国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

【第1回】ブスのマーケティング論 はじめまして。ブスです。

おそらくこの記事を読んでいるあなたは、ブス経営者か非ブス経営者かの二通りでしょう。
非ブス経営者の方は、世の中の自分よりも下の人間をみて、自分がいかに恵まれているか確認したいがためにこの記事をクリックしてしまったのでしょう。
じゃあ、ブス経営者のあなたはなぜ、この記事をクリックしたのでしょうか。自分の仲間をみつけて、安心したいがためでしょうか。それとも、ただのブス経営者では終わりたくないと思ってクリックしたのでしょうか。
(以下「経営者」という単語を省略)

※写真はイメージです

はじめまして。
ブス界のカリスマ、ぺろりんです。
私は都内で開業をした女税理士です。

開業時顧客数ゼロ、ブスでも(ある程度)稼げるようになった私の独特すぎる、独自すぎる、過激なマーケティング論をこれからKaikeiZineさんで連載していくことになりました。
KaikeiZineさんの懐の深さと先見の明のなさには土下座することしかできません。

私は、昔から学校指定のヘルメットが頭に入らなかったり、見た目に自信がないブスでした。
しかし、真面目がゆえ、勉強だけはがんばって税理士に血を吐きながらなりました。

しかし、資格をとってもブスは治りません。
独立すると、ブスは際立つだけです。

さて、あなたなら2人の税理士が居た場合、どちらに依頼しますか?
能力は同じです。

・美人
・ブス

美人に頼みますよね。
どんなにがんばっても美人には勝てない。
そう思っていませんか?
そりゃ、同じやり方ではだめです。

比較されますから。

でも、そこで僻んでは負けです。
逆に、美人でないことは最高のウリなのです。

生きているだけで、差別化できているわけです。

今まで、あなたは悪い方向でしか自分のブス具合を差別化できていないと思っていたかもしれません。
いい悪いなんて関係ないのです。
差別化できているポイントが一つでもあるだけで勝ったも同然なのです。

しかし、それだけでは稼げません。

今までの人生を振り返ってみてください。

どうでしたか?

ブスだからこそ、努力を惜しみませんでしたよね。
そう、ブスだからこそ、これからも努力をする必要があります。
そこは、ブスが差別化ポイントだとしても、甘んじることはできません。

さて、何をしていきましょうか。
ちまたにはびこっている、間違ったブス経営者を事例にあげ、独自の解説をしていきます。
一般的なマーケティング手法を駆使しても意味がありません。

だって、ブスだから。

ブス経営者でも勝つことできる、いや、勝ちに行くそんな具体的なマーケティング論を展開していきます。
私は稼げるブスを世の中に多く作っていきたい。

ブスでも稼ぐ。ブスでも稼ぐ。

いつ打ち切りになるかわからない、
「ブスによるブスのためのブスのマーケティング論」
お楽しみください。

今後、書くかもしれない題目を少しだけ紹介。

・ブスは斜めで写真をとるな。
・ブスはSNSでカルパッチョの写真をUPするな。
・ブスは西野カナではなく、夏川りみを熱唱しろ。

以上、初回はここまで。

著者: ぺろりん

ブス税理士

女一人・顧客ゼロの状態から開業。暇すぎて酒浸りの日々を過ごしていたが、一念発起し、主にウェブを使った集客に成功。「豚に真珠。ブスに資格。」と常々思っていたが、ブスも資格も使い方次第で奇跡を起こすことができると税理士界で初めて証明したブスである。「ブスでも稼げる」これを広めていくことを生業としている税理士。

ページ先頭へ