国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

クラウドファンディング注目サイトをタイプ別に紹介

新規開業をする、新規事業を開拓・参入する、こういった場合には、当然ながら少なからず資金が必要となる。しかし、あらかじめ資金を持っていないというケースは非常に多いもの。そこで、近年話題となっているのがクラウドファンディングである。ネットワークを利用することで、自らの事業計画を広くアピールすることができるため、従来ではできなかった資金提供を受けられる可能性が広がったのだ。資金調達としての知名度の上昇に伴い、そのサイトの数も増加傾向にある。ともなれば、利用しようにも、どのクラウドファンディングサイトを利用すべきか、わからないのが正直なところ。そこで今回は、最新のクラウドファンディング事情を、タイプ別に整理しておこう。

■大手クラウドファンディングサイト

やはり注目は、多くの人に見てもらえる可能性が高い、大手クラウドファンディングサイト。まずは老舗から、3つの大手サイトを紹介していこう。

【Readyfor】
Readyforは、日本で最初の、そして最大のクラウドファンディングサービスである。2011年3月のオープン以来、累計プロジェクト数は5200件以上、累計支援金は30億円以上の大手サイトである。

プロジェクト手数料:17%(決済手数料含む)
タイプ:購入型
資金配分方式:All or Nothing型(プロジェクトが達成されなかった場合は支援者に全額返金)

https://readyfor.jp/

【COUNTDOWN】
COUNTDOWNは日本から世界に挑戦するクラウドファンディングである。英語でのプロジェクト応募も可能であり、サイト自体にEnglish版があるなど国際面に注力している。

プロジェクト手数料:20%(決済手数料を含む)
タイプ:購入型
資金配分方式:All or Nothing型
ただし、一部のプロジェクトにはAll In型(達成可否に関わらず順次決済する方式)も採用している。

https://www.countdown-x.com/ja/

【CAMPFIRE】
CAMPFIREは、累計プロジェクト数は2400件以上、支援者数は10万人以上、累計支援金は10億円以上の、クラウドファンディングサイトである。注目したいのは、その手数料の安さ。他のサイトの、1/3、1/4の手数料で利用が可能である。

プロジェクト手数料:5%(All or Nothing型の場合には達成時のみ)
タイプ:購入型
資金配分方式:All or Nothing型、All In型

https://camp-fire.jp/

■クラウドファンディングを通じて社会貢献

自らが資金を集めたいとき、または支援をしたいとき、いずれにしても登録者数が多い大手サイトを選ぶケースが多いはずだ。しかし、大手サイトにも当然ながらデメリットがある。例えば、大手サイトであればあるほど、多くの企画案があるため、自分の企画が、ほかの企画に埋もれてしまう可能性が高いのだ。

クラウドファンディングサイトには一般的なもののほか、特化型のものがある。自らの企画に特化したサイトがある場合には、そこを利用するのもひとつの手。では早速、特化型のクラウドファンディングサイトのなかでも、今回は社会貢献に注力しているサイトを見ていこう。

【Social Venture Crowd】
コンセプト:社会や環境に関する課題の認知度を向上させ、課題解決を促進し、持続可能な社会の発展に貢献
プロジェクト例:カンボジア(バッタンバン州)の生活環境改善のための井戸設置

https://www.socialventurecrowd.com/

【カワサポ】
コンセプト:日本中の「流域」活動団体・企業を支援する
プロジェクト例:街と森をつなぐコミュニティのための道づくり

https://www.kawa-supporters.net/

■趣味を仕事に

クラウドファンディングでは、事業展開や社会貢献といった堅苦しいものだけでなく自分の趣味を、趣味のままで終わらせず仕事にすることや、それを仕事にしようとしている人を支援することが可能だ。

【FUNDIY】
コンセプト:作家とファンの想いを叶えるクラウドファンディング
プロジェクト例:新たな本格ホラー漫画専門誌『ホラーコミック レザレクション』創刊プロジェクト

https://fundiy.jp/

【Makuake】
コンセプト:実行者のアイディアに賛同してくれる支援者を募集するプラットフォーム
プロジェクト例:社会的マイノリティの人々に焦点を当て、彼らの可能性が広がるような活動を取材し、発信するサイト「soar」プロジェクト

https://www.makuake.com/

さまざまなタイプのクラウドファンディングサイトがあるので、資金調達を検討している方は、一度検討してみてはいかがだろうか。

著者: KaikeiZine編集部

KaikeiZine

租税調査研究会が監修する税金・会計の総合ニュースメディアです。税金・会計に関するさまざまなニュースを、わかりやすくお届けします!
■税と経営の顧問団租税調査研究会
http://zeimusoudan.biz/

ページ先頭へ