国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • ライフスタイル
  • ドイツ・フランクフルトの税務署は5階建て×5棟の超豪華版【第3回 駐在妻 ドイツからの便り】~思いがけないことの成り行きで、突如「国税庁マニア」と化した「駐在妻会計人」による旅行記~

ドイツ・フランクフルトの税務署は5階建て×5棟の超豪華版【第3回 駐在妻 ドイツからの便り】~思いがけないことの成り行きで、突如「国税庁マニア」と化した「駐在妻会計人」による旅行記~

好評連載「駐在妻 ドイツからの便り」。第3回目は、筆者の住まいがあるドイツ中西部の金融の街・フランクフルトからお届けします。

マイン川の対岸から眺めたフランクフルト市内中心部

「金融の街フランクフルト」の名は伊達じゃない

ドイツ中西部の街フランクフルト。これが、現在筆者が居住している街です。フランクフルトといわれて日本人がイメージするのは、ソーセージ、「アルプスの少女ハイジ」のクララが住んでいた街、国際空港のある街――といったところでしょうか。

ドイツ第5の大都市ですが(1.ベルリン、2.ハンブルク、3.ミュンヘン、4.ケルン)、住んでみると意外とこぢんまりとしたもの。人口も70万人しかいません(日本の政令指定都市4番目の札幌市は人口200万人弱)。市内主要部は自転車で回ることができる程度のサイズ感です。

ヨーロッパには、あまり高層ビルを建てる文化がないようで、ある程度都会であっても、「都会=高層ビルが林立する」というイメージとは合致しない街がほとんどです。

そのような中で珍しく、フランクフルトは高層ビルが建ち並ぶことで有名です。フランクフルトはマイン川という大河のほとりにあるため、マイン川のマンハッタン、通称「マインハッタン」とも呼ばれます。といっても、もちろん本家マンハッタンほどの規模ではありませんが……。

このように高層ビルが建ち並ぶのは、第二次世界大戦で街が徹底的に破壊されたため、イチから作り直したことに理由があるでしょう。加えて、フランクフルトが「金融の街」だから、という側面も大きいと思います。首都機能が分散されているドイツでは、日本でいうところの日本銀行にあたるドイツ連邦銀行(Deutsche Bundesbank)や証券取引所はフランクフルトにあります。さらに、欧州中央銀行にドイツ銀行やコメルツ銀行など大手銀行、PwCといった大手会計事務所などもあり、高層ビル内にオフィスを構えています。

ドイツの中央銀行、ドイツ連邦銀行
ドイツ最大のフランクフルト証券取引所

金融の街であること、国際空港があることなどから日本企業の進出も盛んで、ドイツで2番目に日本人在住者が多いのはこの街です。日本食材店もあれば、本格的でおいしいラーメン屋もあり、日本人にとっても非常に住みやすい街といえます。
ちなみにドイツで日本人が1番多いのはデュッセルドルフというベルギー国境近くの中西部の街で、ここには「日本人街」と呼んでも差し支えない通りなどもあります。

フランクフルト税務署は驚きのビックサイズ

今回訪れたフランクフルト税務署(Finanzämter Frankfurt am Main)は、その名の通り税務署です。連載名に反して国税庁ではありません。すみません……!
なお、国税庁はこの国の首都であるベルリンと旧西ドイツの首都であったボンに所在しています。
ですが!イチ税務署に過ぎないのに、このサイズ!!

1棟だけでも十分な大きさなのに、この大きな5階建ての建物が、5棟林立しています。

部屋数を数える気がしないビッグサイズ
写っている建物は全て税務署

それぞれの建物が白・赤・黄・緑・青のお帽子をかぶっています。かわいい。
この色分けで、来訪者が目指す建物がどれなのかわかりやすいようにしているようです。

ちなみに所在している場所は超一等地。外国行きの電車も発着するフランクフルト中央駅のすぐ隣にあり、ホームから見えるレベルです。

これだけイチ地方都市の税務署が大きいのは、金融機関の本店が揃い、さらには4大会計事務所のドイツ本部やヨーロッパ本部もが揃う金融の街だからこそでしょう。

ドイツにも、日本におけるe-TAXのような「Elster」というWEB上で税務申告できるシステムが存在します。しかし、使い勝手には疑問符が付くとかなんとか。いずれの国も……(ごにょごにょ)、税務署で直接税務職員と相談しながら申告書の記入をしたい、というニーズがあるため納税者の窓口対応もしています。ドイツにおける確定申告(Steuererklärung)の時期は5月末。その頃にまた来訪予定です。

なお、ドイツは世界でも珍しく、税理士(Steuerberater)という職業がある国です。いずれ、ドイツの税理士事情(年収は?社会的地位は?等々……)もお届けできればと考えています。

次回は、移民が多数来訪しパンク状態の、ドイツならではの珍商売についてレポートします。

【フランクフルト税務署への行き方】
Gutleutstraße 116-124
60327 Frankfurt am Main
フランクフルト中央駅下車徒歩5分程度

おまけ・・・ドイツの冬の華、クリスマスマーケットの様子

著者: ハイタアジサイ

ドイツ駐在妻

ドイツで駐在妻生活堪能中のフリーライター、会計人の卵。早稲田大学第一文学部卒。税務専門紙記者や会計事務所での広報などを経験し、専門知識を極めんと仕事の傍ら千葉商科大学会計大学院進学。その後、公認会計士短答式試験に合格するも、妊娠&夫の海外赴任により論文試験は一年で放棄、ドイツへ。「一応MBA持ち」「一応修士号持ち」「公認会計士短答式だけ合格」など微妙な肩書コレクター。2児の母。

ページ先頭へ