話になり、2020年1月、30歳で独立をしました。

悩める経営者の道しるべとなる

社名の「ロードスター」には何か込められた意味があるのでしょうか。

岡田:「ロードスター(lodestar)」には、“目指す指標”という意味があります。“北極星”という意味もあるのですが、その昔船乗りたちは、北の夜空で位置を変えずに輝く“北極星”を見つけることで進路を確認していました。私も、経営者が目指すべき道を照らすコンサルティングを提供したいという思いから「ロードスター」と名付けました。

百戦錬磨の経営者でも自分が亡くなった後のことを経験することはできません。遺言書を作成していても、「不公平だ」と後で喧嘩になってしまうことだって珍しくない。だから時には親と子の間に入り、時間をかけて間を取り持つようなことも行います。家族同士ではなかなか話しづらいこともありますから。クライアントやそのご家族と深く付き合えば付き合うほど、当事者として一緒になって悩み過ぎてしまったりと大変な事もありますが、その分頼りにもされますし、問題を解決できたときの喜びはひと際大きいものです。単に数字を扱うだけではなく、経営者やその家族の心に寄り添い長い時間をかけてサポートをする、とてもやりがいのある仕事だと私は思います。

今後も経営者とそのご家族の方にとって身近で頼れる存在であり続けたいと思っています。そのために私自身、これからも日々勉強し、専門家としての腕を磨き続けたいと考えています。

 

【編集後記】

経営者に寄り添い、家族のように関わっていると話す岡田先生。これからも北極星のような道を示す存在でありたいと語られていました。岡田先生、ありがとうございました!

ロードスターコンサルティング株式会社/ロードスター税理士事務所

●創業

2020年1月

●所在地

東京都渋谷区渋谷3丁目12番24号

●理念

寄り添い、道を示す。

 


バナーをクリックすると㈱レックスアドバイザーズ(KaikeiZine運営会社)のサイトに飛びます

最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

メルマガを購読する


著者: KaikeiZine編集部

KaikeiZine

租税調査研究会が監修する税金・会計の総合ニュースメディアです。税金・会計に関するさまざまなニュースを、わかりやすくお届けします!
■運営会社 株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/
■監修 税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/

ページ先頭へ