資産運用は、資産(不動産、現金、金融的価値のあるモノ)を上手に運用して収支を得ることができますが、近年は様々な投資に誰でも参加することもが可能です。様々な資産運用の方法について、また資産の上手な増やし方について、解説していきたいと思います。

資産運用とは? 定義を確認

資産は「不動産、現金、金融的価値のあるモノ、株券」等様々ですが、まずは運用を始める前に当然必要となるのが、資産を準備することです。

利益を得るために十分な資産を用意してから、運用に入ります。資産運用が初めての方は、少額の投資で手持ちの資産を増やすことができるように、徐々に資産運用をしていきましょう。

また、資産運用によって安定した利益を得ることができるように、情報収集にも務める必要があります。中にはリスクのある投資案件などもあり、資産を守るためのリスク管理なども求められます。

たとえば株式や不動産に投資して資産をふやす

株式に投資をすることで、思っているよりも大きな利益が期待できたり、不動産に投資することで、不動産による家賃収入が期待できたりと、投資に成功すれば着実に資産を増やしていくことができます。

株式や不動産への投資は、資産を減らさずに増やすことを前提に資産運用をすることが理想です。不動産売買ならば、売買でも十分な利益を得ることも可能です。

その他にも、長期間運用を前提として考え、特に初心者ならば投資のリスクを軽減、リスク配分を行いながら投資をしていくことも重要です。

資産運用のメリットとは?必要性はある?

資産運用は、定期的に資産を増やすことができ、将来や老後のための資産を形成可能になるなどのメリットがあります。他にも、銀行の預貯金で預けているよりも高い利率での運用が可能などのメリットもありますよね。

また外貨への投資は、インフラによって預貯金の目減りを回避できるなどのメリットがあります。具体的には、現金の価値が下がるインフラでは、資産運用によってそれを回避することができたり、さらには利回りを増やして、資産を増やしたりも十分に可能です。円安になる前に海外の株式に投資をしておけば、資産を無駄にせずに運用できるなどのメリットもあります。

資産運用をすると、インフラによる影響を受けずに資産を守ることも可能なのです。

たとえば100万円あれば、複利の力でお金を増やせる可能性がある

中期の投資でも、利回りが良い場合には複利の力でお金を増やすことが可能です。例えば利回りが毎年5%の運用の場合には、そのままにしておいても資産を安定して増やすことができます。

もちろん銀行に預けるよりも高い利率なので、100万円ならば、単純に運用するかしないかで5年間で25万円の利益差が生じます。さらに長期での運用ならば、資産を2倍以上にすることも可能です。

不労所得が得られる

資産を上手に運用することで、働かずして安定した収入を得ることも可能です。しかし投資にはリスクが付きものなので、安定させるまでにはそれなりに経験を積んで、運用における知識を十分に養う必要はあります。

資産運用のデメリットとは?元本保証はある?

資産運用のデメリットとしては、元本割れによって資産が減る可能性がある点、また運用のために時間を必要とする点などが挙げられます。

わかりづらいタイプの投資の場合、投資の途中で疲れてしまったり、急に「元本割れして資産を目減り」してしまったりということも起こりかねません。

元本割れのリスクがある

株式投資は、元本割れにより投資開始当初よりも価格が下がり、損失が出てしまうリスクも当然あります。つまり、投資は価格が上がるだけではないので、常にリアルタイムで現状を確認しながら、資産を運用する必要があるのです。

元本保証の制度はないので、損失となればそのまま資産が減りますが、リスクを分散した投資などによって、投資が継続可能となります。

また近年は、多くの証券会社がモバイルなどでチャートを確認できるようにプラットフォームを提供しているので、売り買いのタイミングなどを図りながら、上手に資産を増やしていくことは可能です。

資産を上手く増やすために

資産をうまく運用したいならば、投資する分野の経験や知識が求められます。まずは基本的な投資の方法を学んだり、投資信託の利用を検討したりなどがおすすめです。

投資信託では、個人では買いづらい海外の株式などを購入することもでき、各信託会社が運営している外貨への投資では、ドルやユーロなどにペアを選択して投資金額を選択するペアトレードで、モバイルなどで投資をすることも可能です。

また、証券会社にて口座を開設したら、デモトレードなどを繰り返し、コツが掴めるようになったら徐々に資産を運用することもできるので、便利です。

まとめ

資産運用について、メリットやデメリットを含めて詳しく説明してきましたが、まずは個人資産をどのように活用して増やすことができるかを検討してから、徐々に運用をしていくことをおすすめします。

一度にすべての資産を運用することで、当然その分リスクも高まります。株式投資の場合には元本割れしてしまうと、その分の損失は戻りません。

また株式投資は最低100株からの購入が可能で、それで利益を得ることもできますが、リスクもあるので、その分の調査や知識を養う必要があるでしょう。


個別転職相談(無料)のご予約はこちらから

最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

メルマガを購読する