国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

税理士が教える飲食店経営のノウハウ ~フランチャイズ~

飲食業界は他の業界に比べてスピードが圧倒的に早く、時流に乗ったタイミングで一気に多店舗展開をしなければ、大きく勝つことは難しいです。そこで、一気に多店舗展開を実現するのに役立つフランチャイズ(FC)について説明します。

直営店のみによる多店舗展開は危険!?

都内で焼肉店を5店舗経営しているnさんは、運営する焼肉店の業態を試行錯誤の上、繁盛店にすることに成功しました。今後、一気に多店舗展開をしていきたいと考えていますが、直営店による出店では負担が大きく、スピードも遅いと悩んでいました。

多店舗展開をしていくには銀行から資金調達をして直営店を出店する方法が多いです。飲食店を出店するためには最低でも1千万以上の初期投資が必要となるため、出店の度に借入金が膨れ上がっていきます。また、銀行からの資金調達がなければ出店できないため銀行の審査が出店スピードの制約になってしまいます。

ただ、飲食業界は他の業界に比べてスピードが圧倒的に早く、時流に乗ったタイミングで一気に多店舗展開をしなければ、大きく勝つことは難しいです。そして、多店舗展開すべきスピードと直営店による出店スピードにはどうしても乖離が出てしまいます。最近だと、タピオカミルクティー、ステーキ、熟成肉などブームが来たときに最短で店舗を増やすための勝負をすることが重要です。この最短で100店舗の多店舗展開を実現するのに役立つ方法が、「フランチャイズ(FC)」です。

1 2
ページ先頭へ