国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

会計事務所への転職で有利な時期はいつ? 税理士が転職すべきタイミング

転職を考えるとき、自分の感情や状況に合わせて転職活動を始める方がほとんどだと思いますが、実は税理士の転職は“タイミング”が非常に重要です。納得の転職をするためのタイミングと採用スケジュールについて紹介します。

まずは採用スケジュールを把握しよう

会計事務所にしても事業会社にしても、年間を通して常に同じ能力をもつ人を採用しているわけではありません。

一般的に、個人確定申告や法人決算・申告の最繁忙期である1~6月は即戦力となる人材、税理士試験後の8月にはポテンシャルの高い若手人材、税理士試験合格発表後の12月には実務と資格の両面でバランスの良い人材が求められる傾向にあります。

年齢別に求められている能力を把握しよう

転職者の年齢によって、人事担当者がチェックするポイントは異なります。長期的な目線で転職を検討している場合は、年齢的にどのような経験が求められているのかを知ってから転職を考えても良いでしょう。

 

<年代別 転職活動中の税理士が求められる能力>

20代:税理士試験合格科目数を参考にしたポテンシャル

30代:税理士試験の合格状況と実務経験の内容

40代以降:30代で求められる経験プラスマネジメント経験

 

年間採用スケジュールと照らし合わせ、自分のポジションを見極めた上で活動するのも、転職を成功させる要因になります。

1 2
ページ先頭へ