会計業界の良書をセレクト、著者にその見どころを直撃する「会計人ライブラリー」。今回は、「医療・介護分野」、そして「資産税対策」を専門とする税理士法人青木会計・青木惠一代表の『医師・歯科医師のための「税金」と「経営」のエッセンスがわかる本(第2版)』をご紹介します。

 

医師・歯科医師のための「税金」と「経営」のエッセンスがわかる本
青木惠一
(税務研究会・発売日:2023/10/31)
https://www.aokikaikei.or.jp/publication/

著者本人が語るこの本のみどころ

Q. 本を書こうと思ったきっかけはなんですか?また、メインのターゲットについて教えてください。
A. ターゲットは医師・歯科医師。
税金と経営について正しい理解をしてほしいために執筆しました。

Q. 本の一番のアピールポイントは?
A. 取引の有利不利や制度の本質を、税理士の立場で解説しています。

Q. 本を読んだ読者に、どんな変化が起きてほしいと思いますか。
A. 医師・歯科医師として、適切な経営判断ができるようになってほしい。

Q. 特におすすめしたい章はありますか。理由もあわせて教えてください。
A. 「1『経費を使うこと」は得か?」。
経費を使うことが得だと理解をしている医師・歯科医師が多いと感じていますが、間違いだと伝えるための章です。

Q. 自著以外で、おすすめしたい税務・会計本を教えてください。
A. 『四訂版 医療・介護・福祉の消費税』
メディカル・マネジメント・プランニング・グループ 編
(税務研究会)

Q. なぜその本をおすすめしてくださいましたか?
A. 医療機関の消費税処理を適切に理解できると思うからです。

 

税理士法人 青木会計の求人はこちら

著者紹介

青木惠一

氏名 青木惠一
プロフィール 税理士法人青木会計の代表社員、税理士、行政書士
(公社)日本医師会・有床診療所委員会委員、(公社)全国老人保健施設協会・社会保障制度委員会消費税対策部会部会員、(公社)日本医業経営コンサルタント協会・税制専門分科会委員長、MMPG(メディカル・マネジメント・プランニング・グループ)副理事長
TKC全国会医業・会計システム研究会会員、(一社)日本医療経営学会評議員、(一社)医療関連サービス振興会評議員など
事務所・法人のご紹介 税理士法人 青木会計

設立:平成4年6月1日
所員数:47名
事業内容:税務申告、医業税務、医業コンサル、医療法人設立、相続対策、資産税タックスプランニング、会計業務、給与計算他
所在地:東京都台東区下谷1-6-6青木会計ビル

 

KaikeiZineは会計プロフェッショナルの活躍を応援するキャリアマガジンです。インタビューや取材を通じての情報発信をご希望の方はお問合せください。
取材・掲載は無料です。
お問合せはこちら